パクチー栽培

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

日頃から観葉植物を愛でている私。
小さな苗がどんどん大きくなっていく様に和まされております。
そんな私が何度挑戦しても失敗しているのが、種から育てるパクチー栽培です。

パクチーの種は意外と硬いため、棒のようなもので殻をゴリゴリして砕き、しばらく水に漬け、発芽率を上げてから蒔きます。
発芽まで凡そ10日ほどでしょうか、次々と芽が出てきます。
パクチーの発芽率は60%程度とのことですので、とりあえずひと安心。
しかし、ここからが難しい!
水を与えても、大きく伸びていかず、徐々に痩せ細って枯れてしまうのです。
土壌が悪いのか、日照が少ないのか、温度が適正でないのか、原因を探るべく試行錯誤を繰り返しております。
育成に成功すれば、ちょっとしたものにもすぐにパクチーを乗せることが出来る、夢のパクチーライフが待っているというのに…。
人も植物も、イチから育てるのは難しいものですね。
Filed under: 吉川 — 22:35