お屋敷の雑学/参

敬愛せしお嬢様へ。
六月も既に終盤となり、今年も折り返しが近付いております。
月日の進む速さにはいつも驚くばかりでございます。
梅雨も間もなく明けましょうが、急な雷雨なども多うございましょうから、
口煩うございますが、ご面倒でも何卒、お傘はお持ち頂くようにお願い申し上げます。

さて、近々の日誌では『お屋敷の雑学』と称しまして、今さら聞くに聞けぬようなお屋敷ならではの雑学をお届けしておりますが、、、今回は「役職」のお話をお届けさせて頂きます。

使用人達の中には様々な役職を頂いておる者たちがおります。
私め時任や、椎名らが拝命しております「ハウススチュワード」。
伊織、水瀬や能見が拝命しております「セカンドスチュワード」。
大河内や香川、金澤が拝命しております「グルームオブチェインバー」。
そして、環や百合野、隈川が拝命しております「ファーストフットマン」等でございますね。

これらのお役目を頂く者は、役目に応じた色の宝石をあつらえたピンバッジを賜り、その輝きに恥じることなき働きを行なえるよう努めておりますが、
さて、具体的に其々の役割がどのようなものでしょうか。
その名のモチーフである中世欧州に於いての史実と、実際の当館での勤めの双方について、簡単にでございますが綴らせて頂きます。

「ハウススチュワード」とは、中世欧州においては『主人の命により「別館」や「城塞」などの管理を任された使用人』でございました。
多くの領館を持つ主人に代わって、その屋敷の全権を担う「代官」と言うべき者でございます。
なお、館のみならず領地ごと任される場合もございまして、その場合は「ランドスチュワード」と呼ばれるのだそうでございます。
当館swallowtailの場合は、多忙な大旦那様に代わり、お屋敷の使用人達を取りまとめる役割を担っております故
明確な権限を賜っているわけではございませんが、料飲や歌劇など各方面に経験を積みたる者たちが、次代の使用人達の支えとなるべく務めさせて頂いております。

「セカンドスチュワード」とは、大旦那様、もしくはハウススチュワードの補助を任じられたフットマンであり、トップ直属のフットマンとして実働する使用人達の実的な指導を行なう役割でございます。
当館におきましても、使用人達の指揮者として日々のお給仕や催しごとの指揮を陣頭に立って行っております。

「グルームオブチェインバー」。正直これが一番よくわからない所かと思います。
当館の某チェインバーも、問うてみたらよく分かってなかったという噂もございます。
直訳すると「客室警備係」。中世におきましては、客人の付き人や調度品の管理などを務める使用人でございましたが、
実は必要性がほぼ無い役職であり、この「グルームオブチェインバー」を設けているお屋敷もそう多くなかった様でございます。
逆に「グルームオブチェインバー」が存在しているという事自体が、そのお屋敷の財力や由緒正しさを誇示する一種のステータスとなっていた様でございまして、それゆえにこの役職に選抜される使用人とは対外的な役割を担うことが多く、最も作法や美麗さや知識に長けたものが任じられておりました。
当館においても「グルームオブチェインバー」とは多彩な技能と経験に長けた者が選抜され、様々な状況に柔軟に対応できるサポート役を担うと共に、使用人達の規範となるべく務めております。

「ファーストフットマン」は古来も現在も変わらず、自身もフットマンであると同時にフットマン達の教師となる存在です。
ちなみに時任も10年前はフットマンでございましたが、その時の私の教師は環でございました。
未だに環と相対した時は、どこか「先生」に相対するときの緊張感が微妙に残っております。

などなど、多彩な名のお役目を各自最善を尽くして務めさせて頂いております。
お嬢様方も、何かお困りのことがございます時に、胸に宝石を戴く使用人がおりましたら、何なりと頼ってやってくださいませ。







・・・ん?
「メートルドヴァンドール」?

あ、いや、もちろん知ってますよ。知ってますけど、、、、
、、、、ちょっと調べておきますね。はい。
Filed under: 時任 — 22:00

好奇心をもって

椎名でございます。
梅雨に入り、ジメジメとした日々が続いておりますが、いかがお過ごしでございましょうか。
心なしか近年の雨は大粒で、降り方も強い傾向にあるなと感じております。
足元が大きな水たまりになっている事も多いのでお出かけの際は十分お気をつけ下さいませ。

さて、先日はお屋敷にて藤堂執事のお誕生日会が行われました。
お嬢様に囲まれ、藤堂も幸せであった事と存じます。
改めまして、私からも御礼申し上げます。

そんな会の最中、藤堂執事との思い出エピソードをご紹介する機会がございまして、
いつも藤堂執事とお土産の送り合いをしているのだという話題に触れ、その際に以前藤堂から頂いた「謎の土」についてお話しを致しました。

お茶、なのですがその見てくれから少し飲むのに戸惑い自室でディスプレイと化しているのですが、良い機会ですのでもう少し掘り下げて確認してみることにいたしました。

見た目はご覧の通りでございます。




なんと申しましょうか、ほとんど畑の土でございます。
しかしながら、こちらはお茶でございまして、とても健康に良いという代物なのです。
私の体をお気遣い下さる藤堂執事からの贈り物。
土などと言ってごめんなさい。

裏にはお茶の解説が。
なになに・・・
正式名称「チャ―ガ」和名では(カバノアナタケ)というサルノコシカケに属するキノコの一種だそうです。
主に寒い地域で白樺の木に出来るようで、最終的には宿主となる白樺の木の全ての養分を奪い取り枯らしてしまため「白樺のガン」と言われていたとの事。
凄い生命力ですね、
しかし、近年チャ―ガに含まれる成分に高い健康効果があると判明し、今では森のダイヤモンド等と称されるそうです。

さて、気になるその効果ですが、
抗がん効果や、アレルギー反応の抑制効果に血圧抑制などなど・・・
藤堂執事、高齢化する椎名の体を気遣って下さりこんな素敵なものをくださったのですね。

淹れ方は一般的なハーブティーなどと同じく、バッグに入れお湯で蒸らせばよいだけです。
実は味も、その見た目に反してすっきりと飲みやすく、むしろクセの無いお味に、香りはほぼ無臭に近いものでございました。
良薬口に苦しとは言いますが、これならば習慣的に飲むのも苦ではなさそうです。


さて今回は、ディスプレイと化していたチャ―ガというお茶に関してでございました。
いけませんね。
何事も怖がらずに好奇心をもって調べなければ・・・
反省でございます。

お嬢様も私の様に、蓋をしてしまっている事柄はございませんか?
一歩踏み込んで知ってみれば、とても素敵な出会いがあるやもしれませんよ。

それではまた。
Filed under: 椎名 — 22:00

ご存知でしたか?

八幡でございます。
6月でございますので夏服の期間が始まりました。
やはり、夏服を身に纏うとやはり夏を実感いたしまして非常に気分も高揚致しますね。



いや..........




やはり、このような文章を夏服を身に纏いながら書き綴ってみましたが、暑いのが嫌いなので全然高揚致しませんでした。







こんな日にはパティシエにかき氷でも作ってもらいましょうか。





Filed under: 八幡 — 22:00

シトロン

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます、
才木にございます。

かねてから申し上げておりましたが、
私は世界史が趣味の一つでございます。

日本史という、島国の文化との違いという面で申しますと、
やはり文化の起こり、国の現れ、そして滅んでいく様。
広大なロマンという点が引かれるところにございます。

夏というところで、
何となく思い出しますのが、
イギリスWedgwoodのカップ、
「シトロン」にございます。

シトロンは名前の通り、
正確に言うと違うものではありますが、
レモンを描いたカップでございます。

そもそもWedgwood自体が、実の所、
古代ギリシャやローマをイメージしたものであるそうで、
特にこのシトロンには、
古代ギリシャに加え、オリエント文化の潮流があるように感じます。

爽やかなブルーのお色も、
これからの暑い季節を
清涼感をもってお過ごし頂くのには、ぴったりのカップかと存じます。
私としても、夏は様々なバカンスの季節ではあるものの、
過ごしにくいものであると感じております。
ですので、せめてティーセットの上では涼やかに感じて頂き、
夏の楽しみにして頂きたいと思うのです。

梅雨に関してもそうですが、
こういった季節には対処療法的に
素晴らしいと思えるものを置いて頂くのが、
気持ちよく過ごして頂けるコツです。
紫陽花や五月雨、美しく華やかな表現が沢山ございますからね。
皆様なりの楽しみ方を
見つけてくださりますと、
使用人としては申し上げることはありません。

やはり、皆様が元気よくお過ごし頂くのが最良です。
ご提案もございますが、
皆様は皆様なりに、楽しく落ち着いてお過ごしください。

良い夏を。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

少し冷めたパン

暑くなってまいりました。


私は暑さに負けないように最近はお肉を頂戴するようにしております。

お嬢様は何か夏バテ対策はされておりますか?

私はなるべくお肉を頂戴するように心がけております。
赤身のお肉は代謝を促進し、ダイエットにも良いとされております上、夏バテ防止にもなりますので、お勧めでございます。


お肉は太る。
そんなイメージもございましたが、赤身のお肉でございましたら他の食べ物よりもその心配は低うございます。

特にお肉を優先的に先に召し上がっていただきますと、血糖値の上昇を抑えられるのでよりダイエット効果が望めるそうでございます。


…は!

夏バテの話からダイエットの話に切り替わってしまいました…。


食べたいものを食べる事が健康の秘訣という方もいらっしゃるので、その辺りは個人差がありそうでございますが、お身体の為にもなるべく朝食はたくさん召し上がってくださいませ。

心配性の百合野からのお願いでございます。


おや…。
こんな所に手をつけていないパンが。

お嬢様…?

まさか、朝食を抜いた。
なんて事はございませんよね?
Filed under: 百合野 — 22:00

ヒューリスティック・シティ

「一緒にお給仕じゃないですか。今日も楽しくなりそうですね!」


いつもの言葉ですが、何だかいつものように聞こえなくなっております。


不思議なもので本当にいるといつもより楽しく感じました、感性が近いせいかお互いが楽しい事はお互いに楽しく、相性が良いというのはこういう事なのかなぁと存じました。


よくご飯を一緒に食べて他人が聞いたら馬鹿じゃない?みたいな話も致しました。


少し大きくなると、相撲取りますか?とか桐島ぶ…間違えました桐島さん!とかいじってきましたね。仕返し今でも考えております。


痩せた時は心配されましたし、落ち込んでた時は時は凄く心配されました。あの時は感謝しております。






なにが言いたいのかと申しますと。




寂しいという事でございます。





実は嘘でした!といつもの様にならないかなぁと思っておりますが様々話を聞いておりましたので、そうはならないともわかっております、それでも寂しいものですね。



だけども時というのは止まらないもので、刻々と過ぎております。



いや、今はそういう事を考えるべきではございませんね。


ここは彼がいつも私に言ってる事を一番に考えようかと存じます。



楽しむ事







フ、フ、フ。

今日も楽しもうじゃないか胡桃沢くん!






どうかその日まで。お嬢様方も我々と一緒に楽しんでくださいませ。





Filed under: 桐島 — 22:00

Happy Birthday♪2019

さあ!お嬢様、お坊ちゃま、わたくし金澤がハイっと言いましたら声高らかに歌いましょう!

金澤「ハイっ!」

(more...)
Filed under: 金澤 — 09:00

暑いこの季節

ご機嫌麗しゅうございます。
この季節がやってきてしまいました、灼熱のこの時期、最近は気温の変化がおかしく5月後半から暑い日々が続いておりますがいかがお過ごしでございましょう。
溶けてしまいそうな平山でございます。


毎年この時期は日差し、湿気、気温様々なものとの戦いでございますね。
とうとう日差しに耐えられなくなった平山は、今年から日傘を使用することに致しました。
単純な暑さ対策だけでなく日焼けをしないための対策です。
お嬢様の日傘もしっかり用意しておきますのでね。
眩しいと感じる空模様だと使用した方がようございます。


さて、暑さに耐えられないのでちょっとチョコミントアイスでもいただくことにします。
この時期は無理をなさらないようにしてくださいませ。



平山
Filed under: 平山 — 22:00

歌うたいの

お嬢様方ご機嫌麗しゅうございます、緑川でございます


先日、古くからの歌うたいの友人がライブに出るというので久しぶりにライブハウスへ足を運んでみました


そこは地下が会場だったのですが、不思議ですね


外は何の変哲もない住宅地でございますのに、階段を降りて行くと世界に他にない雰囲気といいますか、空気といいますか…そういったものが私を包み込んでくれるのでございます


都会の喧騒を忘れさせてくれるようなそんな場でございました


少し薄暗い中、ロウソクの火や照明も加わり


ギターの音色に惹きつけられつつ素敵な歌の余韻に浸らせていただきました


お屋敷もそんな場所であり続けとうございますね、改めてそう思った次第でございます


では、またティーサロンにてお待ちしております


緑川


Filed under: 緑川 — 22:00

スープ缶の中には

このたびの趣旨は思考実験に近い内容にて少し好みが分かれるかもしれません。
ご関心の向きがございましたら、
ご拝読賜ればと存じます。

かつて、たくさんのスープ缶を描いたとある芸術家がおりました。
以前、季節のデザートとしてお出ししておりましたニコの由来でもございます人物。

アンディーウォーホル。
彼の代表作と申しますと何を置いてもやはりスープ缶のポップアートかと存じます。

近頃、かのアートに思いを馳せる事がままございます。

近代は情報を共有する術が大変豊富に存在する時代でございます。
ウォーホルはこの近代の現象に関しても正確に言及しており。曰く、
「誰もが15分以内に有名になれる、そんな時代が来るだろう。」と。
情報が拡散しやすく
多くの方が共通の情報に触れる現代。
その結果、思考の画一化が生じているように感じます。

ウォーホルがこの絵を描いた意図は近代社会の大量消費に対する風刺とされる意見が見受けられます。
ウォーホル自身毎日このスープ缶を食しており身近なものを描いただけとの見方もありますが。

いずれにせよ十分に思考の余地のあるといった意味合いで大変素晴らしい作品かと存じます。
ところでこのスープ缶、中に何が入っているか、考えたことはおありでしょうか。
スープ缶なのだからスープが入っていて然るべきですが。
仮定として他の物の入っている可能性を思考することも面白味があるかと存じます。

多くの方の想像よりかのアートの実寸は思いのほか大きく感じられるかと存じます。
51cm×41cm、いかがでしょう、
これほどの大きさのスープ缶なら美味しくいただいた後も様々な物を入れられるように思われませんでしょうか。
あるいはそれが缶を開ける前であっても。

シュレディンガーの猫さながらカンバスに描かれたスープ缶を開ける術などないのですから。

水槽の脳という思考実験はご存知でしょうか。
私はかように考えます。
缶の中にはヒトの脳が入っていると。
私には前述した拡散される情報や画一化された思考そのものがさながら整然に並べられたスープ缶のように思われるのです。
整然に並べられたスープ缶の中で思考する脳。
その様子はさながら並び立つビル群が社会を形成するように。
他愛ない戯言でございます。

スープ缶の中に何が入っているか、お考えになるのもいかがでしょう。
Filed under: 園田 — 22:00