宇宙が不思議

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

…お嬢様、悪いことは申し上げませんから夜中に宇宙のことを調べるのはお勧めしません。

宇宙が脳の作りに似ているだとか、銀河群の規模だとか、知れば知るほど途方もない…

色々な想像が膨らみすぎて眠れなくなります。これは、眠れない夜。



もう宇宙が怖くなってしまったので、私は今から地球上で今月から復活する大好きなフィグのスコーンのことだけを考えることにいたします。

(ほわんほわん)

クロテッドクリームももちろん良うございますが、バターを塗っても美味しいフィグのスコーン。

芳醇な香りにお口の中で広がる甘さ。

オーブンで温めたときの食欲をそそる色合い。

(ほわんほわん)

あぁ、やはりフィグのスコーンは宇宙と違って怖くなくて大変良いですね。

よし!
私の中で宇宙よりもフィグのスコーンの方が大きくなりましたので、これはもう間違いなく眠れる夜でございます。おやすみなさいませ、お嬢様。

隈川
Filed under: 隈川 — 22:00

お気に入りの相棒

突然ですが、お嬢様はご自身のお使いになる家電製品でお気に入りのものはございますか?
先日、お気に入りのオーブントースターが随分古くなっていたことに気づき、そろそろ買い替え時なのかどうかと思案しておりました。
まだすぐの交換の必要性はないものの、次購入するとすれば、どの様な製品がいいかと考え
あれこれと調べておりましたら、あっという間に時間が過ぎていたことに驚かされたものです。


戦後にはすでにある程度一般家庭に普及し始め、高度経済成長時に本格的に広まりだした生活家電は、今や現代人にとってなくてはならないものとなりました。
古き良きを大切にするティーサロンも多分にもれず多くの機械たちが活躍しております。
この夏、連日とてつもない暑さが日本を襲いましたが、もし空調設備がなかったとしたら・・・
考えただけでもゾッといたします。



さて以前どこかで「家電○○」と言った肩書で活躍されるタレントの方々がいらっしゃると伺ったことがございます。
意味はそのまま、家電製品をこよなく愛し、テレビなどで出演されては家電製品の説明を時に詳しく、時に現実的に熱く語る方々です。
主に男性タレントさんに多いそうですが、
ただの「好き」にとどまらず、その巧みな話術を駆使し紹介するその説得力は、時に市場の売り上げにも影響を及ぼしたそうです。

私も「家電執事」と名乗れるほどの知識を持ち合わせているのかは分かりませんが、家電製品好きの一人ではございます。
一体何がそんなに惹かれるのでございましょうか。
私の場合は家電製品だけではなく、「道具」全般に惹かれるものがあると感じているのですが、
根底に、困難を解決してくれる事への尊敬や感謝の念がある様に考えております。

これらは全て、先人たちの知恵と努力の賜物です。
彼らの「想い」があったからこそ、今私たちが快適に暮らせているのだと痛感いたします。
もし、何の知識もないまま無人島に放り出されたら、私はどこまで生き残ることができるだろうか…?
ひょっとしたら、木槌の一つも生み出すことが出来ずに人生を全うする可能性は否定できません。

…とそんなことを考えてるうちに、私の長年の相棒であるオーブントースターから、香ばしい良い香りがしてきました。
つらつらと思案するのはここまで。
そろそろ自慢のグラタンが焼き上がった様です。

庫内の広さもあり、無段階で温度の調節できるこのトースターは私のお気に入りでございます。
扉や底が取り外せ、メンテナンスがし易いのもお気に入りのポイントです。
古くはありますが、彼には今しばらく頑張ってもらいたいものです。
私の自慢の道具の一つなのですから。

取り留めのない内容となってしまいましたが、
お嬢様のお気に入りの道具は何でございますか?

今度ぜひともお屋敷でお聞かせくださいませ。
Filed under: 椎名 — 22:00

共に杯を掲げる日を待ちながら

夏はいつまで続くのかと、太陽を恨みがましく見上げるのと同じように。

この病禍はいつまで続くのだろうかと、

友人たちや仲間たちが拓いた小さな城のようなバーや、敬意を以て通い、多くのインスピレーションを得てきた素晴らしいバーが次々と門を閉ざしてゆくのを、まるで訃報を聞くような思いで受け止めつつ、思いを巡らせております。


もちろん、世の病禍の広がりを防ぎ、いつか終息を迎えるために、不必要な会食等は避けるべきでございます。
一方で、経済を動かし自粛期間に耐え抜いた庶民たちに救いの手を差し伸べていただく必要もあり。

全くもって今の世はアンビバレンツの渦中にあるようでございます。


私ごとき一使用人にできますことは
一人の民として出来うる限り感染の危機を避けながらも、一人の民として出来る範囲で、危機を避けた上で経済を回すことであり、

具体的には他にお客様がおられないバーで、主の愚痴を聞きながら、やや高いお酒を美味しく頂くぐらいでございます。


つまり。

今宵の深酒は社会のため。
決して私心はございません。

たとえ迂闊にも、クリームチーズとトラピスト系黒ビールの美しすぎるマリアージュに心奪われて、お代わりが止まらなくなってしまっていても。

ええ。あくまで社会への奉仕に過ぎませんとも。
あ、なのでお代わりお願いします。あ、クリームチーズとクラッカーもね。









小さかろうが大きかろうが、
挑んだ夢に貴賤はございません。

願わくば僅かでも
彼らの救いが多く在りますように。
Filed under: 時任 — 22:00

舞茸は是非とも天ぷらで…

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊っちゃま。
絢辻でございます。

最近、少しずつではございますが秋を感じられるようになりました。
食欲の秋とも言われるように、秋には様々な食材が旬を迎えますね。
お嬢様、お坊っちゃまは好きな秋の味覚はございますか?

私は舞茸が好きでございます。
養殖の技術の進歩は目覚ましく、最近では一年を通して美味しい舞茸を頂けます。
しかしながら、天然物の舞茸の旬は秋でございまして、これがまた格別の旨みと香りでございます。

味噌汁や鍋に入れるのも大変よろしゅうございますが、やはり天ぷらで頂くのが至高でございます。
そして私は天つゆよりもお塩で頂くのが好きでございまして、舞茸本来の香りと食感をより感じることができるのでございますね。

是非お嬢様、お坊ちゃまも美味しいものを沢山お召し上がり下さいませ。
そしてオススメの秋の味覚がございましたら是非お教えくださいましたら嬉しゅうございます。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

涼し気なお話

ご機嫌麗しゅうございます。
桜塚でございます。

近年はまだまだ残暑が厳しくお暑うごさいますね。
お嬢様、おぼっちゃまには少しでも涼をとっていただこうと、涼しくなるお話を。

これは私の友人のお話です。
そうですね…友人を仮にAといたしましょう。
コレはそのAが学生時代で実家暮らしの時のお話です。

Aの自室にはエアコンがなく、夏には必ず窓を空けて過ごしていたそうです。
夏休みの8月のある日、特にやる事もなく自室でゴロゴロしていた時の事です。

時刻は午後1時程、外から赤ちゃんの泣き声が聴こえてきました。
Aは特に気にも止めず漫画を読んでいましたが、ふと気がつくと時刻は午後3時。
外からは赤ちゃんの泣き声がまだ聴こえます。
そこでAはある事に気がつきました。

…そういえば休日でもこの時間に窓を空けていると赤ちゃんの泣き声が聴こえていたし、夏休みでこの時間に自室いる時は毎日聴こえてくる。
時刻として午後1時から17時まで毎日。
いつも同じ赤ちゃんの泣き声。

Aはいつから聴こえるのか更に記憶を探りました。
…思い出せるのは3年前まで…
そこで不思議に思います。
………3年間赤ちゃんのまま?
翌日に親やご近所に確認した所、数年間は子供が産まれた家はありませんでした。
では毎日聴こえていた泣き声はなんなのか…。

その事に気がついてからは、窓を空けても泣き声は聞こえなくなったそうです…。


いかがでしたでしょうか?
私の話で少しでも涼がとっていただけたのら幸いでごさいます。
Filed under: 桜塚 — 22:00

高垣の日誌

August,9, 2020

夜、執事の乾執事と吉川執事、フットマンの浅葱と櫛方と紅茶を頂いた。

浅葱さんは、やたら紅茶に詳しく蘊蓄を語ってくれた。

自分も見習わなくては。


August,10,2020

今日、椎名執事から新しい薔薇の世話を頼まれた。

珍しい色の薔薇だ。

変わった栄養剤が良いらしく、何やら赤い液体を用いるらしい。

水を上げている時よりも土の乾きが早い気がする。


August,11,2020

今朝5時頃、ドアマンコートを着た羽瀬に突然たたき起こされて私もドアマンコートを着せられた。なんでも、例の薔薇を玄関に飾るらしい。

執事達が、夜遅くにまで水を上げていたからか成長が早い。


August,12,2020

昨日からこの暑いドアマンコートを着ているからか、背中が蒸れて妙に痒い。

動くのも億劫なので、水やりはやらなかった。

まぁいいでしょう。


August,13,2020

あまりに背中がかゆいので医務室にいったら、背中に大きい絆創膏を貼られた。

それから、もう私はフットマンで良いと言われた。

おかげで明日から給仕に励めそうだ。


August,14,2020

朝起きたら、背中だけでなく足にも腫物ができていた。

薔薇の様子が気になって、足を引きずって見に行くと数が全然たりない。

水を3日上げなかったから枯れたのか?

椎名執事に見つかったら大変だ。


August,15,2020

昨日、この屋しきから逃げだそうとしたフットマンが一人、手じゅつされた、て はなしだ。

夜、からだ中 あついかゆい。

誰かにつれられ うすぐらい へやに 来た。

いったいわた どうな て


August,16,2020

やと ねつ ひいた も とてもかゆい

今日 はらへったの、ばら のえいよう剤 のむ


August,17,2020

かゆい かゆい あさぎーきた

ひどいかおなんで ころし

うまかっ です。


4

おちゃ

うま


残暑も続くので怖い話でも考えようかと思ったのですが、創作能力はてんでダメですね…稚拙な文書なので、お嬢様にお見せできるようなものではありません。変わりに最近の日記でも載せておきますね。
Filed under: 高垣 — 22:00

あっという間に9月

気が付いたらもう9月でございますね。
羽川でございます。




8月の前半では、私が考案いたしました「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」を
お楽しみいただけましたでしょうか?
あっという間に終わってしまいましたがお楽しみいただけたなら幸いでございます。




また、こういった機会がございましたら私の好きなものを考えさせていただきますので、是非お楽しみにお待ちくださいませ。


さてさて、次はどんな物を考案いたしましょうか...。

Filed under: 羽川 — 22:00

秋立つと 知らずや人の 水鏡

(正岡子規:まさおか しき)


お嬢様、お坊ちゃま、まだまだお暑い日が続いておりますが、体調は崩しておりませんか?


私はティーサロンでお仕えしてから早1ヶ月。

粉骨砕身、駆け抜けました!

体調はすこぶる良く、この元気を夏バテしている方にお分けしたいです!


先輩方の暖かい指導と、お嬢様、おぼっちゃまの笑顔に励まされ日々成長を続けようと意気軒昂の毎日!…
ですが、フットマンとしての振舞いに磨きをかける為落ち着きを求める毎日でもあります…。

流石私の使用人と感じて頂けるように努めます!


2ヶ月目もご帰宅を心よりお待ちしております。


月城
Filed under: 月城 — 22:00

シャインのティーソーダ

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
9月も暑かったり雨だったり不安定な日々が続きますね。
暑いのは苦手なので早く涼しくなって欲しいものでございます。

今月は私のブレンドティーシャインを使用したティーソーダを平日の夕方までご用意してございます。
暑さを吹き飛ばせるような爽やかなソーダ是非お召し上がりくださいませ。


平山
Filed under: 平山 — 22:00

お料理セラピーその1

ご機嫌麗しゅうございます。

日比野でございます。


いまは深夜2時。

なんだか今夜は眠れません。


きっとそれは何かを考えすぎているせい?

何かが満たされていないせい?


そんな夜は冷蔵庫の扉を開けて、

自分に大好物をご馳走してあげましょう。


お腹を満たして、

1日頑張った自分を褒めてあげて、

感謝の気持ちで眠れるように。


「朝は希望に起き、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る」


私が幼い頃、ある方から頂いた言葉です。

言葉には魔法の力があります。


さて、今夜私が頂くのは、

「アボカドと生ハムの冷製パスタ」です。


本当はもう少し頑張った後に食べようと

材料を買っておいたのですが、、


いやいや違います!

この夜のために買っておいたのです。笑


材料

・アボカド(カチカチではなくグニグニのもの)

・生ハム(安いものでいい)

・スパゲッティ(普通ので大丈夫)

・オリーブオイル

・レモンドレッシング

・ヨーグルト(無糖)

・お醤油(かき醤油も好き)

・すりおろしにんにく

・お塩

・粗挽き胡椒

・お湯


まずはお湯を沸かしましょう。

お塩もふたつまみくらいぱっぱっぱ。


その間に、

アボカドさんに包丁をぐるっと回して、

中の種さんも取ってあげて、

皮もツルッと剥いてあげましょう。


お湯が沸いたらパスタくんを入れて、

ちょっと堅めに茹でてあげます。


ボウルに切ったアボカドさんを入れて、

ヨーグルトは大さじ3

オリーブオイルも大さじ1くらい?

お醤油もひとまわし

お気に入りのレモンドレッシングは大さじ2くらい

にんにくは一欠片分で十分。


フォークでぐにぐにしながら混ぜてあげましょう。

ドレッシングは味が完成していて最高の調味料なのです。


これでソースは完成。

あとは茹で上がったパスタくんをざるにあけて、

シャワーで優しく洗って、

氷水でさらに冷やしてあげても喜びますよ。


ソースと絡めてお皿に飾って、

粗挽き胡椒をかけてオシャレにするのポイントです。

生ハムを好きなだけ乗せたら完成!


味付けなんて大体でいいのです。

「いい加減」は「良い加減」


お料理を通して、

考え事をしながら、作業に集中しながら、

生き方を学んでいる気がすることがあります。


いまの私は

理想の自分に縛られすぎていないだろうか?

目標に縛られすぎて

足元のたんぽぽを見落としていないだろうか?


嫌なことは後回しにしたって良い。

たまにはウソをついてみても良い。

良い加減に手を打ってみるのも良いでしょう。

心を無理に統一する必要はない。

時には好奇心の趣くまま冒険したって良いのです。


それが道草であっても、

寄り道であっても。


ご馳走さまでした。

いまの自分にOKを出して、

今夜は眠ることに致します。


おやすみなさい。

日比野でした。


P.S

折角のお料理日誌ですし、

次回はビバレッジユニットブログに

認めることに致しますね。



https://ameblo.jp/wine-cocktail/
Filed under: 日比野 — 22:00