古谷でございます

グラスに残るその香り大きく吸い込み、もの思い追憶します。



(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

beautea

今月20日に黒崎と共にエクストラティーを仰せつかる事となりました。
名前は「beauter」と申します。

美容効果、精神安定、不眠改善などの効能のある
百合花茶と様々なハーブをブレンドしたオリジナルティーをご用意いたしました。


黒崎と一緒に考案させていただきました。
彼はハーブにも強いのでイメージを擦り合わせ、彼からのアイデアも頂戴したりして、お陰で楽しくイメージを膨らませることが出来ました。


是非、美容と健康に良い「beautea」召し上がってみてくださいませ。
優雅なひと時をお約束いたします。
Filed under: 百合野 — 22:00

春、はるばると、春遠からず夏

桜が散ったのも、
もう去年のことのように感じられます。
そのくらいに、あっという間に、月日は過ぎて参りますね。

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木にございます。

今年は、令和なんてものも登場しますから、
更に短く感じられるかも知れません。
とはいえそれはそれで、
過ぎ去る物の美とでも申しましょうか。
時に振り返り、懐かしんで、
あの頃も良かったものだなぁなどと、
思えるのも良いことですよね。
そう思える為にも、
今も、しっかりと、頑張らないといけませんね。

しっかり……
しか……
鹿……

鹿野「呼びました?」

呼んでないよ。
どんぐり拾っといで。
好物だろう。

佐々木「呼んだ?」

貴方は何故来た。

暖かくなってきましたので、
色々出て参りますね。

そうそう、気候的には
ようやくの春といったところで。
皆様のお召し物一つ拝見致しましても、
春だなぁと感じております。
上着を一つ無くせるだけで、
心持ちも軽やかになる気が致します。

などと考えていますと、
楽観的な性分の私は、
今年も楽しいことが沢山ありそうだ。
と思えてしまうのです。

春ですねぇ。
今夜の晩酌は、
山菜の天ぷらと日本酒に致しましょうか。

お供には、春の嵐(ゲルトルート)か悲しみよこんにちは辺りを持ってきて、
たまには文学にかぶれてみるのもいいですね。

いつの間にやら、
私の話ばかりになってしまいました。
皆様の楽しみのお話も、
是非お聞かせくださいませ。

ご健康と皆様の幸せをお祈りして。
お元気なお顔を拝見するのを、
何より楽しみにしております。

……結局、私の楽しみなことでした。
お帰りお待ちしております。

(五月は暦の上では、初夏ですけども、
暑さにはもう少し、のんびりしていて欲しいものです。寒いよりはいい気もしますが)

才木
Filed under: 才木 — 22:00

Summons Card

ゴールデンウィークもお仕舞い。楽しい思い出は沢山出来ましたか?

緑道の木漏れ日の下で、ゆっくりグラスを傾けたい能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



新年度も一ヶ月が過ぎ、そして気が付けば、新時代を迎えました。

大変お恥ずかしながら、新しい年号という実感もなかなかに少なく、

令和生まれのお嬢様やお坊ちゃまとお会いする機会がありましたら、

もやっとした気持ちにも、少しは変化が生じるのかも知れませんね。



ワインカーヴへと足を踏み入れる機会が以前に比べて多くなりました。

毎日毎晩のように夜遅くまで聴こえておりました、ペンを走らせる音。

暫くはインクの香りと共にずっと耳に残っていることでございましょう。

私にとっての学びの場所。これからは学びを伝えていく場所になります。



今夜は非常に珍しく、長野「塩尻」の赤ワインを手に取ってみました。

「令和」を感じたいという気持ちが、恐らく心中であったのでしょう。

日本ワインらしい、優しく包み込んでくれるようなひとときでありました。

こういった考えるための時間を過ごすのもたまには悪くのうございますね。



窓を開け放ちますと、涼しい夜風が入って参りまして心地良うございます。

季節の移り変わりに情緒を感じるのは、思い出がそうさせるのでしょうか。

幾度も幾度も。私は沢山の季節をこのお屋敷で迎えたいものでございます。

麗らかな春も。大好きな夏も。情緒的な秋も。そして寒くて大嫌いな冬も。



不意に突風が吹き、デスクに置いておりました書類たちも宙を舞いました。

木目の床へと散乱致しましたその中に。馴染みのある一通の封書が。

――なるほど。左様でございますか、大旦那様――

お嬢様。空が瑠璃色になる前には戻ります。お早めにお休み下さいませ。



能見
Filed under: 能見 — 22:00

映画

5月といえば映画でございます。お嬢様方はよくご覧になりますか?
レッドカーペットへは招待されることはおおいでしょうがきっとプライベートは別でございますね。

さて、私も月に2~3本と人並み程度には映画を観るのですが、
最近何を見ようかと悩むことが増えて、選んでいる間にすでに30分くらいたっているということもございます。


気になる新作が次々発表される一方で、まだ私が観たことのない珠玉の名作があるはずです。
はたまたお気に入りの作品を改めてみるのもいいでしょう。
ただ、一番大切なのはその日の気分でございますね。
お酒も同様飲みたいと思った瞬間が一番おいしく飲める瞬間。
効用を一番高めてくれるタイミングを逃す手はありません。


などと考えているうちに時間が過ぎてしまうので困ったものです。


そういう意味では、私の好みや観た映画ををしっかり把握したうえでアドバイスくれる司馬執事には助けられますね。
直球で好きそうなのはこれ、苦手そうだけど挑戦してほしいタイトルはこれ、あとは問答無用で自分はこれが好きだから!でもいいのですが、この人の勧めなら信頼できるという安心感があり迷いが生じません。

司馬のみならず映画をよく観る使用人は多く居りますのでお嬢様方もお困りでしたら相談してみてはいかがでしょう。
新たな出会いがあるかもしれませんので。


今週末はご友人を招いて、お屋敷の庭園にて野外の映画上映会もよろしいかもしれませんね。
ロゼシャンパンをしっかり冷やしてご用意いたしましょう。
Filed under: 大河内 — 22:00

“最後”のち“最初”

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
羽瀬でございます。

世間はほんの少し前まで、
『平成最後の・・・』と謳い、
沢山の経済効果を産んでおりました。
しかし、よくよく考えると、
普段目にするものに、
良い謳い文句を付けただけなのではないか
と穿った捉え方をしてしまい、
なんだか虚しい気分になってしまいます。。

また、この後には『令和最初の・・・』そして、『オリンピックイヤーの・・・』と続いて参ります。
日本語というのはなんと美しく
恐ろしいものなのかと
痛感する日々でございますね、



何が言いたいかと申しますと、
言葉の響きだけ捉え、
物事の本質を捉えられないと、
踊らされてしまうということでございます。



そして、最後があり、
その後に新たな始まりがあることによって
気持ちや行動に区切りが着くかと存じます。

『五月病』などという言葉がありますが、
これはある意味、4月に始まった環境に
適応した結果、余裕が出てきたのだと
私は考えております。

そういう時こそ、出来た余裕で何をするか考え、
また、出来るようになった自分を
褒めてあげてください!
もちろん私もお褒め致しますよ!!
お嬢様の好きなお菓子でもお作りしましょうかね、、、!


少々長くなってしまいましたが、
羽瀬の小言だと思って、
流していただければ。。

5月は私にとっても初めての催し、
『Primavera Carnival』がございます。
お嬢様と共に良き思い出を作れれば
と思っておりますので、
どうぞよろしくお願い致します!


(それと、裏山の熊のサーカス稽古は順調です)
Filed under: 羽瀬 — 18:00

日本の伝統的な色名というのは、なんとも趣がございますね。
伊織です。

(more...)
Filed under: 伊織 — 12:00

無題

先月は

八幡・佐々木エクストラに、ご多忙の中、足を運んで頂き…そして、お召し上がり頂きありがとうございました。

お口に合いましたか?
少々…心配ではございますが…

感謝の気持ちで胸がいっぱいでございます。

そして…お嬢様に
エクストラティーをご提供できましたのも…

八幡を筆頭に
隈川、伊織にアドバイスを頂戴し…
たくさんの使用人みんなに支えてもらったからこそでございます。
感謝…感謝の

感謝祭でございます。


感謝の気持ちを、胸に秘め
日々…精進してまいります。


さて。
使用人…佐々木の休日は…


お屋敷警備犬見習い…
チャムハムくんの散歩でございます。

でわ
行ってまいります。

佐々木
Filed under: 佐々木 — 22:00

宝塚花組公演「CASANOVA」

度々映画、舞台で上演されているロココ文化、華やかだった18世紀、世界中の女性たちを虜にしてきた稀代のプレイボーイの物語、カサノヴァ……。
水の都ヴェネツィアを舞台に、花組トップ男役、明日海りお。当然ながらこの世界の恋人、カサノヴァにぴったりのミュージカル。この明日海りおも今季の秋には宝塚を卒業してゆきます。何回も宝塚の舞台ではお目に掛かれないと思うと、しっかり目に焼き付けておかないと、と思い藤堂もしっかり観てきました。
花組トップの娘役として活躍してきた仙名彩世のサヨナラ公演でもありました。明日海りおが横浜アリーナに出演する、恋スルARENAには出演しません。今回が最後です。昨年上演されたポーの一族では、男爵夫人を美しく、悲しく演じましたから、タカラヅカステージでも流れていますから、是非見て下さい。
明日海りおも相手役の女性トップが仙名で、3人目だったと思います。また、新しい娘役トップと新鮮な舞台を見せてくれると思います。
今回のカサノヴァの演出は生田大和。若い人で、大劇場での演出は初めてですが、今後に期待が出来る方です。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 17:00