芝居の話し

お嬢様、奥様。お元気にお過ごしの事と存じます。
藤堂でございます。



先日久し振りに、こまつ座&シス・カンパニー公演のお芝居を観て参りました。
世田谷パブリックシアターで上演されました、井上ひさしさんの新作「ロマンス」でございます。
主なキャストは大竹しのぶさん、段田安則さん、松たか子さん、井上芳雄さん、そしてベテランの木場勝己さん、生瀬勝久さんでございます。

医者でありながら歴史的な名作戯曲を遺したロシアの劇作家・チェーホフの、少年時代を井上さん、青年時代を生瀬さん、壮年時代を段田さん、晩年になってからは木場さんと、4人の俳優さんが演じられました。
そして全生涯を兄に捧げたチェーホフの妹を松さん、チェーホフと結婚する女優を大竹さんが、彼が引き寄せてしまった哀れで悲しくやるせない少し滑稽な悲喜劇を生き生きと演じられておりました。
その他の役も受持ち歌あり、芝居ありの楽しい舞台でございました。
機会がございましたら、お嬢様方も是非ご覧下さいませ。

藤堂
Filed under: 藤堂 — 09:30