祭りの余韻と雨音

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
羽瀬でございます。

5月に行われました、『Primavera Carnival』にご参加されたお嬢様、いかがでございましたでしょうか?
私も初参加のイベントということで、
何をすればいいのか右往左往する場面もございましたが、
気がつけば、お食事の感想や、日々の給仕のことについて、私が務めたティラミスにいらっしゃっていただけたり、真実の口を楽しんだりと、
充実した時間を過ごすことができておりました。
これも、周りの使用人やお嬢様方のお陰でございますね!
大変ありがとうございました、、、

この素敵な時間を胸に、さらに給仕に磨きをかけ、次に催し事に参加する際には一回り成長した姿で臨みたいと存じます!まだまだ感想など、ティーサロンでお聞きできるのを楽しみにしておりますね!
鏡を見たら、羽瀬の髪型を思い出してしまうかもしれませんが、ご容赦くださいませ、、、笑

そして、月が変わりまして梅雨の季節でございます。
雨が多いのは自然にとっては恵、しかし、私の髪型にとっては天敵でございます。。
いつも以上に気を引き締めて、整えなくては!

裏山の美化も、雨が降ると大変ですが、こういう時は、山小屋に籠り、雨音を聞きながら紅茶やお酒の勉強をするのも風流でございますね。
動物たちと会えない裏山は少し寂しゅうございますが。。

梅雨が明けたら、そろそろ夏の天体が素敵な季節でございます。
天体観測などはいかがでございましょう?

その際は、夜食と望遠鏡を用意してお待ちしておりますね!
それでは、また。

Will

暦の上では本日より水無月。雨天が続く毎日が予想されます。

合羽より先に傘を新調すべきだったと反省中の能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

早速のご報告となってしまい、大変恐縮で忍びのうございますが、

私、能見は6月1日を以て、セカンドスチュワードに着任致します。

先日大旦那様より、紅色に輝くルビーを頂戴いたしました。

連月のようなご報告となり、驚かせてしまったかも知れません。

あっという間ではありましたが、翡翠の石とはお別れでございます。

まだまだ輝き放つ宝石でありますので、グルームオブチェインバーを

次に目指す使用人の為に、執務机の中で保管しておこうと存じます。

早くその日が来ることを願って。エメラルドと共に待っております。

これからは左胸の紅玉「ルビー」と共に歩むことになりました。

ピジョン・ブラッド色のルージュのような輝きを拝見いたしますと、

在りし日のCoteaux-Champenoisのグラスを思い出します。

屋敷の誇りを、そして伝統を胸に、改めて背筋が伸びる思いです。

昨夜は沢山の書籍と格闘しており、随分遅くに自室に戻りました。

湿度のある風を感じます。もうすぐ、私が大好きな夏が到来します。

今年の夏は、一体どんな思い出を一緒にお作り出来ますでしょうか。

新時代になって初めての夏休み。とても楽しみでございますね。

お嬢様、お坊ちゃまと、そして個性溢れる使用人たちで紡ぐ物語。

これからもよろしくお願い致します。

お早いお帰りをお待ちしております。

能見