文月

垣根の朝顔も咲き始め暑い日が続いておりますが、お嬢様如何お過ごしでしょうか、乾でございます。

七月は梅雨の時期が終わり暑い夏が始まり、行事としては七夕等がございますね。

また、7月は文月と申しますが由来や語源が諸説ございます。

その中でも「文被月(ふみひろげづき)」が短くなって「文月」になったという説が有力でございます。

「文被月」は文を広げて晒す月という意味がございまして、七夕に願い事や詩歌を短冊に書いて笹に飾る風習をさしております。

最近では「メール」や「LINE」等を多用し、お手紙等を書かれる方が
少なくなっていらっしゃるとか・・・

さて、お嬢様はきっと七夕に願い事をされる事でございましょう。

良い機会でございますので日頃の感謝のお気持ちをご家族やご友人にお便りをしたためられましたら如何でしょうか。

きっと、とてもお喜びになられる事と思います。

お相手の事を思いやりながらしたためる手紙の良さを今一度お考えくだされば幸いでございます。

では、お嬢様のお帰りをお待ちしております。

それぞれのカラー

隈川の日誌に灰色を選んでしまうという内容がございましたが、私もよく考えると色の趣味に偏りがございました。

私は隈川とは真逆でコントラストが分かれているものが好みでございます。

服は白と黒が多く、自室はクリームイエローとチョコレートブラウンで整えてございます。

隈川にはよく「灰色で良いじゃないですか」
とは言われますが、つい選んでしまう好みとはあるものでございますね。

私も隈川の日誌を読んで気づかされました。

これを機に他の使用人が選びがちな色も探してみるといたしましょう。

すぐ思い付くのは瑞沢は赤、黒崎は黒、の印象がある事くらいでしょうかね。

平山は…

みかん色?

好みはそれぞれでございますね。

あこがれの夏

梅雨空から差し込む日差しは完全に夏のそれへと変わっておりますね。
しばらくすると辟易としてしまうのでしょうが、今はまだ心地よさのほうが勝っているのかもしれません。

さて、それと共に頭をもたげる問題が、その際にアニバーサリーケーキの持ち運びでございます。
一応ティーサロンでも別途お代をいただくことにはなるのですが、別宅へお持ちいただく際に保冷バッグもご用意しておりますので、お声かけくださいませ。

そしてここからが本題なのですが。
保冷バッグは何度でもお使いいただけます。
また後日別の機会でケーキをご用命いただく際は、ティーサロンまで保冷バッグをお持ちいただければそちらにケーキを包んでお渡しいたします。
ある程度しっかりした保冷バッグですので都度捨ててしまうのも勿体無うございますので、是非再度ご利用ください。

そしてここからもまた大事なのですが。
お持ちいただく保冷バッグは、当ティーサロンの物でなくても結構です。
ご自身のお手元にある保冷バッグでもお持ちいただければそちらにお包みいたしますので申し付けくださいませ。

(ただ、サイズによっては入らない場合もありますので、それだけはお気をつけくださいませ。)

ティーサロンのアニバーサリーケーキでお嬢様の思い出を彩れるのなら、それはパティシエにとって何よりの栄誉でございましょう。

無題

藤堂執事…

誕生日お祝い…探検隊

佐々木でございます。

そぅいえば昔…
こんなキャッチフレーズがございました

金も百歳…

銀も百歳……

……

藤堂も百歳。。。

これからも藤堂執事の背中を見て

立派な使用人に成長できるよう精進してまいります。

佐々木