Wanna be Magician

夏の終わりが刻一刻と迫って参りました。

来年も素敵な夏を、と切に願う能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



四季の中でも終わりという言葉が相応しいのは、

やはり夏だけであると私は強く感じております。

幼少期に刷り込まれた、八月三十一日という記憶。

夏休みという存在は私にとって偉大でございました。



終焉がある故、儚く、そして美しい。左様に思います。

世にある沢山の物語も結末を想像する楽しさがございます。

それは小説や映画といった虚構の中のお話だけでなく、

無論、現実にも人の数だけ存在しているに相違ありません。



と申し上げた手前であり、大変恐縮でございますが、私は

終わりというものがどうしても得意になれそうもありません。

例え大団円で幕を閉じたとしても、寂寥の気持ちが残ります。

その続きを私は知り得ないという心緒からなのでしょうか。



経験と時間が解決してくれるであろうと考えるのを止めました。

もう少し成熟した精神を得た際に再度検討することに致します。

私は答え在るものに縋るような気持ちで自室へと向かいました。

使用人寮の廊下を歩いていると賑やかな声が聞こえております。



私は自室にて擬テータ関数についての勉強を始めました。

証明を超えて直感のみで数式を組み立てたラマヌジャン。

インドの魔術師による奇妙な世界に触れてみようと思います。

さぁ、どのような奇跡の数式が待ち受けているのでしょうか。



数時間の格闘の末、わけわかめ、意味とろろでございました。

……私の実力ではかなり時期尚早だった模様ですね。

恐るべし奇跡の天才数学者シュリニヴァーサ=ラマヌジャン。

本日は彼に完敗。タージマハルビールを頂いて就寝致します。



能見
Filed under: 能見 — 21:00