胡桃沢でございます。

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。





ハロウィン
お楽しみ頂けたでしょうか?






今回は
ウェッジウッドの
クイーンオブハートの妖精さんが
お屋敷に来てたみたいでございますね。


(more...)
Filed under: 胡桃沢 — 23:00

紅茶と共に

10月も後半になりますと秋の深さが増してまいります。
お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがでございましょう、金澤でございます。

夏の暑さはもう遠い思い出…
アイスティーをいっぱい飲んだあの頃…
使用人達がひと息つく時に飲むお茶も今はホットティーへと変わってまいりました。

(more...)
Filed under: 金澤 — 16:00

旅ノ最終章

イタリアの旅6日目はオプションでナポリ、ポンペイに行きました。

ナポリはローマから200km離れた都で世界3大美港の一つでとても美しい所でした。バスから降りて港での短い時間でしたが白い船が浮かび魅惑のの港でした。もう一度行ってみたいと思いました。

ポンペイはヴェスヴィオ火山の麓、サルノ川河口にあり古代には交易が盛んな港でした。紀元79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって町は一夜にして埋没。その後の発掘で裕福な商人の家、浴場、円形劇場、建造物、美術品が出て参りました。メインストリートを歩き当時は賑やかな町だったのではと思いを走らせました。






見学が終わって遺跡から出てきますと果物が豊富に売られていました。イタリア旅行をされましたら是非行っていただきたい街です。




最後はイタリアの首都ローマに参りました。旅に出る前にオードリー=ヘップバーン、グレゴリー=ペックの映画「ローマの休日」を観ました。何回見ても心温まる楽しい物語です。オードリー=ヘップバーンの若く美しく可愛さは今でも目を閉じるとタイムスリップしたように感じられます。グレゴリー=ペックの新聞記者の心温まる演技も懐かしいです。日本の舞台で大地真央がアン王女をオードリーそっくりに演じたのも楽しかったです。スペイン広場、アン王女がジェラートを口にした場所ですが今は飲食が禁止になっています。トレヴィの泉、泉に背を向けてコインを投げ入れると再びローマを訪れることが出来ると云われています。コロンナ宮殿「ローマの休日」のラストシーン、記者会見が行われてアン王女と新聞記者が別れる。なんとも寂しい映画の場面です。ローマに行かれる機会がありましたら是非映画「ローマの休日」をご覧になってお出掛け下さいませ。一層印象深い旅が楽しめると思います。







長々とありがとうございました。また『旅』をしたいと思います。藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 10:25

胡桃沢でございます。

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。




夏が過ぎ
すっかり秋模様でございますね。





私の好きな和歌。




秋の詩には
素敵なものが多ございます。



"
今来むと 言ひしばかりに
長月の 有明の月を
待ち出でつるかな
"

今夜暗くなったらすぐに行くよと
あなたに言われたばかりに
私は9月の長い夜を待ち続けた。
待ち人はついに来なくて
明け方になり有明の月のほうが
空に現れてしまいました。



秋の物悲しさと同時に
切ない心情を感じますね。


これは女性目線の詩では
ありますが
作者は男性なのでございます。
当時、
男性が女性目線の
和歌を詠むことが流行ったそうで
目線を変えた和歌は
かなり多く残されているそうです。



お嬢様も
長い秋の夜。
和歌を詠んでみるのも
素敵でございますね。







Filed under: 胡桃沢 — 21:00

リバース

『リバース』湊かなえ


この作品は内容には触れられないです。

ただ一つ言えるのは最後の最後で、わたくしの顔が真っ青になりました。


作品全体で言いますと、中盤から終盤は読みごたえがあまりないなぁと思いながら読んでいたのですが、それは全て最後の為でした。


ですので、

お嬢様もお読みになる際は、

とばさずにゆっくり読む事をおススメします。




全ては


結末とその後の未来がどうなってしまうのかという余韻のために・・


影山
Filed under: 影山 — 18:00

黒い現と白い夢(仮)

ご機嫌麗しゅうございます。

黒崎でございます。

近頃夢で猫になった夢を見ました。

前世の記憶でしょうか。

さて、お話の続きに参りましょう。


(more...)
Filed under: 黒崎 — 00:30

最早部屋着

いかがお過ごしでございますか、桐島でございます。

最近は凄く冷えて来て、絶好のランニング日和でございますね。皆様、走ってますか?
私はと申しますともちろん…実は少しサボり気味でございます。

何故かと申しますとアレを出してしまいました…


そう…




コタツ




神が創りたもうた神器でございますね。


これが部屋に設置されますと桐島のやる気は5分の1に、活動範囲は100分の1に狭まります。

私から様々な物を奪って行くおこた、本当になんて罪な存在なんでしょう、愛が憎しみに変わりそうでございます。

思えば出会ってからもう5年。

雨の日も、風の日も、嵐の日も、ちょっと脚がむくんでだるい日も、私を暖かく包み込んでくれたおこた、、もうおこたなしでは生きてはいけない体でございます。


そうしてまたおこたと出会う季節がやって来ました。


もう離さないぞーっと飛び込みましたが、気づいてしまいました。


布団が破れてました。


私の愛が重かったのかそれとも経年劣化なのか、どうやら布団の買い替え時の様でございます。


という事でお値段以上の物を求めて桐島はこれから出かけて参ります。戻ってもどうか呼ばないでくださいませ、きっと私は出れません。



Filed under: 桐島 — 20:00

月日が経つのは早いもので

ご機嫌麗しゅうございます。
平山でございます。


月日が経つのは早いものでもう10月でございます。
ティーサロンの方でお化けがやってくるとか来ないとか来たとか様々あるようでございますね。


何の話かと申しますと、この10月で私はBARブルームーンの方でもバーテンダーとして務めさせていただいて、はや一年でございます。
ついこの間まで右も左も分からないような感じな気がしますがあっという間に1年が経っておりました。
そうこうしているうちに、ティーサロンの方でも2年が経とうとしています。

まだまだ未熟な身ではございますが、今後もよろしくお願いいたします。




平山
Filed under: 平山 — 14:00

嗚呼、愛しのみっちゃん

今月から浅葱のブレンドしましたオリジナルブレンドティーをご用意致しました。

『ミッシェル』でございます。
英語で綴るとMichelle。
最初から最後まで自分自身で作ったオリジナルブレンドティーでございますので、浅葱は我が娘のようにこのミッシェルを可愛がっております。
浅葱は密かに『みっちゃん』と呼んでおります。

フランスの女性名を付けておりますが、由来はイギリスのロックバンドであるビートルズの曲名から。哀愁漂う曲調に、叶わない恋の気持ちを乗せた名曲でございます。


浅葱の好きなライチ、
そしてピーチのフレーバー、
ひとつまみの花びらをブレンド。

キンモクセイとコーンフラワー。
華やかな香りがありますが、ベースが中国紅茶を使っていますのでとってもサッパリとした味です。

ストレートはお食事に合うように。

そして砂糖を入れると途端にフルーツフレーバーが強く感じます。
デザートなどに是非お試し下さいませ。



「私がミッシェルを浅葱より上手く淹れてませましょう!」
この間、綾瀬がそんなことを言っておりました。

最近紅茶係にデビューして、メキメキと腕を磨いているようでございます。是非とも綾瀬が紅茶係を務めておりましたら、綾瀬ミッシェルをお飲み下さいませ。

感想は……まず、浅葱にお伝え頂ければ幸いでございます。


「では、来月からご用意する『大和撫子』は綾瀬よりも美味しく淹れてみせましょう!!」


そんなことを密かに決意した浅葱でございました。



……ちなみに、同時期にお出し致しました御茶ノ水の『バナナキャンディ』。ウチのみっちゃんのライバルとしてどんな味なのか飲ませて頂きました。


うーむ…。
…………。
………。



悔しいけれど、これも美味しい。

ミルクや砂糖の相性は勿論、
ただの着香されたバナナフレーバーではなく、アプリコットを少し加えたことによりバナナのフレッシュ感が何故か演出されているという化学反応が起こっています。


恐るべし紅茶マイスター。
恐るべし御茶ノ水。
今度美味しいロイヤルバナナミルクティーでも作ってもらいましょう。

浅葱
Filed under: 浅葱 — 16:00

高尾山の休日

気がつくと今年も10月。年々、月日の経つのが加速度をつけて、速く
なっていくように感じられます。早い梅雨明けに猛暑、台風といった
目まぐるしい気候の変化も速度に拍車をかけているようです。

さて、秋もたけなわ、お嬢様方にはいかがお過ごしでしょうか。先日、
嘉島は若い友人たちに誘われて高尾山に行ってまいりました。小学校
の遠足以来ですので、五十数年ぶりの高尾山になります。

紅葉には早かったのですが、都心から1時間で豊かな自然を楽しめる
と、ミシュラン・ガイドで三ッ星を獲得した影響もあるのでしょうか、
外国人も含め、多くの登山者で賑わっていました。

といっても皆さん普段着で。嘉島たちも最初からケーブルカーを利用
するつもりでしたので、いつもと同じ服装で。それでもケーブルカー
を降り、薬王院から山頂まで、爽やかな空気の中を歩きました。

途中、サル園の奥にある野草園に立ち寄りました。緩やかな山の斜面
の小径の木々の下、野草が自然な状態で植えられており、其処彼処で
小さな可憐な花が人知れずに咲いていました。

そんな素敵な野草園ですが、殆ど人が居なかったので、秘密の花園を
独り占めした気分になりました。それから薬王院に参拝。大きく立派
な大天狗の像に敬意を表してから、いよいよ山頂へ向かいます。

山頂からは、左側には横浜からその先の江ノ島まで。右側の山並みの
上には富士山を望むことができます。残念ながら、江ノ島はわかりま
せんでしたが、レインボウブリッジはハッキリ見えました。

そして、山並みの向こうに富士山の輪郭をしっかり確認できました。
なにかそれだけのことなのに、得した気になるのが不思議です。嘉島
にも、富士山大好きな遺伝子があることが解った次第です。

そして帰りのケーブルカーに乗る前に、近頃の高尾山の定番、人気の
ビアマウントへ。眼下に広がる、夕景へと移ろいでいく東京の景色を
肴に、楽しかった休日の締めの乾杯をいたしました。



Filed under: 嘉島 — 18:30