Ace of Hearts

Ace of Hearts――ハートのエース

2月2日に数量限定でご用意する紅茶の名前です。
バレンタインデーを有するこの2月に、デッキの中から一番大きなハートを引き当ててお嬢様にお贈りいたします。





この2月からは、しばらく姿を消しておりました紅茶「アルジャーノン」も復活を果たします。
よりカクテルのカシスオレンジのイメージに近づけるようにと、能見とともに改良を重ねてまいりましたフレーバーティーでございます。

ぜひとも、その華やかさと奥行きを感じさせる甘い香り、深みを増した紅茶としての味わいをお楽しみ下さい。
ティーサロンのみならず、もちろんギフトショップでのお取り扱いもございます。どうぞ別宅にもご用意くださいませ。


わたくしからは2月21日にエクストラティー「アラジン」をお贈りいたします。

寒い時期に召し上がっていただきたい、オリジナルのスパイスブレンドを用いたマサラチャイでございます。


おいしい紅茶をご用意して、お嬢様のお帰りをお待ちしております。
Filed under: 伊織 — 21:00

最後の空はあまりに綺麗で

お久しゅうございます。有村でございます。
「何を書くべきか、何を残すべきか」考えても答えは浮かばず、またしても何日、何週間と経っておりました。


別れの言葉も短い期間に書き留め続ければ、似たような文字ばかり。
いずれ別れすら馴れて無感情になって行くのではと怖くなる事もございます。


締め切りと言うものが苦手でございます。学生の頃の宿題などが真っ先に浮かびますが、今でございますと「この人と一緒にいられる残りの期間」などが私的に該当する締め切りでございます。

ただ、いずれ必ずその日が来て終わってしまうのであればせめて後悔の無い様に過ごして行こうかと存じます。


変わることが好きでは無いですが、きっと、素敵な変化も訪れる事でございましょう。私にも、使用人たちにも、もちろんお嬢様にも。

季節が色付く頃までもう少しだけ、色の無い景色と刺さる様な寒さを楽しむ事に致しましょう。
Filed under: 有村 — 21:00

後輩

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。


この時期になると、一年間の様々な催し事やそれを共にした使用人仲間たちのことを思い出します。


気がつけば私にも沢山の後輩ができました。

皆優秀な後輩だらけで、私なんかが先輩を名乗るのは少し恥ずかしくなってしまう程でございます。


思えば、私を育ててくれた先輩たちはそれぞれ性格は違えど、ときに優しく、ときに厳しく凛と指導してくださいました。

正直に申して、自分があんな風になれるようには思えません。


ならば、せめて私が持っていて彼らが持っていないものを惜しみなく差し出し、逆に彼らから学べるものは感謝しながら学び、共により良い使用人を目指していけるよう努めることにいたします。



例えば上手なつまみ食いの方法ですが、まずはパティシエと取り引きを。






冗談でございます。
本年も宜しくお願い致します、お嬢様。



隈川
Filed under: 隈川 — 21:00

もういくつ寝ると誕生日?

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
伊織でございます。



まだ2月にもなっておりませんが、わたくしは3月の特別な日を見越したお務めを頂戴しております。

3月24日、ティーサロンスワロウテイルの開館記念日を祝ってご提供いたします特別メニュー「マダムバタフライ」とともにプレゼントさせていただく記念品の準備でございます。


11周年を迎える今年は、シックでクラシカルなお品物をと思って製作しております。

昨年10周年の懐中時計とは、また違った方向でわたくしの趣味が反映されつつありますが……大旦那様が、わたくしにお任せ下さったことを後悔されませんように祈るばかりでございます。



マダムバタフライに関しましては、3月のメニュー公開に合わせてウェブページ上でもご覧いただけるようになります。
どうぞお楽しみにお待ち下さいませ。
Filed under: 伊織 — 23:01

ディープブラック

お嬢様、お坊ちゃま


ご機嫌うるわしゅうございます。


"スワロウテイルの黒き翼"




もとい




黒崎でございます。






同じことを新山に伝えてみたところ、


まるで道端に転がる空き缶を見るような眼差しで、鼻で笑っておりました。


当分、彼とは口もききたくありません。








さて、当家の別館にあたりますブルームーンにて、


1月より、私がアレンジを務めますカクテル「ディープブラック」をご用意させていただく運びとなりました。






どのようなカクテルかと申しますと、


探求に探求を重ね、


やっと見つけ出した特別なリキュールを使いまして、


ラム酒と合わせた甘美なるカクテルに仕上げました。


少々巷の酒場では見かけぬ一品にございます。







このような伝え方では想像し難いかとは存じますが、


是非一度、ブルームーンに足をお運びいただき、


お試しいただければと存じます。








では、これにて失礼いたします。


本日はささやかなる楽しみが私を待っているのです。






杉村が私の為にと一つ余分に用意してくれていた、


柚子アイスパンケーキ・・・




お嬢様の目に触れぬところで、


ひっそりといただくとしましょう。








(はむ・・・)


嗚呼、得も言えぬ。






黒崎
Filed under: 黒崎 — 23:50

マンスリーデザート

ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。






初めてお屋敷にてお給仕を致しましてから、いくばくかの時が経ちました。
この度はお嬢様方と新たな年を迎える事が出来まして、大変嬉しゅうございます。
この綾瀬、より良き使用人を目指してこれからも邁進して参ります。








さて突然でございますが、お屋敷のお食事や紅茶の名前には、可愛らしいものが多ございますね。
先日ご用命を頂きました際に、天啓の如く謎の物語が頭に浮かびました。
お目汚しの駄文にございますが、せっかくですのでご紹介させて頂きとう存じます。




































羊飼いジョージと羊のボナネー




ジョージは羊飼いでボナネーは彼の羊でございます。
アルプス山脈の麓に住まう彼らは、羊飼いと羊でありながら大の仲良しでもございました。
季節も深まり山々の雪化粧を臨むなか、今日もジョージは肩を窄ませ白い息を吐いておりました。
一方ボナネーは自慢の毛皮でモコモコ、ヌクヌク、寒さの堪えた様子もありません。
ジョージはそんな相棒を羨みましたが、仕方がないと言い聞かせます。


冬は我慢の季節でございますから。


そんなモコモコことボナネーでございますが、実はこの季節が大嫌いでございました。
自分は寒さに強いだけに、ジョージの辛そうな姿を見るのは大変心苦しい事だったからでございます。
なんとかしてあげられないかと考えながら、今日も蒔きを集めに出掛けるジョージを見送りました。






その日の夜の事。
小屋のベッドで眠るジョージを見下ろす、一対の目がございました。
もちろんボナネーでございます。
ボナネーがジョージの為にしてあげられる事を考えた結果、紆余曲折の果てにボナネーは布団になってあげればいいのだという結論に達したのでした。


ノシっと


ジョージの胸にのしかかります。
すると暫しの後、ジョージは寝苦しそうに汗をかきはじめました。
それを見てボナネーは思いました。
汗をかくのは暖かいゆえ、即ちジョージの寒さを和らげる事が出来たのだと。
機嫌を良くしたボナネーは安心して眠りにつきました。
春先の草原を駆け回る楽しい夢を見たそうでございます。
















あまりの寝苦しさと謎の悪夢に、ジョージはハッと目を覚ましました。
そして目の前にある羊の顔に、思わず狼狽しましたが、同時に全てを理解しました。
ボナネーの幸せそうな顔を見て、まぁ仕方がないと苦笑します。


冬は我慢の季節でございますから。



































やはり文を書くのは難しゅうございますね。
世の作家さんを尊敬します。




おや?
もうこんな時間ですか。
思わず時を忘れてしまいした。






それでは本日はこれにて。












綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 21:00

冬の夜空

暖かかったお正月が過ぎ、全く暦通りに、寒に入ってからは大変寒い日が
続いております。お嬢様方に起きましては、お元気で新年を迎え、寒さに
負けず、ご活躍のこととお慶び申し上げます。


年明け直ぐに、お正月の夜空を飾った、大接近した大きな金星と三日月。
寒に入り、澄んだ夜空に煌々と輝いた満月。 寒いのは堪えますが、冬は
そんな美しい夜空をプレゼントしてくれます。


そんな風に、夜空を楽しんでいる嘉島ですが、新年を迎え、また歳を重ね、
数年で古稀を迎える年代になりました。そんな年代をアラ・サーに習い、
自分でアラ・コキと命名し、名乗っております。


アラ・コキになっても、普段はあまり実感がなく、自分の年齢に違和感を
覚える年齢同一性障害だと言って笑っておりますが、鏡に映った自分とか、
身体能力的には、やはり実年齢を思い知らされております。


さて、そんな嘉島ですが、ここのところ生活が少し変わってまいりました。
フットワークが良くなり、以前はお屋敷以外は部屋で過ごすことが多かっ
たのですが、外で過ごす時間が増えてきました。


年寄りの冷や水と笑われそうですが、年代は様々ですが、新たな友人たち
と出会い、今までだったら観なかった映画を観たり、展覧会やイベント等、
様々な催しに出没して、新鮮な時間を過ごしております。


若い時ののように頻繁にという訳にはいきませんが、新たな体験を重ねて
います。身体に気をつけ、お屋敷もプライベートも充実した一年を目指し
たいと思っております。本年もよろしく、お付き合いください。
Filed under: 嘉島 — 22:00

健康診断の変

寒中お見舞い申し上げます。

吉川でございます。

厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。




体調管理のため、年に一度、健康診断というものを受けております。

血液検査や尿検査、胃ガン・肺ガン・大腸ガン検査など、総合的に検査しているのですが、昨年末の健康診断ではちょっとした異変がありました。

なんと、ここ数十年全く変化が無かった「身長」が、2.4cmも伸びていたのです。

齢四十を超えてなお身長が伸びることがあるかねと訝しみましたが、再検査してもその数値。

加齢に伴い身長が縮むとはよく聞きますが、まさか伸びるとは・・・。

私の身体にどのような変化が起きたのでしょうか。

今年の健康診断が俄然楽しみになってきました。
Filed under: 吉川 — 21:00

祝い鶴

寒さひとしお厳しくなってまいりましたが、お嬢様お変わりありませんか。
乾でございます。

新年を迎え何かお正月らしい折り紙をご用意しようと思い立ち、今回は祝い鶴を折る事にいたしました。
お正月らしく金色の折り紙をご用意いたしましたので早速折り始める事に致します。














矢印の通り折り進めてまいります。












少しずつ形になってまいりました。







羽根を広げて出来上がりでございます。







こちらの方が全体の様子が分かりやすいですね。







非常に簡単に折る事が出来ますし、箸置きにも使えますので是非一度ご挑戦くださいませ。
また、両面折り紙をご使用いただければより一層美しい出来栄えになる事でございましょう。
ご質問などございましたらお声をかけていただければ嬉しゅうございます。




では、お嬢様のお帰りをお待ちしております。
Filed under: — 21:00

お初にお目にかかります。

お嬢様.お坊っちゃま
お初にお目にかかります。
私.胡桃沢と申します。


大旦那様から
お許しを頂きまして
フットマンとしてお仕えしております。


何もかも未熟な私ではございますが
お嬢様.お坊っちゃまが
素敵なひとときを
お過ごし頂けるよう
精進致しますので
よろしくお願い致します。


それでは
お寒うございますので
風邪などひきませぬよう
暖かくお休みくださいませ。




胡桃沢
Filed under: 胡桃沢 — 21:00