ご挨拶

お初にお目にかかります。
この度、大旦那様からの命により紅茶係を務めさせていただきます、星川と申します。

紳士、淑女の嗜みである紅茶を勉強したく、こちらのお屋敷の門を叩かせていただきました。

普段、ティーサロンで紅茶を淹れるお給仕の傍ら、料理や紅茶に使うお水を裏山から汲み、その日のお水の味や調子を確かめる役を大旦那様から仰せつかってございます。


誠心誠意を込めてお嬢様、お坊っちゃまを笑顔に出来るような紅茶を淹れれるよう、日々精進して参ります。


お嬢様、お坊っちゃまのお早いご帰宅を心よりお待ちしております。


星川
Filed under: 星川 — 22:20