蒼から紅へ

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

涼しい夜風に金木犀の香りが運ばれて、
静寂に鈴虫の声が鳴り響き、
秋の訪れを全身に知らせてくれます。
見上げればサソリも
オリオンを探しに行こうとしております。

私は季節の変わり目が好きで御座います。
空と同じ様に心模様もコロコロと変わりますが、
乗り越えると少しだけ大人になれた気が致します。
夏の終わりを感じるせいか物悲しく感じますが、
すぐに紅葉で賑わいを取り戻すことでしょう。

九月に入り雨天が多くなってから、
気温の変化も目まぐるしゅう御座いますね。
秋花粉も飛んでおりますし、
お嬢様方が体調を崩されませんよう、
仕舞って置いたフェーブを持ち出して
お祈りしておきましょう。

さて、
今年も花火は見られませんでしたので、
お月見は目一杯楽しみたいものです。
お供はお団子ではなく、
私の大好きな最中に致しましょうか。
Filed under: 日向 — 22:00

ツキつめるとは…

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

八月の満月、スタージョンムーンはご覧になりますか?
近年、ストロベリームーンやスーパームーン等と
月の話題を耳に致します。
それにつられて満月の夜は
慣れないカメラを天に向けております。
気付けばティータイムが出来る程の時間を費やしており、
慌てて自室に戻る事もしばしば御座います。

月と申しますとブルームーンが頭を過ります。
閉じてからもう随分と時が経ってしまいましたが、
ブルームーンでシェイカーを振りたい使用人が
チラホラといらっしゃる様で御座います。
かくいう私もバーテンダーの職人技に惹かれ、
カクテルの知識を得たいと常々存じております。

紅茶は温度が下がらない様に
ポット等を温めておきますが、
カクテルは氷が溶けない様に
シェイカー等を冷やしておくそうで御座います。
何か紅茶と近いものを感じますね。

とは言え、使用人として半人前にも満たない私が、
片手間に習得出来るものでは御座いません。
私が大工の徒弟をしていた頃、
親方から「三分の一人前だ」とよく言われておりました。
紅茶、カクテル、お給仕…
何をとっても極める事は難しゅう御座います。

月の話題から随分と遠のいてしまいましたので、
最後に月のお話に戻りましょう。
八月はつきみ月とも呼ばれており、
続く九月十月も月を愛でる文化が御座います。
私がお嬢様の目に触れる事は叶いませんが、
同じ月を愛でる事は許して下さいますでしょうか。

Filed under: 日向 — 22:00

暑さにやられて

7月に入りまして
より出番が増えたアイスティーグラスさん。
普段は冷蔵庫の中で快適に過ごす
冷室育ちなだけあって、
少し外に出ただけで汗だくで御座います。
すぐにカランッと弱音を吐くものですから、
ヤカンさんはカンカンです。
どうにか鎮めようと試みますが、
下手に手を出すとヤケドを負ってしまいますので、
ここはポットさんにおまかせ致しましょう。

煮えくり返った腹の内をポットさんが受け止めると、
仕込んでおいた茶葉が香りを放ちます。
そうすると吐き出してスッキリしたのか、
お茶の香りでリラックスしたのか、
ヤカンさんは大人しくなりました。
…が、安心したのも束の間、
今度はポットさんがフタをカタカタ震わせて
笑い出しました。
色白の腹黒さんはティーコジーに籠って
一体何を考えているのでしょうか…。

ポットさんのティーコジーをはぎ取ると
口からブラックジョークが…。
手が焼けますので氷に通してしまうと
アイスティーが出来上がりました。
早速頂きましょう。

桃の甘い香りとスッキリとした渋みが
口の中に広がります。
おかげで頭もスッキリして参りました。
こちらの紅茶は7月からご用意しております、
百合野ブレンドの「眠り姫」で御座います。
アイスティーでも大変美味しゅうございますので、
よろしければお試し下さいませ。

さて、妄想の世界から戻って来れましたので
お給仕を再開致しまs…
おや、またカランと弱音が聞こえて参りました。
Filed under: 日向 — 22:00

風来坊

去年の風の強い日
使用人寮のテラスに
一本のわたげが迷い込みました
それは力強く根を生やし
一輪の綺麗な花を咲かせました
やがて黄色い花びらは
白いわたげに変わり
新たな生命を風に預け
眠りにつきました

さて…
ここで終われば微笑ましいのですが、
今年は困ったことに
それはそれは立派に育ちまして、
力強さと図太さに愕然としております。
抜いてしまうのは気が引けてしまい
どうしたものかと考えついたのが、
私の好きなハーバリウム。
我がモノ顔で居座るならず者を
専用のオイルに浸して、
一年間愛で抜いてやろうと企んでおります。

タンポポの花言葉には
「信託」や「真心の愛」、
そして「別離」が御座います。
お屋敷から旅立ったわたげは何処かで力強く、
そして図太く花を咲かせるのでしょうね。
Filed under: 日向 — 22:00

会うは別れ

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

春とは出会いの季節と共に
別れの季節でもございます。
これはお屋敷の紅茶にも言えることで、
これまでお出ししておりました
シークレットガーデンがなくなってしまいました。

ラベンダー等の花々の香り、
ハイビスカスの薄桃色の水色と酸味、
そしてローズマリーのほのかな苦味。
私の好きなハーブティーの一つでございました。
シークレットガーデンが置いてあった場所には
既に別の茶葉が置かれてしまい、
少し物悲しい気持ちになります。

3月から毎年ご用意しております
桜のフレーバーティー「チェーホフ」は
早々となくなってしまいましたが、
4月から新しい紅茶が仲間に入っております。
瑞沢ブレンドの「アイオーン」と
4月限定の「エオストレ」でございます。

私個人の飲んだ感想でございますが、
アイオーンはしっかりとしたコクがあり
ミルクとの相性がよろしいですが、
ストレートでも大変美味しく頂けます。
冷めてしまっても渋みが出にくく、
ご別宅でもお楽しみ頂きやすい紅茶かと存じます。

エオストレでございますが、
ピーチを始めとしたフルーツの甘い香りが特徴的で、
渋みが少なくスッキリとした味わいでございますので、
甘い紅茶を好むお嬢様方も、一度ノンシュガーで
お召し上がり頂きたい一杯でございます。

使用人も紅茶も十人十色、
新たな風景と香り、
今後の出会いを楽しみにしております。
Filed under: 日向 — 22:00

最近の悩み

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます

夜空を見上げますと冬の星座オリオン座が
役目を果たしたとでも言う様に、
西の空に隠れようとしております。
冬の星空はとても綺麗で、
よく頭を空っぽにして眺めております。
ですが、最近は溜め息が漏れてしまうのです。

何を隠そう、私には悩みがあるので御座います。
それは、美味しい紅茶とは何か…。
ティーインストラクターが美味しいと言ったらか?
紅茶に詳しい使用人に認めて貰ったらか?
それだけでは私の紅茶の腕に自信が持てません。
お嬢様方の美味しいとのお言葉と笑顔無しでは
自信を持って紅茶場に立てないので御座います。
隠れたままでは
この穴は埋まらないのでしょうか…。

気付けば紅茶係をつとめさせて頂いて
2年を迎えようとしております。
課題は山積みでは御座いますが、
少しづつ何かを変えて参りたいと思う
今日この頃です。
Filed under: 日向 — 22:00

クシュンと小さな春一番

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

まだまだ寒さが続いておりますが、
1月の終わり辺りから雨天が多くなって参りました。
私の一存で春の訪れを感じている所で御座います。

花粉症を患っておりますお嬢様方は
花粉に気付いているのではないでしょうか。
クシャミ1つで煙たがられてしまう時代で御座いますので、
心が痛んで参ります。

幸いにも私はアレルギーとは無縁の日々を過ごさせて頂いておりますが、
幼い頃から奇妙な症状を患っておりまして、
太陽を見るとくしゃみが出てしまうのです。
もしや前世でお天道様に顔向けできない事をしてしまったのではと思い、
今世を粛々と生きております。

私の中でこの症状は当たり前になっておりましたが、
ふと調べたくなりまして、
「いんたあねっと」なる物を駆使し調べましたところ、
なんと載っておりました。
お見事で御座いますね。

何やら「光くしゃみ反射」という奇妙な症状に相応しい
奇妙な名前で御座いました。
眩しさを感じると同時におこる現象で、
どの程度の光でクシャミが出るかは個人差が御座います。
私は太陽等の強い光でのみクシャミを誘発致しますが、
中には室内灯の弱い光で誘発される方もいらっしゃるそうです。
この現象は十分に医学的に証明されてない様で御座います。
世の中にはまだ未知が溢れておりますね。

話は変わりますが、
1月中に集めておりましたフェーブを持ち帰り、
自室に飾らせて頂いております。
ご協力して下さったお嬢様方には
感謝の念に堪えません。

ご存知では御座いましょうが、
フェーブは幸せを運んでくれると言い伝えられております。
お嬢様方が心身ともに健康で過ごされる事が
私の幸せで御座いますので、
このフェーブが私の心の薬になればと存じます。
Filed under: 日向 — 22:00

新年のご挨拶

お嬢様、お坊ちゃま
明けましておめでとうございます

新年に入りましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
体調を崩されておりませんでしょうか?
冬の寒さに凍えてはおりませんでしょうか?
お嬢様方に何かあってはと気が気では御座いません。
そんな私が出来る事は、
紅茶の一杯一杯に無病息災を願いお淹れする事だけで御座います。

お嬢様!! お坊ちゃま!!
私の紅茶を召し上がりましたら
今年は健康にお過ごし頂けますので、
強くオススメ致します。
思い込みは大事です。
まぁ、紅茶は風邪予防に適しておりますので
全くの嘘では御座いません。

当分、流行り病の勢いは鎮まらない事と存じますが、
牛が一歩一歩踏みしめて歩く様に、
少しづつでも終息に向かう事を願うばかりで御座います。
Filed under: 日向 — 22:00

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

使用人の喉を潤す事と紅茶を淹れる練習を兼ねて、
日常的に使用人達に紅茶をお作りしております。

たまにはと趣向を変えまして
ミルクティーをお作りしたのですが、
それだけでは面白みが御座いません。

そこで私は密かに
紅茶に手を付けた使用人を、
十二支に当てはめておりました。
そちらの結果を書かせて頂きます。

まず初めに参りましたのは、
お給仕を手早く済ませて私のもとへ来られた
子(ね)の室井。
手早く紅茶を飲み、「ご馳走様です」と手短に感謝を述べ、
そして素早くお嬢様の元へ戻られました。

続いて参りましたのは丑(うし)の隈川。
一挙一動に焦りを見せない隈川は
紅茶を飲む姿さえ優雅で御座います。
「しっかりミルクもシュガーも入れてるのに、
ビターな雰囲気で美味しいね」とこの様に、
いつも紅茶の感想を言って下さいます。

すると私の後ろでは寅(とら)の水道橋が
虎視眈々と狙っておりました。
普段は甘い物を避けておりますが
ビターという単語を聞いてか
召し上がって下さいました。
そして「成程…」と一言。
紅茶係に任命されて
しっかりと勉強されております。

少し時間が空いて卯(う)の月城が来られました。
ミルクティーを見るやいなや心をピョンピョン弾ませて、
「日向さん………最高ですね!!」と
美味しそうに召し上がって下さいました。

そんな月城とは対局の様な
辰(たつ)の環が静かに強いオーラを放って
来られました。
意外にも甘い物を好まれる様で
「うん、美味しい」と言って下さり、
少しだけ距離が縮んだ気が致します。

続いて巳(み)の藤堂執事来られました。
藤堂執事が獲物を見つけた蛇の如く紅茶に目をとめて
「これ、飲んで良いんですか?」と、
私が「甘いですが大丈夫ですか?」と聞くと
藤堂執事は「私ミルクティー大好きなのよ」と。
可愛いらしゅうございますね(ご本人の前では言えませんが…)

ここで紅茶が空になってしまいました。
もう一戦とも思いましたが
ここまでに致しました。
機会が御座いましたら
続きを書かせて頂くかもしれません。
それに致しましても、
皆、様々な反応をしていて
私も作りがいが御座いました。
Filed under: 日向 — 22:00

スワロウテイルも衣替え

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

季節の変わり目と共に
お屋敷でご用意しておりますピュアティーの茶葉が
いくつか変わっております。

ランカー(ディンブラ)
リオン(ウヴァ)
アンバー(ルフナ)

上記の3種で御座います。
どちらもホットミルクティーで美味しく召し上がりいただける紅茶で御座いますので、
今の季節にピッタリで御座いますね。
私も試飲しておりますがまだまだ未熟故に
しっかりと魅力をお伝えするまでに至りませんので、
ご興味をお持ち頂けましたらお試し下さいませ。

紅茶係に新たなメンバーの水道橋を加えまして、
お嬢様方の身体を温める紅茶をご用意致します。
お早いご帰宅をお待ちしております。
Filed under: 日向 — 22:00