小さい秋見つかるかな?

お嬢様、9月という事で季節は秋に入りましたね。

私ふと思ったのでございますが
どうして「〇〇の秋」という言葉があるのでございましょうね。
読書の秋、食欲の秋、等よく耳にしますが…
なぜそんなに秋に対して何かを求めているのでしょうかなぜ、〇〇の春や冬、夏はないのでしょうか


そんな疑問から調べてしまいました。

その答えは…


秋の平均気温は18度、そして天気も比較的穏やかで過ごしやすい気候にあり、さらには日が落ちるのも早くなる為家で過ごす時間が増え、物事に集中するのに適した季節であるからでそうでございます。
なるほど。
では、それを踏まえてお嬢様は何の秋となりますでしょうかね?


私の場合は、日が落ちる時間が早くなり自室での時間が増えますので…

作曲や編集に向き合う時間が出来て
「音楽の秋」となりますでしょうかね。


あ!でもこれは一年中の話でございました。ははは。

…では、またティーサロンでお会いいたしましょう。
百合野
Filed under: 百合野 — 22:00

ゆず蜜レアチーズケーキ

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

この度、大旦那様のお許しを得て、月半ばより吉川ケーキを提供させていただく運びと相成りました。
その名も『ゆず蜜レアチーズケーキ 』。

ウイスキーの肴としてチーズが合うのなら、チーズケーキも合うに違いない!という想いを込め、ウイスキーの香り豊かなレアチーズケーキに仕上げました。
そこに、私が年の半分は愛飲している柚子茶を合わせ、「柚子meatsレアチーズケーキ」という洒落を込めて命名いたしました。
柚子の酸味とレアチーズケーキとのマリアージュをお楽しみいただければと存じます。

デザートプレートとの組み合わせだと甘味が重くなりそうな気もいたしますので、ダイアナやダ・ヴィンチ、特にオイルパスタやボロネーズパスタとの相性がよろしいのではないかと思われます。
濃い味の食後にさっぱりとお召し上がりいただければ幸いです。
Filed under: 吉川 — 22:00

ニユーカレドニア

ティーサロンでは毎月お食事のご用意を変えてお出迎えしております。


今月のディナー。
天使のエビというものを取り寄せたようですね。


以前はたしか、永遠のエビであったでしょうか。


それにしても、今回の産地のニユーカレドニア。
耳にしたことはございましたが、どこにあるかを存じ上げませんでした。


これではお嬢様をエスコートできません。急ぎお調べ致しました。


場所は南半球。
オーストラリアの東、ニュージーランドの北、といったところでこざいましょうか。


おそらく時差はさほどございませんでしょうね。
南国!ではございますが、
先日の使用人の‼️オーストラリアレポートを見るに、コートがどうとか。


あ!でもこれからならちょうど春くらいの陽気でしょうかね。


え?もう行ったことがある?


あわわ、
ご別荘のリストに、、
入っておりましたね…。


失礼致しました。
では、懐かしの天使のエビ、
ぜひお楽しみ下さいませ!
お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 香川 — 22:00

長月

残暑去り難く暑い日が続いております。

お嬢様如何お過ごしでしょうか、乾でございます。
 
今月は中秋の名月・十五夜がございますね。
(今年は9月13日でございます)

文献によりますと、十五夜という風習は中国の唐の時代から行われており、そこから日本に伝わって来たもので、平安時代には美しい月を愛でるという文化として広まってまいりました。

その後、月の満ち欠などを見て農耕を行っていた農民達による収穫への感謝と豊作を祈るお祭りとして広まり、今のお月見の形が作られたとされております。

元々「十五夜」とは旧暦の毎月15日の夜の事で、つまり旧暦の1月から12月まで毎月十五夜がございますが、現在では一般的に中秋の名月の事を「十五夜」と呼んでおります。

中秋の名月とは旧暦の8月15日にでる月のことを指しており旧暦の秋は7月から9月でしたので中間の8月を中秋と呼んでいたためでございます。

また毎月ある十五夜のうち中秋の名月だけお月見をするのは、月がとても美しく見えお月見に適していたためとの事でございます。

さて、当家では「お月見」を口実にワインのコレクションを持ち寄る者や「丸けりゃ同じでしょ」と言いながらタコ焼きを作る者、何故かバーベキューを始める者などが好きな食材やお酒を持ちながらわらわらと山小屋に集まっているようでございます。

勿論、私もお月見を楽しみにしておりましたのでとっておきの日本酒を徳利に入れて山小屋へ向かう事としましょう。

どんな事があったかはお屋敷でお話し致しますね。

お嬢様のお帰りをお待ちしております。
Filed under: — 22:00

八幡でございます。
今月の日誌はお休みさせて頂きます。
では失礼致します。















もしこちらの日誌が許されるのなら毎月お休みいただくことになるかもしれませんね。













なんて冗談でございます。日誌を書き綴る事が大好きな私は毎月しっかり日誌を書き綴りますのでご安心下さいませ。
今回は秋について書き綴ることにいたしましょう。








秋と申しますと.............










色々ございますしとてもステキな季節でございますね。











以上、三日三晩考え抜いて渾身の日誌を書き綴っております八幡でございました。









そろそろお休みの日に料理でも作りたいですね!!!
せっかくなので使用人でも誘ってみましょうか!!!
Filed under: 八幡 — 22:00

隠し味

時間というものはいつも思ってる以上に早く過ぎていきます。
そんなことを思いながらまた回鍋肉を作っておりました。
最近は中華が好きです。
櫛方でございます。

本当に月日は早いもので私もこのサロンに立たせていただいてから半年が経ちました。
私自身まだまだ未熟ながらもどんどんと後輩も増えているので、
ちゃんとした背中を見せられるよう、自身を見つめ直している次第でございます。
秋の夕暮れは少々センチメンタルにさせがちでございますね。


かつての清少納言は枕草子に四季を綴っておりました。
「春はあけぼの…」
「夏は夜…」
「秋は夕暮れ…」
「冬はつとめて…」
どれもその季節はどの時間が一番趣深いのかというものでございますが、
今改めて読み直してみると全くもってその通りに感じます。
古典の勉強は苦手でございましたが、はるか昔から四季をこうも美しく捉えていたと考えると、
時間を飛び越えてとてもロマンが溢れますね。

お嬢様はどの季節が一番お好きでいらっしゃいますか?
私はこの秋が一番好きでございます。
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋…
何かにつけて色々な秋が広がっておりますが、
やはり私は食欲の秋…!
食べることに大いなる幸せを感じる私にはこの上ない好環境…!
(涼しくて過ごしやすいのも大きなポイントでございますが)

…お腹が空いてまいりましたね。

などと言いながら完成した回鍋肉をこれから頂くといたしましょう。
料理を完成させるための最後に欠かせないスパイスを。
それは空腹でございます。
実りのある秋になりますように…

いただきます。
Filed under: 櫛方 — 22:00

ヘルティーなるものを考えました

健康というものは永遠のテーマです。



毎日の食生活、睡眠、運動。

それらをバランス良く続けることが大切。



とはいえ、忙しいとついつい食事を抜いてしまったり。夜更かしをしてしまったり。ごろごろ、ぐーたら、惰眠をむさぼり、三年寝太郎になっていたり。



夏休みは、なにかと不健康になりがちだったのではないでしょうか?



お嬢様、夏バテにはお気をつけくださいませ。もうそろそろ秋ですが。



浅葱、ですか?

それはもう夏バテの真っ最中にございます。

もうそろそろ秋ですが。









今回ですが、そんな夏バテを吹き飛ばすような栄養満点の紅茶をご紹介致しましょう。





ずばり『ヘルティー』にございます!!





……ご存知ありませんか?

それもそのはずです。

浅葱が作った言葉ですから!!



ヘルティーとは、お野菜をふんだんに使ってビタミンやミネラルを補給できるヘルシーな紅茶のこと。



特に今回はトマト、きゅうり、ナスという夏野菜を使ってヘルティーを作ってみました!



『トマトヘルティー』

材料

・アッサム(パンダーバー)…5g

・お砂糖…小さじ3杯程度

・トマトジュース…50cc

・トマト…1個








『きゅうりヘルティー』

材料

・ヌワラエリア(ラピュータ)…5g

・きゅうり…1本

・蜂蜜…15cc








『なすヘルティー』

・ディンブラ(ランカー)…7g

・お砂糖…小さじ2杯

・ナス…1

・醤油…数滴








元気いっぱい! 浅葱にございます!!

美味しいかはさておき、飲めるようになるまで調整することは出来ました!

興味がありましたら、ぜひお試しくださいませ。浅葱は一切の責任を負い兼ねます。



ですが、やっぱり楽しいですね!

新しいことに挑戦するという夏の思い出。



お嬢様、この夏は如何にお過ごしなさったのでしょうか?

ティーサロンにてお聞かせくださいませ。





後日談ですが、浅葱が使用人達に変な紅茶を配り歩いていたとかで、こってりと怒られてしまいました。



やー、さいなんでした。

……まずくはないんですけれど。





浅葱
Filed under: 浅葱 — 22:00

恩返し

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。
日比野でございます。

早いもので私がティーサロンにやって来てから10カ月ほどが経とうとしております。
紅茶やお給仕のお勉強にはじまり
気が付けばドアマンをさせて頂けるようになり
とある使用人の見切り発車で初めてのカクテルデーを迎え
それがきっかけとなりブルームーンでバーテンダーを仰せつかり
ティーアドバイザーの資格を取得させて頂いたにもかかわらず
カクテルのお勉強が面白すぎて一向に紅茶のブレンドは進まず
お暇を頂いてはテーマパークをニヤニヤしながらひとりで巡り
常に究極に美味しいメロンソーダを追い求め
夜中は使用人寮で爪を磨くような日々を過ごしております。

休日に後輩たちを集めて勉強会を開いたこともございました。

自分でも驚くほど順風満帆な使用人生活
大旦那様の懐の深さと、尊敬してやまない先輩方、お優しいお嬢様方に囲まれ
日比野は今とても幸せでございます。

ですがこんな胡散臭い私にも
目の前が真っ暗になった日がございました。

私が「憧れ」を失ったあの日
もう私を叱るあの声も、笑顔で私に無茶をさせるあの声も聞こえない
私はどこへ向えば、何を目標にお給仕すればよいのか
何が正解で、何が不正解なのか

失ってから人は気付くのです
私は自ら何も生み出していなかったことに
大きな影に隠れて、何も見ようとも気づこうともしていなかったことに

私自身が自ら考え、美学を持たなくては

数日経って
答え探しの日々がはじまりました

そんな時、真っ先に手を差し述べてくださったのは古谷さんでした
私の話をたくさんただただ聞いてくださいました
古谷さんが思う使用人とは、お給仕について語ってくださいました
大丈夫、そのままつき進めと背中を押してくださいました
何より私を必要としてくださいました

感謝してもしきれません
そして前向きに周りを見渡してみれば
そこには私を必要としてくれるたくさんの笑顔がありました

時任執事にも何度もご飯に連れて行って頂きましたし
能見さんの前向きな笑顔にどれだけ救われたことでしょう
鹿野さんは今となっては同期のような大切な存在で
八幡さん、私あんなにお酒を頂いたのは初めてです
瑞沢さん、あなたはいつも熱い本当に熱い
こんな私を慕ってくれる後輩たち
他にもたくさんの使用人との絆や思い出が私にはあります

もう失ったものは数えません、今私にあるものを大切に
お嬢様方の素敵な笑顔を大切に

隈川さんの言葉が頭に響きます
ひびちゃんは難しく考えすぎ、目の前のひとを全員笑顔にすればいいんだよ

お嬢様が滞在される、私が担当したお時間の中で
一体何をお与えできるのか、意味ある時間にできるのか
私がいない時ですら、様々なことに興味を持ち楽しめるようになって頂きたい
理想の使用人になるためにはまだまだ知識経験人間力技術
何をとっても足りないことばかりです
本当に足りない

まずはファーストフットマンを目指し
これからも勉強の日々は続きます

「一緒にカクテルやらない?」
まさか古谷さんと一緒にカクテルデーを任せて頂けるなんて
必要として頂けるなんて

出来うる最良のサポートを
たくさんの感謝を込めたシェイクを
今の私が作れる最高の一杯を

恩返し

10日と24日
よろしくお願い致します!

なんだか重くなってしまいましたが笑
とっても美味しいカクテルをお作りしますので
お嬢様はいつもの素敵な笑顔で
どうぞお気軽にご帰宅くださいませ!
Filed under: 日比野 — 22:00

B

令和だよ!夏!!
第19回
盛りあがってまいりましょ~~BBQ会!









真夏の

猛暑日の

昼間から


開催してございます。佐々木でございます。


SPGの藤堂執事の体調が心配でしたが…

我々の はるか上をゆく

元気の良さでした!


お嬢様がBBQをされる際は

片手に日傘

片手に携帯扇風機

で、お仕え致します…



星川使用人が!

Filed under: 佐々木 — 22:00

ペンギンの秋

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木にございます。

この度9/1より、
再び大旦那様のお許しを頂き
ギフトショップにて、
ペンギンクッキーをご用意致します。

近頃のケーキやカクテルでは、
プレーンのものをご用意して参りましたが、
ギフトショップでご用意するものは変わらず
トマトチーズ味でございます。

ソルティーなトマトとナチュラルチーズのピザのような濃厚さが、
残暑を乗り切るにはピッタリでないでしょうか?
更に外見は可愛らしいペンギンですから、
一石二鳥ではないかと。(九枚入りです)

昨年は、私の紅茶ニルス・オーラヴのご用意が間に合いませんでしたが、
今年はペンギン合わせを存分にお楽しみくださいませ。

味わいとしても、
濃厚なクッキーとすっきりとしたニルスのバランスは
とってもよろしいのではないかと!

また元々お酒に合うお菓子をと思い、
考えたものでもございます。

例えば、ビール。
柑橘系のクラフトビールなどが良いかと。
定番のもので申しましたら、
神々しい麒麟の輝く一番のものなども
よろしいかと思います。
キリッとしたものよりは、多少丸みがあるものを。

例えばハイボール。
ハイボールというと庶民的なイメージですが、
そもそもウイスキーというものは、
加水などにより変化なども楽しめるもの。
いいハイボールは、いいバーテンに作らせるべき。
ちょうどよく親ペンギンがおりましたので、
お傍に控えさせましょう、なんなりと。

私としては、
バーボンウイスキーのハイボールでスッキリと召し上がって
頂きとうございます。

あとやはりワイン。
少し喉が渇く味ではありますので、
白の辛口のものがよろしいのではないかと。
赤でしたらライト~ミディアム寄りのものが
よろしいと存じます。

多種多様なマリアージュがございます。
是非お楽しみくださいませ。

あとペンギンですからね!
いっぱい並べて! いっぱい可愛いのも楽しいですよ!
食品ですので、
油断は禁物でございますが……。

ようやく夏も過ぎ、秋。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋……。
何に耽けるにも良い季節です。
喧騒から離れまして、ゆっくりと。

落ち着けるモダンジャズをお掛けして、
私のオススメの一冊をご用意して。
書庫にてお待ち申し上げております。

才木
Filed under: 才木 — 22:00