短い旅

短い三日間の旅「香港・マカオ」に行ってきました。お嬢様方は寒い毎日ですが、お元気でお過ごしでいらっしゃることと存じます。


今回の旅の目的は、若い時から行ってみたいと思っておりました、香港の夜景観賞でした。100万ドルの景色と言われていましたので、すごい期待でした。世界三番目との案内がありました、ヴィクトリアピーク(獅子亭展望台)。


藤堂は観光バスで行きましたが、電車があるようで、大勢の人が並んでいました。




夜景と言いましても高いビルがいっぱいで素朴な感じはしませんでした。


それに比べますと、北海道の函館は海に囲まれて、素朴感があり郷をそそります。藤堂が観た時は12月で雪が舞っていて、雪が止んだ間に見えた夜景は世界一だと思いました。

香港は地盤が強く、地震がないそうで、細くて高いビルが多いのに驚きました。面積も狭く、人口密度は高く、人も車もひしめいています。貧富の差も激しく、お金持ちの方は高台の林があるようなところに住んでいます。

オープントップバスに乗りました。上がオープンになっていて、雨天は無理だと思いますが、楽しゅうございました。

女人街散策をしました。男の街もあるそうですが、そちらには行きませんでした。ホテルは2泊とも香港で、ゴールドコーストホテルでした。旧正月は間近という事で、赤い提灯が飾られていました。街の中でもいろいろの装飾がされて、賑やかでした。




今回はホテルの食事はありませんでして、朝食から外のレストランでした。香港へ着いたのが、13時30分でしたので、昼食は機内でした。夕食は広東料理で「燕の巣」「フカヒレスープ」「アワビ」。とても美味でした。香港は香港ドルで、1ドルが15円でした。
添乗員は現地の人で、陳さんという中年の方で、日本語は上手でよく喋る人でした。ホテルではチップでは5ドル程度、枕元に置きました。それが相場だそうです。

2日目は朝7時45分の出発で、朝食は市内のレストランでアワビ入りの中華粥でした。香港の方は朝からレストランで食べられるのか、地元の方が多いのに驚きました。高速船でマカオ観光に行きました。案内は日本人でした。小太りで良く説明してくれました。聖ポール天主堂、セナド広場等、途中エッグタルトの試食もあり美味しかったです。


昼食はビュッフェでした。美味でした。
マカオタワー周辺散策でタワーから落下してくる人を見ました。凄いです。
マカオはカジノの街です。人口は65万人。ラスベガスを抜いて世界一だそうです。カジノに年間3200万人が訪れるそうです。

また、高速船で香港に帰りました。半日のマカオでした。夕食は北京ダック付きの北京料理でした。

夜景観賞の2日目は光と青のショーで素敵でした。目一杯の観光でホテルへは21時ごろに到着しました。

3日目は7時35分の出発で、香港スイーツの名店「糖朝」で、ワンタンメンとマンゴープリンの朝食でした。
北京市内観光で、黄大仙、金魚街に行きました。いろいろな金魚などがビニールの袋に入れられ、吊り下げてあり、たくさんの店があり金魚が好きな方にはたまらない街でした。

昼食は飲茶でした。今回の旅行の食事はとてもよかったです。

香港のお寺に行ったとき、干支がありましたが、なぜかイノシシがなく、代わりがブタでした。イノシシがあるのは日本だけとか?

香港と日本は一時間の時差があります。行きは5時間半でしたが、帰りは3時間半でした。3日間とも天候に恵まれた素敵な休日でした。


お嬢様方も是非出掛けてみて下さいませ。長々と綴りましたがこの辺で失礼致します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 17:00