千種と申します。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
こちらでは初めてご挨拶させて頂きますね。

私、千種(ちぐさ)と申します。

恐れながら、少々私の身の上話を。
元々私は、大旦那様がお屋敷の運動場にてお身体を動かされる際に、そちらへお供し時折(特に球技などの)お相手も務めさせて頂いておりました。

近頃は大旦那様もすっかりご上達されて。
私を追い越される日が訪れるのではとびくびくしております。

お相手を務めることが出来なくなってしまったら、、
私はお屋敷にいられなくなってしまう、、
力任せにプレーせず、しなやかさや繊細さも身につけるにはどうしたら、、

そう考え大旦那様にティーサロンでフットマンをさせて頂けないかご相談したところ、お許しを頂くことが出来、この度お嬢様の前に立つこととなりました。

畑がスポーツマン故まだまだ繊細さなど足りない部分はあるかと存じますが、いざという時お嬢様をお護り出来るよう精一杯修行いたしますので、何卒これからよろしくお願い致します。

お身体を動かしたくなった際はいつでも運動場へお越しください。
手加減なしでお相手致します!
Filed under: 千種 — 22:00