Brunello di Montalcino Annata Biondi Santi 2007

サンジョベーゼ・グロッソ。つまりブルネッロというブドウが持っている

頑強さ、厳しい酸とタンニン。

その個性とひたすら丁寧に向き合い、その中にある美しさと純粋さを引き出したのがビオンディ・サンティでしょう。

このブドウの限界のひとつを表現していると断言できます。




クラシカルなワインで「飲む7時間前に開けるのが作法」などといわれるのですが

実際今回も正体が見え始めたのは4時間経ったあたり。

そして24時間後に完全に開いた状態だったのですが、その様子は素晴らしいの一言です。

私も久しぶりに飲んだのですがあまりの美しさに驚かされました。




瑞々しいバラ、酸味のあるチェリー、柴梅、タバコ、レザー、鉄、血、チョコレート、

香りの量がすさまじく、次々と違う表情を見せることは当然ながら、

私が持っている一番大きいグラスに注いでも溢れ出て空間を満たしてしまいます。


そして口に含めば、それぞれの要素が一体になった透明感のある質感。

「果実をほおばったような味」がクラシカルないいブルネッロの表情だと思うのですが

それは若い時期だけですね、各要素がしっかり溶け込み混然一体となった、

今のタイミングではじめて「グランヴァン」といえましょう。




ただただ酸が美しいです。これこそブルネッロでしょう。

ただそれが柱というわけではなく、そこに柔らかさのある果実味が乗ってくるのは2007らしいところですね。

完全に一体になっていて、中々出会えない滑らかな質感です。

集中力があり輪郭もはっきりとした、エキス感のある「噛める液体」です。


タンニンも当然とても豊富で、飲み進めると積もっていくのですが

非常に質がいい、細かく熟した甘さのあるタンニンです。

のどを落ちた後も口の中や、体の中で力を感じる余韻の長さにワインの格をかんじます。




酸が美しいブドウといえばまずピノノワールが挙がると思いますが

ここまで太いものはありません。厚みと旨みが違います。

しっかり芯が通った透明感という意味ではジュブレイシャンベルタンに近いのかもしれません。

特に特有の旨みを感じる味わいは共通点を感じます。

ただ、たとえ同程度の熱量、エネルギーを凝縮した液体であっても

ブルゴーニュのワインが常に外へ外へと向かうのにたいし、

ビオンディ・サンティは静謐さを湛え、飽くまで自然体でそこにあります。

ずしりと重いようなわけでも、天に向かうような軽やかさを持つわけでもありません。

ただその存在感はしっかりと感じます。




2007はリリース直後にも飲んでいたのですがここまで熟成しているとは思いませんでした。

環境もあるのかもしれませんが、このボトルは早いですね。

私の感覚では、現状でひとつの完成段階にあるように思われます。

待っても古酒の領域に入りそうですので開けてもいいのかもしれません。



誠に。素晴らしいワインでした。
Filed under: 大河内 — 22:00

分析

年齢を重ねると涙もろくなるのは、

色々な感動を知ったからでもなければ、

多くの経験からより共感できるからでもなく、

加齢から感情を制御する機能が低下したから。

だそうです。



なんだか寂しい気がしますね。



私も、自分自身が好きかどうかはともかくとして、
10年前の自分よりも今の自分の方がましになっているなとは感じていまして。

その当時では見えなかったきれいなものを見つけられるようになったり、
美味しい味がわかるようになったり、色んな香りに思い出が増えたり。

髪も減りますし、膝も肩も痛くなります。赤ちゃんの体が欲しいと思うこともあるのですが。
それはそれとしてもやはり今がきにいっています。



私はそういった経験から涙が生まれるものだと思っていたので
冒頭の話には少し寂しさを感じてしまいました。



科学者でもなければ知らなくていいこともあるのだなと思います。
もし人間と宇宙のすべての謎がなくなるのなら自分に都合のいいことだけを信じて生きればいいのかもしれません。



例えば日比野に見せてもらった魔法も、その素はとても些細で単純なものです。
ですけれでも目の前で起きている現象はとっても不思議でいつでも感動してしまいます。

なんでもかんでも理由や説明を求めるのではなく
単純な驚きの感情は失いたくないものですね。
Filed under: 大河内 — 22:00

古い

先日電車で移動していた際、向かいに座っていた老紳士の鞄が非常に美しく、目が奪われてしまいました。


やぼったいデザインでしたし、決して高級品という訳でもなさそうでしたが、とにかく使い込まれた皮革のエイジングが素晴らしく、強い存在感と説得力を有しておりました。


それだけ使っていながらもクラックもないところを見るとしっかり手入れもされていたのでしょう。



すごいスピードで移り変わる流行に身をおき、心を晒し、感じることも、楽しさではございましょうが、長く使えるものを手元に置き共に老いることも幸せでございましょう。


ワイン、ウイスキー、ブランデー、ラム、お酒にも同じことが言えますが、ただ時間でしか産み出すことができない美しさもございます。


そしてそれは、人間も同じでしょう。
鉱石が長い時間のなかで生まれるように、ワインが純度を増すように。
これからも長い時間のなかでお嬢様方と代えがたい思い出をたくさん作れたらなら幸いです。
Filed under: 大河内 — 22:00

2006 ムルソー1er レ・ペリエール アンリボワイヨ

「石切り場」の名前を持つ素晴らしい畑。レ・ペリエール。

グランクリュが存在しないムルソーにおいて、どの生産者も実質的にトップの畑に位置付けています。

白の名手アンリボワイヨの作品。ヴィンテージはお気に入りの2007。


これだけの条件が整っておいしくないわけがありません。



ナッツ、バニラ、熟したレモン、林檎の蜜、洋ナシ、カリン、ミネラル

さすがにしっかりほぐれ、要素は溶け合い、いい熟成の段階にあります。
舌の上に乗るしっかりと重さとコクが感じられる。シャサーニュのようなどこまでも石をなめるようなミネラルが貫かれるわけではなく、肉厚な果実味を覆い輪郭を作るようなバランスでとてもいい。
そして酸味が豊かに感じられる。バランスとしては一番特出しています。
ただ、剛健で逞しく密度の高い、質のいい酸がほぐれて果実味と一体になっているこの形はとても好感がもてます。
余韻も長く、ミネラル感が残ります。

状態に心配がありましたが素晴らしい味わいでした。



何度か日誌にも認めたのですが2007というヴィンテージのすばらしさ。どこまで行ってもレモンっぽさがぬけない、
元来の酸味の硬さもありシャブリのGCを飲んでいるような雰囲気もあります。

07はどの銘柄を飲んでも飲み頃と感じたことが一度もなかったのですが、やっと飲み頃だと思えるものに出会えました。
Filed under: 大河内 — 22:00

香りの記憶

豪徳寺は常々「味覚を信じるな、香りを信じろ」と私に教えてくれました。

味は香りに大きく引っ張られるのであてにしてはいけないということなのですが。



ボードレールの詩はまさに視覚よりも嗅覚に訴えるような表現が多くございました。

ワインに関する詩も残していたのですが、嗅覚から記憶を引き出される感覚です。

お嬢様も経験がございましょう。



春夏秋冬、風が入れ替わる瞬間の心地よさ。

そういった感動が常に鮮烈でなのは、そこにはいつでも喪失感が伴うからだと感じております。



「記憶」はどんな類のものであろうと、絶対に再現ができません。

それらは全て過去に属した事柄です。

ですので、記憶を呼び戻す「香り」には常に多かれ少なかれ「喪失感」が伴うのです。




楽しみの半分は香りといえるワインの香りに関してはいうまでもないでしょう。


多くの要素を持った上質なワイン程多くの記憶を運んでまいります。

先日戴いたch.ガザン1996はまさにそうでした。

思い入れがおおい銘柄ということもあったのですが、いただいていてつい涙がこみあげてきてしました。




香りに満ちたティーサロンでございます。

これからもたくさんの思い出をつくっていければさいわいです。
Filed under: 大河内 — 22:00

森を歩く

少し心が弱っていたこともあったでしょうし、思い入れのある銘柄だったこともあったのですが、

久しぶりに涙がこぼれるようなワインと出会えました。

 
シャトー・ガザン.(Chateau Gazin)1996 




10年以上前に4本購入し定点観測しながら飲んでいた最後の一本でした。


1996年のポムロールは個人的にお気に入りのヴィンテージです。



マンガやドラマ、映画などのソムリエが、海辺でどうこう、森の中をどうこう、といった表現を使うことが多々ございます。

多少の誇張はありますが私はまさにそのように感じることがあるので同意できます。
格好つけているように見えるかもしれませんが、ほんとにそうなのです。

自身の手で育てた、完璧な状態のワイン。これを何年にもわたって定点観測し、ワインを知る。

こういった経験こそがワインを知るうえで大事な知識のひとつです。




コルクを抜き切らないうちから香りが広がりはじめ勝利を確信できました。
なかなかないコンディション。

ミルクチョコ、スミレ(パルフェタムール)、熟れ切ったフルーツ プラムやフランボワーズ(公式だったらカシスというべきだが赤い果実の印象が強い)、鉄、キノコ、下草、シナモン、リコリス。
拡散する軽やかな香りから、重心の低い水を含んだような香りまで。グラスに注いだ瞬間から、のどを落ちるまで、いつまでも次から次へと香りが広がります。


96年というクラシカルなヴィンテージ、今ではみられない堅牢な作り、それらが交錯した一点がこの味わい。
感動的ですらあります。
ほどけたタンニンと酸。その酸味が輪郭を作りまさに厚みのあるシルクのようなしっとりとした口当たり。
上質なアルコール特有の甘さ、果実味のとろりとした甘さが心地よい。
巨大なワインではないのでずしりとくる重さとは無縁だが、余韻もとても長い。


ポムロールで作られたメルロでしか到達できない味わい。


コンセイヤントだともっとエレガントだろうし、アンジェリュスだったらもっと重厚になるはず。
そういったポムロールの頂点にはもう少し届かないけど素晴らしいワインでした。



追記。
3日目に口にした時に全く新しい表情を見せたことに驚いた。さすがにあけた1日目がピークだと思ったら。
より甘いミルクチョコレートのような香りが先に来るようになった。
味わいもふくよかさを増して、開いた印象。
こういう部分を読めないところにまだまだテイスターとしての未熟さをかんじる。
Filed under: 大河内 — 22:00

牧神の午後

6月。


この度、瑞沢に続いて私のケーキもご用意できる運びとなりました。


まどろみの中、幾重にも風をはらんだシルクのヴェールにつつまれながら手を伸ばす


そんなイメージをケーキで表現いたしました。


重層的で、口に運ぶたびに新しい、香り、味、食感が見つけられるはずです。




春らしい軽やかさを感じられる、くちどけのいいムースがベースです。

こちらには隈川の紅茶「オルソ」が使われております。

またその中に、味 香り共に強い印象を持つシェリー酒のムースをいれました。

こちらを核に食感、香り、味に複雑さを加えております。




合わせる紅茶としては

当然オルソ、あとは 姫睡蓮、メイリン、シェリー、カナリー、四季春、アテナ

辺りは面白いと思います。

お酒でしたらドイツの軽めの白ワインがよろしいでしょう。





ちりばめた要素としては


・フレッシュのグレープフルーツ 
 こちらは瑞々しさとほろ苦さ、春や初夏らしい風味を、はじける食感。
 (一番上のジュレもグレープフルーツのジュレです)

・クルミ
 こちらもグレープフルーツに通じるほろ苦さ、食感のアクセント、そしてシェリーに通じる香ばしい香り。
 ぜひ、シェリーのセンターと召し上がってください。

・塩
 粗めの塩を添えています。味覚的に甘さを開く作用があるのでより一層それぞれの素材の良さを引き立てるはずです。


・フレッシュミント
 こちらも春らしさを感じられるさわやかな味わいでオルソによく合います。苦手でなければ是非口にしてください。




お気に入りの食べ方を探しながらお楽しみくださいませ。




手前味噌ながら非常に美味しいムースに仕上がりました。

大分我儘を押し付けてしまったのですが、それを実現してくれたパティシエには本当に感謝しております。

この場を借りてお礼を。ありがとうございました。
Filed under: 大河内 — 10:00

見る、記憶する

今年は桜をゆっくり見られなかった方も多いのではないでしょうか、私も不用意に外出するのははばかられましたので、部屋でひとり、昨年撮影した桜の写真を整理しておりました。
きっとこの日誌がお嬢様の眼に触れるころにはすでに葉桜でございましょうが、ご覧になって多少でも春を感じていただければ幸いです。









3時くらいから、ゆっくり散歩していたのですが、刻々と光が変化し、それを映す桜の花びらが非常に美しくいい時間を過ごせました記憶がございます。


下手の横好きながら写真を撮るようになってから、日常の中にある美しい瞬間を、より多く見つけられるようになった気が致します。
ただ、それを残せるかというと非常に難しく、まさに「瞬間」瞬く間に過ぎ去りスマートフォンを出す暇すらございません。
そういった点では人間の瞳と記憶、想像力に勝るものはありません。


美しいものを残したいという欲求は強いのですが、「LIFE」という映画でのショーン・ペンのセリフの通り、「最高の瞬間をカメラに邪魔されたくない」ということなのだと思います。やはり五感全てをもって感じ、記憶に刻み、想像力でそれを装飾してその感覚をよみがえらせることこそ一番の感動なのかなと思います。



来年は今年の分まで盛大に桜の下で杯を酌み交わしたいものですね。


Filed under: 大河内 — 22:00

鳥のさえずり

歌劇団の皆がTwitterに報告の場を移して数ヵ月。
なんの違和感もなく、むしろ羽を得たように自由に振る舞っているところをみると時代に適した判断だったのでしょう。


そこで私も、Twitterなるものを始めてみるかと数ヵ月いじってみたのですが、これがなかなかに難しく、多くの問題に直面してしまいました。



まず第一に150字では伝えきれない。
一度何かを口にしますと、いくつものツイートが連なり、結局ひとつの話題で500字を越えることがざらです。


古来より、ミニマルな表現の極致である俳句や短歌に美しさを感じていた日本人とは思えない体たらくです。




また第二に表現に感情が伴わない。
150字という制限のなかで感情の機微を伝えることが難しく、どうにも心のこもらない、事実と意見を述べるだけの硬い文章になってしまいます。

そう、文章ですね。ツイートにならないのです。


正直、Twitterで交わされる、特有の言葉の文化には品性を感じないと思っていたのですが、これは環境に適応するために進化を遂げた結果であり、むしろ自身の古い感性がそこに追い付けていないのだと気づかされました。
とくに発信者の表情まで感じ取れるような感情表現を数文字でまとめる技術には舌を巻くばかりです。




やはり私も変わらなければなりませんね。
たとえば飲んだワインの感想も長々とだらだらと綴るのではなく、感情をストレートに。



「ねえちょっとまってジャン・フランコ・ソルデラのラストヴィンテージカーゼバッセ尊いつらい無理ぴえんぴえん」



これですね。
Filed under: 大河内 — 22:00

ゆるゆる

生まれながらに体の強度に差があるように、生まれながらに心の強度もあると感じております。

(more...)
Filed under: 大河内 — 22:00