宝塚雪組公演「幕末太陽傳」「Dramatic'S」

雪組男役トップの早霧せいな、女役トップの咲妃みゆのサヨナラ公演です。早霧せいなは2014年に雪組のトップに就任し3年間トップでした。最近のトップは短く、ほとんどが3年、柚希が少し長かったように思います。早霧は就任後「伯爵令嬢」そして「ルパンⅢ世」ではコミカルにルパン役を演じ楽しかったのを今でも思い出します。


今回のサヨナラ公演ですが日活映画川島雄三監督の代表作フランキー堺主演の「幕末太陽伝」で北の吉原と並び南の品川宿にあった相模屋という旅籠にある日佐平治(早霧)という町人がぶらりとやってきて合成に芸者を呼び大尽遊びをするが実はこの男一銭も持ち合わせていなかった・・・・・・。
翌朝、堂々と居残りを決め込んだ佐平治は持ち前の度胸と才覚で次々起こる騒動を解決していく、宿で働く人々、客との交友を深めいつしか郭の人気者になる役で、このコミカルな役を早霧が等身大で演じ見る者を引き込んで・・・・・・。
まだまだ演じてほしい人ですが、卒業してしまいますが、また別の世界で活躍されるのを楽しみにしたいと思います。
咲妃みゆは女郎のおそめを売れっ子だったがNo.1の座を他の女郎に取られ返り咲きを狙って健気に演じています。高杉晋作を次期トップ望海風斗が演じ、彩風咲奈、彩凪翔もトップを支え頑張っています。


ショー「Dramatic'S」は雪組 Snow troupe-絆 では組のカラー緑のコスチュームでドラマティックに歌い踊ります。早霧と咲妃の最後のデュエットダンスは「別れの曲」で望海はカゲソロを務めていました。楽しくもあり切なさもあるサヨナラ公演でした。


本日はこの辺りで・・・・・・藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 22:50