小さなクリスマスローズ

敬愛せしお嬢様へ

早くも冬の気配が少しずつ増している日々、いかがお過ごしであられましょう。
側仕えに命じ、暖かなお召し物を早めに揃えさせるのがよろしゅうございます。
お体冷やしませぬよう、ゆめゆめお気をつけくださいませ。


さて。


前回の日誌でも触れさせていただきましたが
時任は古着や古書店、ユーズトショップなどを巡るのが趣味のひとつでございます。
ちょっとした掘り出し物を発見する宝さがしのような楽しみもございますし、時折見かける意味不明のアイテムを検分するのも楽しゅうございます。

先日は高名なるカエルの人形「ケロヨン」様の等身大サイズが格安で販売されており、購入するか否か、珍しく半刻ほど悩みました。

汚れ具合や錆び具合からして、昭和も浅き頃の銘のあるカエルとお見受けしたのですが。

お屋敷のどこにも置き所がないという事実に気がつき、なくなく諦めた次第でございます。

…ブルームーンが蘇った曉には改めて購入し、入り口に飾るといたしましょう。


さて、先日もお休みをいただき、のんびりとお散歩てがらお店回りをして参りました。
時勢もございますので平日の午前中~お昼過ぎの余人が居ない時を狙って出掛けております。

時勢と申しませば、かの病禍にて訪れた自粛生活は色々と波及しているようで、
古着屋さんには店員さんが置き場に困るほどの品が溢れており、いまが買い時のようでございますが
古書店様は本が売れ過ぎて在庫に困っておられました。経済の縮図はこんなところでも散見できるものでございますね。


この日の私のお目当ては…ティーカップ。
ユーズドにも、いえ、ユーズドだからこそ、もはや手に入ることはないと諦めていたカップも案外見つかったりするものでございます。

残念ながら、この日はそんな掘り出し物には恵まれませんでしたが、エインズレイのコテージガーデンにて見たことのないカラーバリエーションを見かけて30秒ほど悩みました。

強いて言うなら茶色と言うべきですが
色が深く渋く、茶道の茶器にでもありそうな色。

「このコテージガーデン、公式には何色なのですか?」
「…何色なんでしょうね?」

店員さんに疑問形で返されました。
凄く渋くて気になりますが、見送ることにしましょう。

渋いと言えば、ノリタケ「岩手山の呼子鳥」も見かけました。
和の落ち着いたデザインで、リリスやいいあんばいなどお飲み頂くにも良さそうなカップでございましたが、15秒考えた結果、やはり渋すぎるので見送りでございます。

今回、特に留意して探しておりましたのはロイヤルアルバート。
フラワーオブマンスを揃えておきたく、探し回っておりました。

探しておりましたら

ありました。

美しいクリスマスローズの絵柄。

ケースから出していただき、歓喜に震える手で傷などないか検分しておりましたが。


…ん?
……なんか、小さいですね。


コーヒー用でした。

他のものと並べると一目瞭然なのですが、確実にわんさいず小さいのですね。

諦めず、いつの日にかお嬢様がたにもお喜びいただけるようなカップを見つけてきたいと思います。
Filed under: 時任 — 22:00