宝塚歌劇「ルパン三世」王妃の首飾りを追え

藤堂でございます。



日生劇場で「伯爵令嬢」で雪組の新トップコンビ
早霧せいなと咲妃みゆの披露はありましたが、
東京宝塚劇場での新トップコンビの本格的なスタート
とも云える今回の公演は今や世界中ですごい人気の
モンキー・パンチ氏原作による「ルパン三世」を
ミュージカルにした作品です。

ストーリーは、
現代フランス ヴェルサイユ宮殿で「マリーアントワネット」
の首飾りの展覧会が行われている、
時価30億円の首飾りを手に入れようと宮殿を訪れていた
ルパン、五エ門、もう一方宮殿に忍び込んでいた
不二子、銭形警部と鉢合わせ、首飾りがルパンの
手にした時不思議な光につつまれ、気が付けば
ルイ16世、マリーアントワネットのいる1785年にタイム
スリップ・・・・・・・・さてルパン達は前代に戻る事が
出来るのか、モンキー・パンチと宝塚、どんな展開に
なるのでしょうか・・・・・・・・早霧せいながルパンに
扮し、宝塚劇場の広い舞台を走り廻ります。
明るく、ナイーブな男役は今後の作品にも生かせて、
新生雪組を咲妃みゆと共に素晴らしい舞台を見せ
てくれると期待しています。


夢乃聖夏がこの作品で宝塚を卒業されます。
モダンで喜劇性があり、とても魅力があり、舞台を
明るくしてくれるタカラジェンヌでした。寂しいですが次の
世界での活躍を祈っています。

藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 10:00