占い

☆ アルテミス・大河内 のフェーブ占い ☆
(more...)
Filed under: 大河内 — 21:00

TOB

TOB

・・・THE 大河内バンド。

(more...)
Filed under: 大河内 — 12:00

椎名より2009年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
遅い挨拶となりましたが、本年も宜しくお願い致します。

(more...)
Filed under: 椎名 — 07:00

七福神

あけましておめでとうございます。
新年がお嬢様方にとりまして、心穏やかな良い年になりますよう、
お祈り申し上げます。

どのようなお正月をお過ごしでしょうか。
今回は嘉島がここ十年来定番にしている、お正月の個人的な行事に
ついてお話いたします。

それは七福神巡りです。各地いろいろな七福神がありますが、嘉島
は上野の下町、下谷七福神に決めています下谷は我が家のルーツ
になっている土地でございます。

正月二日、人も車も少ない下町を七つのお寺をお参りしながら歩き
ます。高いビルもなく、東京でも少なくなった空が大きい、どこか
ポカーンとした街にゆったりと時は流れます。

鴬谷駅前から吉原、見返り柳の近くまで。叫ぶ詩人として知られる
住職のお寺や、二日には開いている吉原のお豆腐屋さん。無理なく
歩ける、楽しいウォーキングコースとしてもお薦めです。

七福神巡りを済ませ、三日よりお屋敷でお目にかかります。どうぞ、
本年もよろしくお願い申し上げます。
Filed under: 嘉島 — 13:13

年の始めに。

皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
新年を迎えました。
あらためまして、明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

(more...)
Filed under: 司馬 — 13:00

第三環

「おかえりなさいませ。」


深く下げたお辞儀を観察する眼差し。
いつもより鋭いそれは、彼らがこの屋敷の中でも特に、
選ばれ、磨かれた逸材だという確固たる証拠であった。



私は、ほかの仲間たちと一緒に来月に控えている
昇進試験へ向けて特訓の真っ只中であった。

上官の指導の下、特に期待されている候補生らが
次のステップへの準備をちゃくちゃくと進めている中、
激しい怒声が部屋に響き渡り、皆の視線が集まった。。


「違う!そこで頭を下げるときはもっと深く!」
「皿をサーブするときはもっと丁寧に!」
「何度言ったらわかるんだ!シルバーの位置が違う!」


視線が向けられているのは私と上司の「佐藤」。
しかし、いつものことなので各自はすぐに興味を無くし
訓練に勤しんでいた。

私だけがこんな扱いを受けているのはなぜだか理解している。
「佐藤」は一等に私を気にかけてくれている。
期待もして、希望もしているのが肌で感じられる。

そんな気持ちが切に伝わる身としては、それに答えたいと
いう気持ちが、私の向上心にさらなる栄養を与えてくれる。

彼が厳しいのは訓練の時だけで、プライベートでは
まるで兄のように慕っていた。

決して良くはない環境で幼少期を送っていた私を、
ここまで立派に育て上げてくれたのも彼のおかげである。

数え切れない感謝と、恩を返したい気持ちをいつも
胸に秘めながら、いつかは彼のようになりたいという気持ちも
自然と固まっていったのであった。


そんな気持ちを抱えたままのある日。
彼から突然の呼び出しがあった。
私は特に何の疑いもせずに彼の元へと駆けつけたのだが、
そこで明かされた内容は、私の心を大きく揺さぶるものであった。

突然の辞職。
皆に話す前に私にだけ明かしてくれた、揺ぎの無い決心であった。



彼には年の離れた妹がいて、どうやら汚染区域に無断で入り、
体を病んでしまったらしい。

彼女の両親は高齢でありながらも共働きのため、
兄としてはここを続けるよりも、妹のそばで働き口を探すことが
家族にとっても良いことだと、彼は真剣なまなざしで語ってくれた。


揺るがない眼差しを目の当たりにし、家族を大切にしていた彼を
誇りに思いながらも、『兄を取られた』という大人気ない気持ちを
抱えたまま、私はうなずき、理解に努めた。

すべてを話し終わったら、彼はどんな気持ちでここを去るのだろう。
まるで彼の言葉ひとつひとつが生命を持ち、私の心に入り込んでくる
ようであった。

それはさながら、熟れた果実が役目を終え、大地へと種撒くさまを
私に連想させた。

話が終わるころ、時計はすでに日付を越えていた。
最後に冗談交じりで「一緒に来るか?」という言葉がうれしかった。




彼との最後の別れ際、私は不覚にも涙を流した。
彼はそれを大げさだと笑った。

しかし、そのころから私の心は安定しなくなり、給仕に支障が出始め、
私の評価は悪くなる一方であった。

それだけ彼が心の支えになっていたのだといなくなって
初めて気づいた。

そして今に続く・・・。
Filed under: — 13:00

お御籤

お嬢様、お坊ちゃま方と共に過ごす年越しは2度目でございますね。
あけましておめでとうございます。

私、今年もより一層高貴な、
お嬢様、お坊ちゃまへ成長される過程が楽しみでございます。

(more...)
Filed under: 百合野 — 20:59