2周年の香水について

昨年の夏も終わり、秋の訪れを感じる頃でございました。
花の好きな私がお庭で花の手入れをしておりましたとき、
大旦那様、大奥様から「スワロウテイルの2周年にお嬢様
に差し上げて喜んで頂けるものは何かないものかね」と
言われまして、花の手入れをしながら考えておりました。



温室には秋を感じて咲いている蘭のカトレアをはじめデンドロ、
胡蝶蘭等が美しく咲き誇って華やかで優雅な香りを漂わし
ておりました。温室から出てバラの手入れに移りましたと
ころ優しく上品な香りが匂って参りました。四季咲きの
バラのどの花の香りかと咲いている花に鼻を近づけて参り
ましたら、少し先になんとブルーローズが咲いていまして、
何とも言えない清楚な匂いを放っているではありませんか。
ああそうだ、この香りを香水にしてお嬢様に差し上げまし
たらきっと喜んでいただけると思い、早速大旦那様、大奥様
にお話申し上げましたら、「うーん、それがいい。素晴しい
ものをつくってほしい」とお言葉を頂いて、ブルーローズ
の香りをお嬢様に差し上げたいと考えました。

どうぞ2周年にはご帰宅くださいましてお受け取り頂き、
優しく、清楚な香りを楽しんで下さいませ。
今回は記念の香水についてきっかけをお話させて頂きました。
寒い毎日で春の訪れが待ち遠しいですが、お元気にお過ごし
下さいませ。
Filed under: 藤堂 — 13:42