ブリオッシュはパンよりも安かったらしい

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様方、
羽瀬でございます。

(more...)
Filed under: 羽瀬 — 22:00

12月



12月でございます…

(more...)
Filed under: 佐々木 — 22:00

クリスマスは突然に

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

(more...)
Filed under: 才木 — 22:00

無題

時が経つというものは非常に早いものでございますね。私が給仕を務めるようになり早もう1年が経とうとしております。
私もまだまだ半人前ではございますが、少しずつ成長し、お嬢様に認められる他の使用人と肩を並べられるよう努めております。





貴方は私の憧れにございました。
蝶のように美しく自由に舞う姿に見惚れておりました。
右も左も分からない状態の私に、貴方は優しい声をかけてくれました。
貴方のちょっとした気遣いで人見知り気味の私がどれだけ救われたことか
もっと学びたいことがございました。
これから更に成長し追いつけなくとも認められるように…

時には熱く最高のおもてなしについて語ったこともございましたね。理想を叶えるのは難しい、ですがもっと高みを目指して日々学び努力し最高の楽しさや癒しを給えられるようにと。

これから私も腕を磨いておくので、まだ見ぬ最高の状態にあと1ピースというところまでは私や仲間に任せ、紅茶修行を終え戻ってきた際に最高の給仕をいつか完成させましょうね。

それまではこのリボンは預かっておきます。
貴方の想いを胸に結び、少しでも貴方へと近づけるように努めてまいります。
Filed under: 高垣 — 22:00

ラムのスペアリブ

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

年の瀬も迫ってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はと申しますと、とんでもない食材に出会ってしまい、歓喜しております。
それが『冷凍ラムスペアリブ(オーストラリア産)』です。
業務用食材を扱う店の冷凍庫を眺めていて発見したこの食材。
ラム肉好きの身としては「ラムチョップや肩ロースの代わりになれば御の字だな」程度の期待感で購入しましたが、いはやはとんでもないポテンシャルを秘めていたのです。

ラム肉を提供する飲食店が増えてきた昨今ですが、嬉しくありつつも、ある不満を抱えておりました。
それが「クセの無い」という売り文句です。
私などは「クセがあってのラム肉だろうが!」という強い思いがあるのですが、やはり一般ウケを狙うために、クセは極力抑えなければならないという気持ちは分かります。
そんなモヤモヤをふっ飛ばしたのがこの 『冷凍ラムスペアリブ(オーストラリア産)』なのです。

カチカチの肉塊を冷蔵庫で自然解凍させ、塩コショウやハーブ類などの調味料を適当に擦り込み、オーブンや魚焼きグリルで数分焼くだけ。
牛肉などよりも早く火が通るのに、脂が多いためか硬くなりづらい、魔法の食材です。
調味料も火加減も大雑把で良いのに、ラムの旨味を存分に味わえる極上のスペアリブが出来上がります。
オーストラリア産だからでしょうか、壮大な自然を感じさせる野性味溢れるラム肉独特のクセがたまりません。
この食材があれば、先行き明るい新しい年を迎えられそうです。
Filed under: 吉川 — 22:00

方言どころか家言

使っていた言葉が、実は他人に全く通用しないなんて体験ございませんか?
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

師走

師走を迎え何かと気ぜわしい毎日でございますが、お嬢様如何お過ごしでしょうか。
乾でございます。

(more...)
Filed under: — 22:00

シナモンチャイ

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、おぼっちゃま。

(more...)
Filed under: 星川 — 22:00

無題

八幡でございます。
私は今、ちょうど給仕終わりに知人と食事とお酒をいただいた帰りにこちらの日誌を書き綴っております。
ちなみに只今は11月30日でございます。



(more...)
Filed under: 八幡 — 22:00

5,4,3,2,1

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございますか?
日比野でございます。

(more...)
Filed under: 日比野 — 22:00