ゾンビになるまでにしたい100のこと

この世の中においていつ何時にパンデミックが起こり、ゾンビの蔓延する世界となることやら。

もちろん、有事の際にはお嬢様をお守り致しましょう。

そんな世の中であっても自分のやりたいこと、成し遂げたいことを定めることは重要です。日々の生き甲斐があることで前に進めるということもありますね。

浅葱がゾンビになるまでにやりたい100のこと。

まずは「お嬢様に笑顔でお仕えしたい」ということ。

ひとつずつ消化していきとうございますので、是非お付き合い頂ければ幸いにございます。


浅葱でございました。
Filed under: 浅葱 — 22:00

世の中はそんなに甘くありませんが、ティータイムぐらいは甘くしたいものですね

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。

基本的には何も入れずに飲む紅茶が好きな浅葱にございます。

ティータイムの趣向は十人十色。

ミルクの代わりに豆乳を使ったり、ミルクをフォーム状にしてのせてみたり、牛乳の中でも成分調整、成分無調整などの味わいの差異があったりと奥が深いものです。

蜂蜜、ジャム、レモンなどのフルーツ、マシュマロやお酒など、お茶に添えることによって普段とまた違う味わいを楽しむことができる物はたくさんあり、それぞれが素晴らしいティータイムに彩ってくれるものです。

そして一番馴染みのあるお供といえば。


お砂糖です。


お砂糖にもたくさんの種類があります。
たくさんの種類を用意して、そのシーンによって使い分けてみると楽しいものです。
上白糖、グラニュー糖、三温糖、和三盆など。

お茶の味わいを引き出すのにオススメなのは上白糖です。直接的な甘みがお茶を飲みやすいものにしてくれます。またジャスミン系などのすっきりとした香りにも合わせやすいお砂糖ですね。オススメは美麗やチャールズ、ダイアナローズなどにほんの少し入れてスッキリ飲むことです。

グラニュー糖はミルクティーなどの濃い味わいに合う印象です。コーヒーならグラニュー糖が一番だと個人的には思っておりました。クッピーやバタフライクラシックなどを甘く飲みたい時に入れてみてください。

三温糖はフレーバーティーなど(特にフルーツ系)の香りを引き立たせるのにもってこい! 私の紅茶であるミッシェルやPSGなどにぴったりのお砂糖です。

和三盆はちょっとリッチな気持ちの時に相応しいでしょう。ほうじ茶やルイボスなどに入れるとどことなく和のテイストを楽しめる高級砂糖ですね。当家のブレンドティーならリリスやミーシュカがオススメです!


とは言ってもお砂糖の摂りすぎは身体に毒でございます。ほどほどに甘いひと時をお楽しみくださいませ。

浅葱にございました。
Filed under: 浅葱 — 22:00

部屋の隅で妖精を捕獲した浅葱です。お嬢様、お気をつけて

春の陽光を感じながら。


晴れやかな空気になっている今日この頃ですが、人々の心には日に日に翳りが見えてまいりますね。

じわりじわりと背後に回ってきて、いきなり身近な脅威となって現れた、かの病。

ゾンビ映画のようだと、ニュースを見ながら。そんな感慨に危機感が混じり、そして世の中が大変慌ただしくなった頃にはすでに身近に蔓延し始め、我々の生活を脅かしておりました。

気づいた時には手遅れということがないように、予防や対策は万全にしなくてはなりません。

世に蔓延る悪のウイルスは、使用人が虫取り網で捕まえに行っております。
お嬢様方におかれましては、くれぐれも身の安全を守りつつ、この御時世だからこそ、いつも出来ていなかったことをやってみては如何でしょうか。

浅葱は元々出不精の引き篭もりであります。

あまり日常に変わりはございませんが、
お嬢様方にお会いできない寂しさを紅茶を淹れることにぶつけております。

はやくお嬢様に美味しい紅茶をお届け出来るような、平和を取り戻して欲しいものです。


お屋敷からお出掛けにならないでくださいませ! ステイホームにございます!!


と声高に申し上げても、お嬢様方のご予定がすべてキャンセルに出来ないこともありましょう。


浅葱から使用人としてご忠告をひとつだけ。


お出掛けは必要最低限に抑えて、家の中で過ごしてくださいませ。日中にお散歩や日用品の買い出しを済ませ、ゆっくりと御別邸でお楽しみくださいませ。

そして、いずれかは思い出として「コロナが流行っていた頃はあんなことをしていた」と思い出話になるように。

お嬢様方がどのように過ごされていたのか、いずれか浅葱にもお教えくださいませ。


p.s.部屋の隅っこで妖精さんを見つけました。突然のことで驚きましたが、ちょうど手に持っていた虫取り網がありましたので、追いかけて捕まえてみました。とても美しい羽とほのかに光り輝く鱗粉が美しく、中性的な少年のようなあどけない印象の妖精さんで、浅葱が握って捕らえておりましたら、ポロポロと泣き出すではありませんか。少し考えて、妖精さんを逃してあげました。お嬢様にお見せしとうございましたが、かわいそうだったので…。お許しくださいませ。そのことがあってからしばらく経ちました。今朝、目を覚ましましたら枕元に小さな野苺がありました。浅葱が目を覚ますのを待っていたのか、視界の端で窓から出ていく妖精さんの姿が。これは…恩返しのつもりでしょうか? 浅葱はそれをひょいとつまみ、一口に食べてみました。口の中いっぱいに広がる野苺の甘酸っぱさ、ほろ苦い味。しばらく部屋の外に出ておりませんでしたので、ようやく春の到来を感じることができました。ありがとうございます、妖精さん。爽やかな気持ちと共に今日も一日が始まりました。頑張るぞ!浅葱はこうして晴れやかな気分で今日もまたお嬢様のために勤しむのです。そして、浅葱はお腹を壊しました。どうやら妖精さんは許してくれなかったみたいで、仕返しだったようですね。はっはっはっは。
Filed under: 浅葱 — 22:00

お茶だけというのも

私事ではありますが、3月9日でフットマンの役職を仰せつかりましてから丸三年が経ちました。お嬢様、四年目になりました浅葱のことも、どうぞよろしくお願い致します。

先月の日誌でも綴った通り、
お茶を使った食べ物、飲み物しか摂取しないという生活を送っておりました。その中でも個人的に気に入っている物をご紹介致しましょう。



浅葱の好きな中国紅茶キームンで炊いたご飯を使って、キームン、カイワレ、鶏胸肉、鮭のほぐし身、きざみ海苔を添えて作りましたお茶漬けです。キームンの蘭の花に例えられるエキゾチックな香りが鮭や鶏胸肉とも相性が良く、お茶はすっきりと飲める日本茶を合わせて、デザートにリプトンから出ていた抹茶ラテを飲ませて頂きました。


お次はジャスミン茶で炊いたご飯、日本茶の茶葉を使ったナムル風、抹茶のマカロニサラダ、市販しておりました抹茶の伊達巻、そして羽瀬くんにオススメしてもらいました紅茶鴨のパストラミにございます。とっても美味しいです。スープにはジャスミン茶風味の海老ワンタンスープを作りまして、デザートは宇治抹茶の白玉パフェを頂きました。幸せな食卓にございました。


そして最後にこちらがほうじ茶チーズティー鍋にございます。元々はチーズ専門店が出している期間限定の品ということで、櫛方くんと高垣くんを誘ってお店に伺ったのですが、予約が一杯で食べることが叶いませんでした。悔しかった浅葱は「自分で作ってしまえばいいのでは?」と思いたち、その日のうちに作ってみたのです。鶏ガラベースの鍋の素に鶏団子、白菜、ニンジン、ネギを入れ、使う水分はすべて濃く抽出したほうじ茶にして作りました。煮立ったところに少し溶かして混ぜたクリームチーズを鍋にかけて、火を止めます。濃厚なチーズのお味とほうじ茶の香ばしい風味が大変相性が良く、箸が止まりませんでした。後日、高垣くんとタイミングが合い、二人で本家チーズティー鍋を食してみたのですが、味わいはとても似ていて、チーズは色々なものを使って負けているなぁと思いましたが、お茶の部分ではよりほうじ茶の香りがしっかり味わえて負けていないと自負しております。高垣くんと二人で鍋デートをしたことを櫛方くんに伝えましたら、少し拗ねられてしまいました。ごめんなさい。今度また一緒に行きましょうね。


お茶だけを使った生活を終えて、
自由に食べることのできない苦しみや仲間と食を共にできない哀しみ、お茶を美味しく料理する手間など、多くの大変なことがありました。
けれども、それ以上にたくさんの思い出ができたことに喜びがありました。

またこのような挑戦をしていきたいと思いつつ、何事にもほどほどが一番良いということを再確認した一か月間にございました。


浅葱
Filed under: 浅葱 — 22:00

お茶だけというのは

1月のうちに初詣をしなかったもので、
2月になってようやくお参りに行くことができました。
おみくじの結果は中吉。
まあまあの結果でございましたが、
忠告として胸に刻んでおきましょう。
五円玉を投げて、拝みます。
なむなむ。


2月は早く過ぎてしまうイメージがあります。


月の日数が顕著ですね。

28日で終わる月が2月しかないのは、ローマ時代の暦に由来するそうです。

それでも今年はうるう年ですから、
1日多い29日間。

その一日を以て長くなったと感ぜるか、それでも短いと感じるのかは、日々の過ごし方で変わるのでしょうか。

目標に向かい邁進する者と、現状を惰性に過ごす者では、時間の加速度が異なるのも必然。

邁進する者には激励をし、惰性の者には叱咤出来る人間でありたいものです。

自分のことは棚に上げて。
それはもう、神棚の如く。
なむなむ。


さて。
お嬢様はコンビニエンスなストアをご存知にございますでしょうか?
庶民には欠かせないブティックにございます。
私もコンビニエンスストアによく寄らせて頂く機会に恵まれ、並んでいる商品を眺めるのが好きなのですが……その中には、お茶を使った物も多く用意されておりました。

抹茶味のチョコレートや紅茶を使ったシフォンケーキ、ほうじ茶のチーズティー、なんてものもあるではないですか。

ふと思ったのです。

1ヶ月くらいならお茶を使ったものしか食べない、飲まない、ということも可能ではないのだろうか……と。

2020年、新たな挑戦として相応しいと意気込み、始めてみたものの……。

予想以上に、過酷な挑戦でございます。

まず市販のお茶を使った物には、甘いものがほとんどで、嫌いではないですが、些か糖分の過剰摂取になります。
基本自炊となり、色々なアレンジレシピを楽しめるのですが、仲の良い使用人仲間とご飯を食べに行くこともできないという、私にとって非常に苦しい日々です。

それでも、自分の決めたことを最後までやり切るという決意は揺ぎません。
走り抜けた後に見える景色というのもあるでしょうから。

という訳で、
最近お茶を使った料理やデザートにハマっている浅葱にございました。

また、来月にでも挑戦の軌跡を見せとうございます。
Filed under: 浅葱 — 22:00

溢れた茶葉の片づけ程度に

あけましておめでとうございます。
浅葱の抱負は、今年もお嬢様と素晴らしい一年を共に過ごせるように、です。その為に尽力したいと存じます。

2019年は紅茶について語ることが多ございましたので、少し趣向を変えて。

最近、浅葱のやりましたことを綴りますと、

パクチーレモネードを作りました。
レモン果汁を50cc、砂糖を大さじ10杯を1リットルのお湯で溶かし、そこへパクチーを一房入れて一晩置くと完成です!
氷を入れたグラスに注ぐと爽やかなパクチーの香りとレモンの甘酸っぱい余韻が広がる素晴らしいパクチードリンクです! 簡単に作れますので、是非試してみては如何でしょうか?



朝ごはんに牛乳をかけて飲む手軽なものをご存知でしょうか?
櫛方「それはコーンフレークでしょう」
でも、高垣くんが言うには晩ご飯にそれだけでいいらしいのです。
櫛方「それはコーンフレークじゃないなぁ。だってお腹の空いていない朝でも軽く食べられるんだもの。母親が今晩のご飯はコーンフレークよーなんて言ってきたら、そりゃあ暴動ものですよ」
浅葱さんが言うには牛乳じゃなくてロイヤルミルクティーをかけて食べると冬でも美味しく食べれるって。
櫛方「それはコーンフレーク、かもなあ。想像しただけで美味しそうだもの」
でも高垣くんが言うには、それはコーンフレークじゃないって。
櫛方「じゃあ…コーンフレークと違うかー」
羽瀬くんが言うにはそれはマシュマロだって。
櫛方「それは違うわ!」

ということで、コーンフレークにホットミルクティーなどを入れると朝でも温かく召し上がれますので、試してみては如何でしょう。

ちなみにマシュマロをミルクティーに入れるとほどよく溶けたマシュマロが幸せの食感で楽しめます。流れで否定しましたが、羽瀬くんも間違ってなかったのかもよ、櫛方くん。
高垣くんならコーンフレークやマシュマロを晩ご飯に食べていても不思議じゃないです。



後は紅茶染めなるものも致しまして、私物の白Tシャツを染めてみたのですが、これが貯まりに貯まった茶葉の消費にぴったりでございました。
要らないティーバッグを10パック煮出した濃い紅茶液に、洗っても色素が落ちづらくなるように色止めという作業で食塩(もしくはミョウバン)を入れて、Tシャツを浸します。1時間ほど置いて、手洗いしてから天日干しをすれば完成です。茶色のグラデーションが鮮やかなTシャツに変わりました。
ちなみに紅茶の赤い水色のような赤色に染めたい場合はハイビスカスティーを使って染めるときれいな赤色になります。



あれ?
いつの間にやら、紅茶の話をしておりました。
まあ浅葱とお茶は切り離せませんね。
今年もよろしくお願いします。

浅葱にございました。
Filed under: 浅葱 — 22:00

お茶のお勉強です

毎日飲むお茶。



ペットボトルでも緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、紅茶など色々なものがありますね。



高価なお茶として、

緑茶ならば京都宇治産の玉露や抹茶、

中国茶であればプーアル茶のビンテージ物、

紅茶であればダージリンの最高級品、

などが挙げられます。



普通に販売しているお茶であれば、高くても100g数万円で購入することができますね。





お嬢様、問題です。

世界で一番高いお茶はなんでしょう?

また、どのくらいするでしょうか?





結論から言うと世界で一番高値で買われたお茶は、中国福建省武夷山の『大紅袍』というお茶です。



岩場で育つ岩茶と言われる種類のお茶である大紅袍は世界遺産にも登録される霊験あらたかな武夷山で育ち、中国政府直轄で収穫栽培を行い、通常市場には流通しないもの。



希少性、樹齢300年を超える茶樹が4本しかなく、生産される量が極端に少ないことも起因しています。



2002年に20gで、なんと271万6200円という価格で取引されました。これはキャラメルフラペチーノのグランデに換算すると約5125杯フラペれる計算になり、たった20gのお茶で14年間毎日フラペることが可能なのです。



世界で一番高いお茶を味わってみたい気もしますが、浅葱は14年間フラペることを選びそうな気もします。





では紅茶の最も高値がついたものはなんでしょうか?





インド・ダージリンのマカイバリ茶園シルバーティップスインペリアルが買値で1キロあたり20万円で落札され、日本の高級ホテルでは1ポット4900円で提供されたそうですよ。



最高の品質、最高の茶葉、大人数の人間による手摘みの徹底、星占術的に最高の配置にある夜だとかで希少価値が高まっての価格らしいですが、本当に値段に見合う味なのかは眉唾ですね。



希少性に値をつけるのはこの世の性ですが、浅葱は値段や外聞に捉われず、自分の舌で美味しいと思ったものを素直にオススメ出来る使用人でいたいものです。



最近のオススメはアールグレイとチョコレートの組み合わせです。そんな組み合わせの紅茶を見つけたらきっと美味しいと思いますので、是非とも飲んでみてください。



キャラメルフラペチーノは豆乳にして、チョコチップを追加、ヘーゼルナッツシロップにするのが美味しいです。



浅葱にございました。
Filed under: 浅葱 — 22:00

櫛方といっしょ

10月の魑魅魍魎がいなくなり、街には安寧と少しの寂しさ、そして残されたもの。



11月にはまず紅茶の記念日から始まり、第3木曜日には新酒のお祭りがあります。

(more...)
Filed under: 浅葱 — 22:00

Swallowtail of the DEAD

ゾンビが蔓延しましたら、まずは身の安全を確保してくださいませ。

生き残るコツを教えましょう。

(more...)
Filed under: 浅葱 — 22:20

ヘルティーなるものを考えました

健康というものは永遠のテーマです。



毎日の食生活、睡眠、運動。

それらをバランス良く続けることが大切。



とはいえ、忙しいとついつい食事を抜いてしまったり。夜更かしをしてしまったり。ごろごろ、ぐーたら、惰眠をむさぼり、三年寝太郎になっていたり。



夏休みは、なにかと不健康になりがちだったのではないでしょうか?



お嬢様、夏バテにはお気をつけくださいませ。もうそろそろ秋ですが。



浅葱、ですか?

それはもう夏バテの真っ最中にございます。

もうそろそろ秋ですが。









今回ですが、そんな夏バテを吹き飛ばすような栄養満点の紅茶をご紹介致しましょう。





ずばり『ヘルティー』にございます!!





……ご存知ありませんか?

それもそのはずです。

浅葱が作った言葉ですから!!



ヘルティーとは、お野菜をふんだんに使ってビタミンやミネラルを補給できるヘルシーな紅茶のこと。



特に今回はトマト、きゅうり、ナスという夏野菜を使ってヘルティーを作ってみました!



『トマトヘルティー』

材料

・アッサム(パンダーバー)…5g

・お砂糖…小さじ3杯程度

・トマトジュース…50cc

・トマト…1個








『きゅうりヘルティー』

材料

・ヌワラエリア(ラピュータ)…5g

・きゅうり…1本

・蜂蜜…15cc








『なすヘルティー』

・ディンブラ(ランカー)…7g

・お砂糖…小さじ2杯

・ナス…1

・醤油…数滴








元気いっぱい! 浅葱にございます!!

美味しいかはさておき、飲めるようになるまで調整することは出来ました!

興味がありましたら、ぜひお試しくださいませ。浅葱は一切の責任を負い兼ねます。



ですが、やっぱり楽しいですね!

新しいことに挑戦するという夏の思い出。



お嬢様、この夏は如何にお過ごしなさったのでしょうか?

ティーサロンにてお聞かせくださいませ。





後日談ですが、浅葱が使用人達に変な紅茶を配り歩いていたとかで、こってりと怒られてしまいました。



やー、さいなんでした。

……まずくはないんですけれど。





浅葱
Filed under: 浅葱 — 22:00