宝塚歌劇花組オーシャンズ11

オーシャンズ11は2002年に公開された映画で、ダニー・
オーシャンと彼が率いる10人の仲間がラスベガスにある
カジノの金庫破りに挑むサスペンスアクションドラマで
、ジョージクルーニー、ブラッドピットなどが演じて
ヒットした作品です。宝塚では2011年に星組で上演され
今回は花組での再演です。




天才詐欺師ダニーオーシャン(蘭寿とむ)は妻テス(蘭
乃はな)と離婚協議中に仮釈放となるその日、妻テスの
弁護士が離婚届を手に面会に訪れた。スターを夢見るテス
はラスベガスのカジノの帝王ベネット(望海風斗)の後援
を受けて頑張っている。ダニーはベネットからテスを
守るため仲間を集めカジノの地下金庫破りを計画する。
演出の小池修一郎も再演にあたり、初演の無駄を整理して
よりわかりやすい作品にしている。初演の星組、袖希礼音
はストレートに表現し、スマートな格好よさがあったが、
蘭寿は自身のナイーブでエレガントなダニーを明るく優雅
に演じ、仲間が信頼して集まってくるのが納得できる演技
であったと思えました。テスの蘭乃はなは一作ごとに成長
が著しい日々の努力が見られて嬉しい限りです。
ベネディクトの望海風斗は初めての大役ですが、敵役を
存在感ある演技で、テスに対する優しさが変貌する部分
を鮮やかに演じていて、次回作が楽しみです。
愛するテスが自分のところに戻ってくるのか、金庫破り
が成功するのか、楽しい作品です。



蘭寿と蘭乃がデュエットで歌う「あの頃の私」そして蘭寿の
「愛した日々に偽りはない」とても素晴らしい曲です。

さてまだご覧になっていらっしゃらないお嬢様方、ぜひ
ご覧になって楽しい夢のようなひとときを過ごしてください
ませ。



藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 10:00