夏の終わり、秋の十割。

晩夏から初秋と申しますと新そばの季節でございますので
私も季節の恵みのお裾分けを頂きたく新そばを頂戴して参りました。
新そばはみずみずしく、色合いも清らかで若々しく美しうございます。
お茶で申しますとファーストフラッシュのクオリティシーズンに近うございましょうか。

このたび頂いた新そばのせいろに関してもやはり清らかな肌の色合いに、途切れることなくしっかりと長く均一に細く。
綺麗に四辺揃った繊細な断面、そしてせいろなら由来からしておよそ十割でしょうかしっかりとした強いコシのある食感。
おおよそ艶やかに美しく素晴らしい仕上がりのおそばでございました。

このたびは天丼も共に頂きまして瑞々しく引き締まった身の海老も美味しうございましたが季節野菜だけあってか肉厚のピーマンが私は特に美味しく感じられました。

蛇足ですが先月、俳句の日にてお配りする恒例の句を認めさせていただき大変光栄に存じてございます。
私の本分といたしましては本来なら作品の解説など無粋かと存じる次第ですがこのたびはせっかくなので少々ご紹介させていただければ、と存じます。

鞠咲きて 彼方届けや 遠花火

鞠咲きての上五は
花火の開く前の尺玉を見立てて表した比喩の意味と七月の季語にございます梶鞠を連想させる意図でございます

彼方届けやの中七は
ありきたりで
言うまでもなく遠くの彼方と
ここに居ない彼方を掛けて
詠み手の主観とともに
あわよくば花火を上げた職人の熱量のある気概を感じて彼らの心情の賑やかさとお祭りの喧騒を下五の遠花火の静寂の対比として
読み方によって深みを感じられれば面白いかなと意図いたしました

遠花火の下五は
季語の体言止め
上五の咲きてから植物を連想させ華やかで雅な鞠から煌びやかな花火が開花する情景的な描写と
種の花開く経過する時間の描写に重ねて
七月の季語を暗に込めた鞠と
八月の季語の遠花火にて上五と下五の間にひと夏という時間の経過を思わせる意図がございました。

解説などなくしても一見して伝わるもののある偉大なる歴史的な名句には遠く及ばず

様々考えを巡らせたつもりですが私の思う良い句では到底無いように思われて自分の未熟さを恥じ入るばかりの稚拙な出来でございますが
園田よりも良い句をつくることなど容易だから見ていなさいといったような心意気にてこの夏、俳句を認めていただくきっかけ程度にでもなればそれほど幸せなことはございません。
夏の終わり、芸術の秋。

少し句に寄り添いお過ごしなさるのもよろしうかと存じますがいかがでしょう。
Filed under: 園田 — 22:00

八月十九日は“819”の日

司馬でございます。皆様、お健やかにお過ごしでございますか?

毎年、同じようなことを申し上げておりますが、今年は梅雨が長かったせいもあり、不意にやってきた真夏の暑さが、殊に厳しく感じられるようでございます。やせ我慢などはどなたも得をいたしません。水分補給はしっかりとなさって、毎日のお食事は充分に。夜遊びもほどほどになさいまして、規則正しい就寝時間を守るよう、重々ご自愛くださいませ。

とは申し上げましたが、真夏の夜に庭園などをそぞろ歩くのは、なかなかに魅力的でございます。冬の星のような冴え冴えとした輝きはございませんが、白昼の暑さから解放され、木立の間を通る夜風にあたりながら、煌々とした月明かりを見上げておりますと、私のような不粋者でも、なにか詩情のようなものが湧いて出ることもございます。

たまには、一句でもしたためてみましょうか。う~ん。なかなかすぐには浮かばないものでございますね。あらためて思い浮かびましたら、近々にご披露の機会もあるかと存じます。その時は、司馬の下手の横好きな一句、笑ってご鑑賞いただければ幸いでございます。


では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 22:00

尋ね犬

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。

少し長い梅雨も明け、気が滅入るような暑さが訪れてしまいましたね…


ところで私の別宅にて飼っている如月の姿を見かけてはおりませんか?

ふむ、左様でございますか。一体どこへ…屋敷へ迷い込み、こちらの方へ向かって行った様子を田吾作が見たようなのですが…私は裏山へ探しに行ってまいります。


ーー如月の特徴でございますか?パティシエに伝えておりますので"人相書き"ならぬ"犬相菓し"
を近くご覧にいれられるかと存じます。当家のパティシエの腕は卓越されておりますので、可愛らしさを一目、一口でお分かりいただけるかと。

愛らしい瞳、芳醇なチョコクリーム、スッキリとした後味を楽しめるイチゴジャム…
やはり一旦食堂を確認しておきましょう。そちらに向かった可能性もございますからね。


ではまた後ほど。
Filed under: 高垣 — 22:00

青い鳥に馳せた思い

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
羽瀬でございます。


暑さも盛りを迎え、汗ばむ額、崩れる前髪季節でございますね、、、
私も裏山での執務が大変で大変で。。

そんな夏は、私が考案致しました、『青い鳥のアイス』をティーサロンまで召し上がりにいらしてください!

青い鳥のお話、お嬢様方はご存知でございますか?

クリスマス前夜、
魔法使いの言いつけで幸せの青い鳥を探しに行く兄妹。
妖精の導きでいろいろな世界へ探しに行くものの、
すぐに消えたり、死んでしまったり。

母の声でクリスマスの朝を迎えたと知る兄妹。
とうとう捕まえられなかったのだと思ったその時、
鳥籠の中に青い羽根が。


色々な見解はございますが、
幸せとは気づかないような身近にあると言うことを示唆する、なんとも深いお話なのでございます。

お嬢様方にとって身近な
『御屋敷』が、
『幸せの在処』になれば、
私は嬉しゅうございますね、、、


暑い日に食べるアイスは
間違いなく至極のひとときだとは
存じますけども!笑


深い話ではあるものの、
見た目は大変可愛らしいアイスに
仕上がっているかと存じますので、
ぜひ、お召し上がりくださいませ!!


さて、私は裏山へと、少々青い鳥を探しに参りましょうかね。
お嬢様も興味があれば、
双眼鏡と籠を用意して、
お待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 22:00

暑いのはとても苦手でございます。
庭が濡れていて燕尾服だけそこに残っていましたら、
きっとそれは溶けた私でございます。
いかがお過ごしでございますか?
櫛方でございます。

やっと梅雨明けいたしましたね。
もっとカラッと夏らしい陽気になるのかなぁと思いきやまだ少しジメジメとしておりますね。
熱中症予防として塩タブレットは常備しておくことをおすすめ致します。
塩分は本当に大事…と、鹿野も口癖のように言っておりましたので。

さて、これからは夏らしい催し物も真っ盛りでございます。
夏の風物詩といえばお祭り。
お嬢様はお祭りはお好きでございますか?
各地で行われる伝統的なお祭りに赴くのが、実は私とても好きでございます。
(人混みは苦手でございますが…)
水風船に狐のお面、浴衣の片手にりんご飴。
かすかに聞こえる音頭の旋律、合わせて揺れる赤い提灯。
どこを切り取っても私の心をくすぐってまいります。
それこそ御輿を担いだことはまだございませんが、
(道中配られるお菓子やパンを目当てに)幼い頃は山車などを引っ張っていたのを今でも覚えております。

お祭りの屋台もとても魅力的でございますよね。
今考えると昔は、射的や宝くじやスーパーボールすくいなどで"遊ぶ祭り"でしたが、
体が大きくなるにつれ、だんだん"食べる祭り"になっていく現象の名前は一体何なんでしょうか。
これが"大人の階段"というものなのでしょうか?

そういうお祭りの思い出一つ一つが心の奥底に根付いているせいか、
和風なものにとても心惹かれてしまいます。
もしかしたら昔ながらの「ぱあていぴいぽう」なのかもしれませんね。
てやんでい。
Filed under: 櫛方 — 22:00

古谷でございます

日に日に激しさを増す真夏の灼熱の如く燃え盛る炎。






それは奇跡とも運命の悪戯ともどちらともとれる。あまりにも魅惑的すぎた大自然の恩恵を、わたし達は授かったのです。


古の文明を襲った一夜の災厄とも云える出来事から。






「Agave Azul」
北米の地にアステカの時代より自生するこの植物が一夜の山火事によって燃え、焦げた樹液の蜜がら生まれたその甘美。








今日に至るまで、わたし達を時に心地良く、時に酩酊させ狂わせる。







今宵、そのグラスに注がれる美酒は
「Tequila」









古谷
Filed under: 古谷 — 00:30

燕楽会

お嬢様、9月6日に燕楽会という催し事を致します。
燕楽会とは何?というお嬢様の為に簡単に説明致しますと三人のフットマンがそれぞれのアイデアで自由に構築したパーティーでございます。今回は私百合野主導のもと、瑞沢、桐島と共にお送りさせていただく運びとなりました。

少しだけこの三人になった経緯をお話ししますと…

それは瑞沢と歌の練習をしている時、私が感じた事がございました。彼の歌への想いはとても実直で、今より素敵な歌声の可能性を秘めている…と。

しかしながら歌劇団ではダンサーとしての任務を仰せつかっている瑞沢。歌を歌う機会は限られてございます。

そんな中この燕楽会のお誘いを大旦那様から頂戴致しました。

これはなんというタイミング!これで自由なステージを作り彼のポテンシャルをたくさん引き出せないだろうか。そしてそれによりいつもとは違った楽しみをきっと作る事ができる、と閃きました。

ですが、もう一人のメンバーに関してしばらく悩みました。瑞沢とのマッチング、会の雰囲気を更に広げられるフットマン。
なかなか見つかりませんでした。
誰か居ないかな…と考えていた時。いつしか交わした桐島との会話を思い出しました。
「いつか一緒に面白い催し事をしてみたいですね」
それは私がカウントダウンパーティーでの桐島の出し物を見たがっていた時に交わした何気ない言葉。
桐島なら会を穏やかな雰囲気にしてくれ、瑞沢とも色々な可能性を広げられるかもしれない。そんな風に思いこの三人での会が決まりました。

まだ詳しい事はお伝え出来ませんが、とても穏やかな雰囲気かつ楽しい会になる事は間違いございません。是非パーティーでお会い出来ることを楽しみにしております。
Filed under: 百合野 — 22:00

8月

今月の初めに隈川、浅葱、佐々木、才木、星川、御茶ノ水と一緒にバーベキューをさせていただきました。







藤堂執事もいらっしゃいましたのでその日の感想はきっと藤堂執事が嬉しそうにお話しして下さると存じますので是非バーベキューの話を藤堂執事に聞いてみてくださいませ。






私は他の使用人達にお肉でお腹が満たされていたのにもかかわらず特大なマシュマロを何個も沢山食べさせられたので今になってもとても恨んでおります。







まあたまにはこのような1日もいいでしょう。
では私は昔からとてもとても大好きなメロンをいただきますので失礼いたします。






Filed under: 八幡 — 22:00

お屋敷の雑学/肆

敬愛せしお嬢様へ
深緑に染まった樹々の葉を、眩しい陽光が燦々と照らす、本格的な夏がやってまいりましたね。
こんな時期の朝食や間食には果実を採られると良いようでございます。
こと、柑橘系の果実は効率よく体温を下げてくれますので、暑さに辟易とする午後などはよく冷やしたグレープフルーツなどいかがでしょう。


さて、お屋敷の雑学としてときどき、今さら聞けぬお屋敷の細かな蘊蓄をお届けしておりますが、今宵は「ページボーイ」のお話でございます。

お屋敷においては、黒シャツに黒ベストの軽装な装いにて希にサロンへ出現し、お嬢様方のお化粧室へのエスコートを担当する使用人見習いのことをページボーイと称しております。
フットマン候補としての勉学を納め、いよいよフットマンとしてのお勤めを許していただく直前の実務研修のようなものでございますため期間は短く、意外と当館においても「レア」な光景でございます。
「ページボーイ」を見掛けましたらぜひ激励のお言葉など頂けましたら、それはもう彼らの励みとなりましょうが、彼らはまだ名乗りを許されておりません上に、憧れのお嬢様にお声を頂くなどさぞ緊張することでございましょうから、不調法などございましたら何卒ご寛恕くださいませ。

さて、そんなページボーイでございますが、中世欧州などのお屋敷におきましてはもう少し年少の存在となってまいります。おおよそ14歳ほどから、幼きものは7,8歳ほどでございまして。執事やフットマンの指導のもと小間使いやメッセンジャー等を勤めながら、貴族社会のマナーや紳士に必要な知識を学んでいた子供たちでございます。

その多くは、他のお屋敷の貴族子弟たちであり、彼らの多くはこのように、より格上の貴族の邸宅に預けられ使用人として勤めながら貴族社会を学んでいくのが通例でございました。
ページボーイだけでなく、いつか家門を継ぐその日まで、ときにはフットマンとなっても仕え続ける子弟も多かったようでございます。

さらにその歴史を遡っていきますと、騎士見習いの子供たちのことをペイジと呼んでいたようでございまして、戦の際には騎士の後ろから騎兵槍や長弓、戦鎚などを弁慶のように束に背負って従軍し、主たる騎士に状況によって必要な武具を素早く手渡す、なんて役割を担っていた時代もあったようでございますね。

何だか粗暴な事例になってしまいましたが、現代において見られるページボーイは当家の他には、すっかり戦とは真逆なことに、結婚式などにおいて新郎新婦を先導したり、ドレスの裾を持ってあげたりする子供たちのことを指すようでございます。

役柄の言葉ひとつとっても多彩なバックストーリーがあるもので、ついつい脱線が過ぎてしまいましたが。
お嬢様のお役に立てるその日を夢見て今日もお屋敷のどこかで頑張っているページボーイたちが、いつかお嬢様にお目見え叶いますよう。どうか願ってやってくださいませ。
Filed under: 時任 — 22:00

夏空

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お坊っちゃま。





夏到来とはこの事と思うようなお天気が続いてございますね。



夏の日差しと急な豪雨には雨、日傘兼用の傘を持ち歩いてお出かけになるのが宜しいかと存じます。





私夏の夜の匂いがすごく好きでございまして、毎日のように夜は空を見ながら散歩をしてございます。







今月の13日前後にはペルセウス座流星群がお空に見えるとの事でございますが、ちょうど満月の時期と被るという事でございますので、ほんのひと時しか見る事が叶わなさそうでございますね。雨が降らないといいのですが。







散歩帰りで身体も火照っているのでノンカフェインのアイスティーでも頂こうと思っていたのですが、別の飲み物を持ってきてくださった先輩方がいらしましたので、そちらを頂くことにいたしましょう。



おや、一緒にあるのはきゅうりのお漬物でございますか。



では私はナスのおひたしでも用意いたしましょうか。





8月でございますからね。



それでは失礼致します。





星川
Filed under: 星川 — 22:00