お湯

白湯が飲めません。
伊織でございます。


お水は飲めても、お湯が飲めないのです。
においが気になってしまうのが1番の原因ですが、ただしこれがミネラルウォーターといったパッキングされた水であっても、飲めません。

人間誰でも苦手がございます。
苦手に限らず、他人からは理解の得がたい事情というものは少なからず存在いたします。
それもまた個性と認め合うことも大切なことですね。
Filed under: 伊織 — 22:00

なりたち

物事、とくに言葉の成り立ちに興味をそそられるのは、幼いころ手にした本の影響でした。
父の書棚から拝借して読んで(眺めて)いた『漢字に強くなる本』という本でございます。

いかがお過ごしでしょうか。
伊織でございます。


この『漢字に強くなる本』ですが、書かれているのは慣用句の意味や成り立ち、用法、ひいては漢字単体、物の名前に至るまで、様々なことが解説されている書物です。
漢字に強くなる、というよりは、漢字に興味を持たせるために書かれたのではないかと、今では思っております。

例えば『鰯』は、いわしという魚が身が脆く、すぐ崩れてしまうことから生まれた字であるとか、『亀』はいわゆる象形文字であるとか、そういった部分に強く惹かれたことを覚えております。

今目の前にあるものが、どういった経緯で今の姿になっているのか、それは文字や言葉だけではなく、様々な事柄にあてはめられる問題でございます。
因果に目を向け、早まって誤った見解をいたしませんよう肝に銘じながら令和二年という年を過ごしたいと思います。
Filed under: 伊織 — 22:00

方言どころか家言

使っていた言葉が、実は他人に全く通用しないなんて体験ございませんか?
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

ひそく

冬の味覚が目につき始めました。
今年もまた、みなで鍋をつつき合いたいなぁと思うこの頃です。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

映画

最近めっきり映画館に足を運ぶことがなくなりました。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

モグラ

おおよそ夏の陽差しとは無縁の毎日を送っております。伊織でございます。
いかがお過ごしですか。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

VSOE

涼しい所に逃げ込んで喉を潤したい、そんな欲求が四六時中続く8月、いかがお過ごしですか。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

太陽のお茶

2019年も折り返しでございます。
いかがお過ごしでしょうか、伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 22:00

1+1

能見に言わせれば、お好み焼きはごはんのおかずでありますし、わたくしの幼少時代を思い返せば、焼きそばはごはんのおかずでありました。
伊織です。

(more...)
Filed under: 伊織 — 12:25

日本の伝統的な色名というのは、なんとも趣がございますね。
伊織です。

(more...)
Filed under: 伊織 — 12:00