拾われた 借り返すなり 骨埋めて 千代に八千代に ここに根を張る

霞立つ春、御嬢様はご機嫌麗しく御暮しのこととお慶び申し上げます。
ふと思い立ちそぞろ歩きにお外へ参りますと、季節の移り変わりを告げるが如き陽気を感ずる今日此の頃。
おや、春かな、と外套を振り捨て打ち出でてみれば一転、翌日には冷たい風が吹き荒び、春雪降ってさもありなんといった冬の日に舞い戻る始末。
かように三寒四温の時節柄、御嬢様には何卒御身お大切にお過ごしいただきとうございます。



如月は過ぎて弥生、この季節になりますと、決まって様々な物が飛び交います。
人に依っては至極厄介な花粉のみならず、今年は良からぬ物も大分飛んでいるようではございますが、早春に飛ぶと言って私が真っ先に思い出すのはある詠。

東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

無実の罪で西へ左遷された菅原道真公が、都で大切に育てていた梅へ詠んだ別れの句。
しかし大事にされた梅は菅公を慕い、遂には太宰府へ飛んでそこで再び根付いた、これがかの有名な飛梅伝説でございます。
京から飛んできた梅はこの時期になると、太宰府天満宮の梅の中で最初に花を咲かせると言われ、今でも福岡の名所のひとつでございます。
ついでながら関東に於いて梅の名所と申しますと水戸の偕楽園、梅の木までは飛ばずとも、梅の花の舞いを眺めるも一興にございましょう。


もう一つ、今時分飛ばずにおれぬのは雁(かり)でございましょう。

春来れば 雁かへるなり 白雲の 道ゆきぶりに ことやつてまし

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)が、出来ることならば北へ帰る渡り鳥(雁)に北方の友人への言伝を頼みたいものだ、という気持ちを詠んだ句。
この詠に私は誠に共感致します。
去年までの旅の道中に出会ったあの人は、今頃いかに過ごしているだろうか。
北海道や青森に住む大切な友人は?
山形や秋田で御世話になったあの恩人は?
関西や九州へと帰って行った仲間たちは?
何もかも、今の私には遠すぎることでございます。
かつては雁の如く北へ南へ飛び回った私も、今では大旦那様の御恩に報いるがため梅の如く根を下ろし、飛び立つ渡り鳥を見上げる側となりました。


慣れ親しんだ同窓との別れを惜しみつつ着物姿で街歩く艶やかな人々も、ゆくゆく新たなる活躍の場へと飛び立ちます。
春は終わりと始まりの季節ゆえ、御嬢様の周囲に於かれましても、種々の変化があろうかと存じます。
それ故に私、差し出がましいようですが、御嬢様の頑張り過ぎが心配でなりません。
毎年何千キロと旅を重ねる渡り鳥さえ不眠不休に飛び続けることは適わず、水鳥は海に浮かんで羽休め、小鳥ならば船や流木に留まって少憩致します。
ですから御嬢様にも、空を飛ぶあの渡り鳥と同じように、時にはこのスワロウテイルという止まり木にて羽根を伸ばして頂きとう存じます。
そして私は義理堅きあの飛梅と同じように、どれほど離れてもせめてこの心だけは、いつでも御嬢様の御側に寄り添っていく所存にございます。

拾われた 雁返すなり 骨梅て 千代に八千代に ここに根を春




Filed under: — 22:00

ピアノ磨き

立春の候、ご機嫌麗しくお過ごしのことと存じます。
わたくし聖が御嬢様にお仕えするようになってから、早くも一ヶ月が経ちます。
寒さは最盛期を迎えようとしており、連日、早朝の厳寒のうちに目覚めては震える手で支度を整える有様でございます。
さりとて「冬はつとめて」と謳われるだけに、寒さの中にも冬らしい美しさを見出せることもございましょう。
殊に御嬢様のように紅茶好きのお方にとっては、極まる冬の寒ささえも茶に興を添えるものと存じます。

閑話休題、私が御屋敷に参ってからの務めと申しますと、御嬢様のお世話は当然のことながら、しばしば音楽室のピアノ磨きを仰せ付かります。
「一流の人は自分の使う道具を常に綺麗に磨いておくものだ」と、物の本で読んだのを思い出します。
今ではぴかぴかに磨かれた大旦那様の靴を見るたび、また、ピアノ磨きを仰せ付かるたびに大いに納得する次第でございます。
そこで私は、なにか自分にも磨けるものがなかろうか、と考えたのでございます。
その日、宿舎に戻った私は、私物のティーカップにうっすらと茶渋が付いているのを見つけ、大慌てで磨き上げました。


先日お休みを頂いた折、久しぶりに実家に帰ってみますと、無沙汰しておりましたバイクが土ぼこりを被っているではありませんか。
以前は何千キロ、何万キロと共に旅をした大切な仲間でございます。
到底このままにはしておけない、と水を浴びせつつ布で磨き、最後に跨ってエンジンをかけてみると、上機嫌に吹け上がります。
嬉しくなった私は用事も無いというのに、ついそのまま町の方へと走り出してしまいました。


風の便りに聞いていたアンティーク店に立ち寄ってみると、山積みになった箱の奥から女主人が見えて「イギリスでの買い付けから帰ったばかりですみません」と挨拶をして下さいます。
折角伺いましたので、ケーキを食べるのに良いフォークがないか尋ねてみますと、積まれた箱の中から一本の純銀のフォークを取り出して下さいました。
1902年のイギリス製、古いだけあって流石にくすんで年季の入ったフォークでございました。
それを拝見して、はて、どうしたものかと悩んでおりましたら、女主人が「こうすると綺麗になります、いかがでしょう」と慣れた手付きで磨き上げたのです。
磨かれた純銀の光輝燦然たる煌めきに魅せられた私の手元には今、その時のシルバーフォークが置かれています。


純銀は使わずとも硫化により黒ずむため、定期的な手入れが必要とされております。
教えていただいた限りでは、3箇月に一度は磨くとよい、とのことでございました。
となると、次に私自身で磨かねばならないのはまだ2箇月以上も先の事。
ああ、早くこの銀を磨いてあげたい。
そんなことを考えながら本日も、音楽室のグランドピアノを磨く手に力が入るのでございます。


Filed under: — 22:00

御挨拶

厳冬の候、ご機嫌麗しくお過ごしのことと存じます。
こちらでの御挨拶をまだ致しておりませんでしたので、本日は改めて紹介させていただきとう御座います。

私、先日よりお屋敷にて奉公させていただくことと相成りました、聖(ひじり)と申します。
今回は私事で恐縮ではございますが、こちらに参ります以前のお話を少々。

私は予てより、バイクに跨り全国を走り回る一介の旅の者でございました。
風に吹かれるまま、気の向くままに方々へ流れ、辿り着いた先で日銭を工面する日々。

しかしある時、些細な縁から一流とも呼べる御宿で給仕をさせていただくようになりました。
そうして洗練されたサービスを一心に学んでおりました私の前に御出でになられたのが、当家の大旦那様でございました。

御宿のレストランにて偶然にも大旦那様への御給仕をさせて頂けたことは今思えば幸甚の至り。
会話の中で私の紅茶好きを早くも見抜かれた大旦那様は、このように未熟な私に慇懃に御声を掛けてくださいました。

ご覧の通りの事の成り行きで、大旦那様、御嬢様にお仕えすることとなったのでございます。
優しく御声を掛けて頂いた時のことを、私は決して忘れません。
大旦那様の御期待に副えるように、これより一層奮励努力致す所存でございます。
そして御嬢様の御世話を仰せ付かった今、御嬢様のために出来ることは何でも致しましょう。
お困りの時、お悩み事を抱えている時、御用のございます時、何かをお話しになりたい時、嬉しいことや悲しいことがありました時でも。
どんな時でも私は御嬢様の傍らにおります。
何事も、まずはわたくし聖に御相談下さいませ。



Filed under: — 22:00