ああ、バレンタイン

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

お屋敷のバレンタインといえば、
バレンタインサロンなどもございました。

とはいえ日本流のバレンタインですと、
基本的には私達の出番はなく、
常に変わらずお務めするのみですが、
折角のイベントでございますし、
古今東西見渡せば、
そもそも男性が何かをするものですから、
ここは一つ私も、何かをしたいなと考える訳です。

私、同期に浪川と佐々木がおりますが、
使用人宿舎では、同部屋をあてがわれておりまして、
何となく、そんな皆を伝えてみたのでございます。

私「折角だから、何かないだろうかね」
佐々木「チョコは食べたいですけどねえ」
浪川「何かって言っても難しくないですか?」

佐々木は甘い物が好きです、
ですけど、作るのは苦手です。
浪川はこのような時、客観的です。

私「それを考えたいんですよ、ほら女性の方だと友チョコとかあるじゃないですか、ああゆうのは」

二人共、何が楽しいのか、といった顔です。

私「チョコ嫌いですか?」
二人「才木くんのは別に、いらない」
私「悲しいです」

私も、あげても、
殊更楽しい気はしませんでしたから、
この案はなしになりました。

私「他になにかありますか?」
佐々木「インスタ映えするのがいいと思うんですよ」

佐々木の流行語です。
インスタのことはよく分からないようです。
私もよく分からないのですけど。

私「例えば?」
佐々木「そこは......浪川くんが」
浪川「綺麗で可愛い......とか?」

答える誠意は、素晴らしいですね。

私「何か抽象的ですね、具体的に何をするのか決めないと」
佐々木「才木くんが考えてくださいよ」
私「ぐう」

そもそも私は何がしたいのでしょう。

浪川「明日もお勤めがあるから、私は、寝ますね」
佐々木「それもそうですね、そうしましょう」
私「何かやりましょうよ」
佐々木「才木くんが、決めたら、それにしましょう。じゃあ、後はお願いします」
浪川「お願いします」

任せられてしまいました。
ただ、三人集まって、決まらなかったことが、
一人で決められるはずもありません。
本でも読みながら、そのまま眠ってしまおうと思います。

何となく過ごすというのも悪くないですし、
気は置けませんから、
何となく楽しくはなるでしょうから。
何とかはなるでしょう。

使用人らしからぬ、コメントではありますけども。

ああ、バレンタイン。
何か面白いことが、あればやってみたいですね。

後は、春が駆け足で、
参りましたら、なおよいところです。
早く来い来い、春よ来い。

才木
Filed under: 才木 — 00:00

古谷でございます

ほんのり甘い夕闇のヴェールに包まれるが如く







視えること叶わず





言葉にして現せぬ






(more...)
Filed under: 古谷 — 17:30

〇〇ボンボン

立春とはいえまだ寒さ厳しき日が続いております。

お嬢様、いかがお過ごしでしょうか。乾でございます。

さて、2月と言えば「ヴァレンタイン」でございますね。

今回は私のヴァレンタインの思い出をお話しさせていただきます。

元々、甘い物が好きだった幼い日(小学1年生だったと記憶しております)の私はヴァレンタインの時期になると当時、某有名洋菓子店に勤めていた伯母からのプレゼントを心待ちにしておりました。

そこには、数種類のチョコレートと必ず「ウイスキーボンボン」が入っていたのです。
無論、この「ウイスキーボンボン」は私の父親向けの物なのですが・・・

ある日、小学校から帰った私は何気なく「ウイスキーボンボン」を食べてみてそのおいしさから何個か食してしまいました。

そして案の定・・・酔っぱらったようでございます。
(私自身は何の記憶もありませんが陽気に歌を歌っていたそうです)

今でも「ウイスキーボンボン」は大好物でございます。

最近では色々なお酒の物もございますが特に吟醸酒の物がお気に入りでございますね。

お嬢様はお好きなチョコレートはございますか?

よろしければ、お教えくださいませ。

まだまだ寒い日が続きますが、お嬢様が良き春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。
Filed under: — 15:00

日誌

寒い日が続いていますね
春の兆しが感じられるのはもう少し先でございましょうか。


さて、お嬢様方。
改めてご案内するのも少々恐縮なのですが

昨年からBLUE MOOONをご紹介する写真の一部を
担当させていただけることになりました。

現在時任執事が撮影したものと合わせて使っているので
ご覧いただければ幸いでございます。

個人的にはヘッダーの写真が一番気に入っておりまして
比率を合わせて配置していくのがなかなか面白くございましたが。
そして何よりも、手だけではございますがモデルがよかったのも一因かもしれませんね。


ただ、カクテルは眺めて楽しむものではございません。
是非BLUE MOONへ足を運び冷えた体を温めてくださいね。
Filed under: 大河内 — 12:30

節目

お嬢様、お坊ちゃま方、ご機嫌麗しゅうございます。

2月には立春があるとは申せ、まだまだ寒さが厳しゅうございますが、いかがお過ごしでしょうか。

1月にご用意しておりましたガレットデロワ。どのようなフェーブを手に入れられましたか?
季節ならではのお品ということでございますと、今月は恵方巻やチョコレートを思い浮かべる方もいらっしゃるかと存じます。

わたくし香川は2月というと、毎年特別な思いがよぎります。

お屋敷にてお嬢様にお仕えするようになった月。

緊張しつつも、纏うドアマンコートと蝶のバッジに誇りを感じたあの日。

いつになっても、どこでお仕えするようになっても、初心に立ち返ることの大切さをこの身に思い出させる期間が、わたくしにとっての2月であるように存じます。

まだまだ未熟者ではございますが、精いっぱいお仕えさせていただきたく存じます。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

それではまだ雪の残るところもあろうかと存じますが、お足元にはくれぐれもお気を付けて、お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 香川 — 12:30

2月はチョコの香り

司馬でございます。
皆様、お健やかにお過ごしでございますか?

まだまだ厳しい寒さも続いておりますが、“冬来たりなば、春遠からじ”という言葉もございます。
この先、日々わずかなりとも、陽光にぬくもりが戻っていくことでございましょう。
春の気配が実感できるまで、あとほんの少しご辛抱くださいませ。


2月といえば、バレンタインデー。
チョコレートに想いを込める日でございますね。
お嬢さま方、チョコレートはお好きですか?
私は、スイーツの中でもチョコレートが大のお気に入りでございます。
あの魅惑的な甘さと、ほろにがさ。
フルーツとの相性も抜群で、温かく溶かしても、また冷やした食感も良し。
まさに万能のお菓子ではないでしょうか。

近頃は、ストレス解消など、健康への効果などにも注目されておりまして、ハイ・カカオを謳った商品も、たいへん人気のようでございますね。
まだまだ寒いこの時季。穏やかな温かさを感じられるチョコレートを、大いにご賞味くださいませ。

もちろん、恋人への贈り物としても素敵でございますが、本来のバレンタインデーは恋心の告白に限らず、日ごろお世話になった方への感謝という意味合いが強いようでございます。
当家のパティシエや使用人達が、この季節にぴったりの様々なチョコレートをご用意しております。
贈り物にもたいへんふさわしいかと存じます。お嬢さま方のお役に、きっと立つことでございましょう。

チョコレートの香りと共に、素晴らしいバレンタインデーが訪れますように。


では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 15:00

2月

まだまだ寒うございますね。
八幡でございます。



私は毎年スケジュール帳を購入するのですがこの時期には全く意味を成さない物になっております。
ですので今年こそはしっかりと有効活用しようと気合いを入れてスケジュール帳を購入したのですが未だに1文字も文字を記入しておりません。
どうやら今年もスケジュール帳を使用しないで1年が終わってしまいそうです。



来年こそはしっかりとスケジュール帳を有効活用出来るようにしたいものです。




では本日は才木、佐々木、浪川とお酒をいただきに行ってまいりますので失礼させていただきます。






Filed under: 八幡 — 22:30

ひと時

影山でございます。


只今どの様な内容の日誌をお書きしようかと考えております。




そんな中


わたくしの真横で


美味しそうに隈川さんがご飯を食べています。

(more...)
Filed under: 影山 — 22:20

2月はやっぱり寒いです

ひざ小僧丸出しで駆け回る少年たちを目にし、果たしてわたくしにもそんな時期があったのだろうかと疑問を抱かざるを得ません。
寒いです。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 20:30

Cupid

2018年も早一ヶ月が過ぎ、幾分か世間も落ち着いて参りました。

早くも12周年のアニバーサリー期間が楽しみな能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



世間もお屋敷もバレンタイン一色に染まる季節でございますね。

私も幼き頃からチョコレートが大好きで、とても幸せな季節です。

特にブランデー入りのチョコにはずっと憧れを持っておりました。

大人になったら頂きたいなあ、と幼心に思ったものでございます。



さて。そんなバレンタインを彩る素敵なチョコレートデザート。

その名も、「Cupid―クピド―」。

今年もご用意しております使用人からのバレンタインプレゼント。

是非、その様々なチョコレートが織り成す雅をご体感下さいませ。



クピドをご用命の際、お土産に一粒のチョコレートをお渡し致します。

こちらの一粒チョコ、実は私がお選びしたワインが使用されています。

「オーパス・ワン」と申します、カリフォルニアを代表する赤ワイン。

世界中のワインの中でも最も有名だと言っても過言ではございません。



「オーパス・ワン」とは「作品番号1番」という意味を持ちます。

圧倒されるスケールで奏でられるメロディー、そして甘美な余韻。

幾重にも重なり合うシンフォニーに、心を奪われそうになります。

唯一無二のチョコレートが完成する。私の中で確信に変わりました。



贅沢極まる大人なチョコレートを是非ご別宅でお楽しみ下さいませ。

お味や見た目の感想も、ティーサロンにて沢山拝聴したく存じます。

どうか素敵なバレンタインデーのささやかな彩りとなれますように。

少し早うございますが、ハッピー・バレンタイン、お嬢様。



能見
Filed under: 能見 — 08:30