モスコミュールと三人のセールスマン

敬愛せしお嬢様へ

秋から冬への巡りは、渓谷を流れる水のごとくに
兆しを感じたと思えば、瞬く間に凍てつくような夜を迎えるほどになってしまいました。

お嬢様が寒い思いをなさっていないか、お風邪を召していないかと心配ばかりしてしまいます。

どうかお昼が少しばかり暖かくともご油断めさらず、厚手のお上着にマフラーなどもお持ちくださいませ。

さて、お話しは変わりますが

11月より、Tiny BLUEMOONと称しまして
伝統的なスタンダートカクテルをお届けする、ミニバー形式のお品を、月に二日ほどサロンにてご用意させていただく事となりました。

かつて別館として門を開いておりました、Bar『BLUEMOON』にてお嬢様方にバーでの過ごし方やカクテルについて楽しく学んで頂いておりましたが、

同様に、伝統的なカクテルについて楽しく美味しく学んで頂くべく
当家バーテンダーたちが交代で、幾品かチョイスしたスタンダートカクテルをお届けさせて頂きます。

11月に引き続き12月も時任がバーテンダーを務めまして
此度はウォッカベースのカクテルをご用意致します。

ブドウベースのフランス製ウォッカをベースと致しまして
イチゴやラズベリー、クランベリー、ブルーベリーなどを漬け込み
ほのかにフルーティさが薫るよう仕上げた品をベースに
ウォッカレモネードや、カミカゼなど伝統的カクテルの数々をお届けしましょう。

そんなご用意する品々のひとつは「モスコミュール」でございます。

あまりお酒を召されないお嬢様でも、この名をお耳になさったことは多いのではないでしょうか。
市井でも広く扱われている、ウォッカをジンジャーエールで割った極めてスタンダートなカクテルでございます。

此度は、ジンジャーエールもアイルランド式に生姜から仕込みまして、自家製にてお届け致します。
お砂糖で煮詰めた生姜をベースに、ハチミツやハーブで柔らかく仕上げたジンジャーエールを合わせ

そこにフルーティな自家製ウォッカと新鮮なライムを絞りいれてお届け致しましょう。

そんなモスコミュールですが

このカクテルが世に誕生した経緯として
「三人のセールスマン」という逸話がよく語られます。

アメリカ生まれのこのカクテル。
このカクテルが誕生したのはバーではなく
アメリカの広大な土地を繋ぐ、広野を貫くハイウェイ。その傍らにポツンとあるダイナー…小さなレストランだそうでございます。

道路と荒野以外は何もないような、荒涼とした土地にポツンと立つこのダイナーには
普段は旅人やトラック運転手らが休憩で立ち寄るぐらいのお客しか居りませんでしたが

この日は奇しくも、見慣れない、くたびれたスーツ姿の男性が三人。カウンターにまばらに並んでぐったりとしていたそうでございます。

普段は無愛想なバーテンダーも、さすがに気になりそれぞれ話してみると…

一人はウォッカのセールスマン。このアメリカにもウォッカの魅力を伝えたいと夢見てましたが
「アメリカ人と来たらバーボンしか飲まないよ。ウォッカなんかロシア人が飲むもんだって聞いてもくれない!」

一人はジンジャーエールのセールスマン。
英国農村部の素朴な味を広めたいと願っていましたが
「アメリカ人ってコーラしか飲まないじゃないか!コーラ以外も飲む?何を飲むんですかって聞いたら、返事はダイエットコーラだったよ!」

一人はライムのセールスマン。
イタリアの新鮮な果実を山ほど新大陸に持ってきましたが。
「食べてもらって第一声が『甘くない』ばっかりだよ!フルーツとお菓子を勘違いしてないかい!?」

奇しくも新大陸アメリカにて苦労しているセールスマン三人が偶然集ったとあって
彼らはおおいに意気投合し、良い杯を重ねたようですが、

どんなに盛り上がろうとも、それぞれに抱えた困難と在庫は減るわけではなく、
いつしか口数も減った彼らは、再び三人とも頭を抱えてカウンターに突っ伏してしまいました。

見るに見かねたバーテンダーは、
彼らからウォッカ一本と、ジンジャーエール数本と、ライム一袋を買ってあげましたが

ビールかウィスキー以外を飲むお客は滅多に見ませんし。
コーラかコーヒーかオレンジジュース以外メニューに載せたこともありませんし
ライムに至ってはレモンとの違いすら分かりませんでした。

「まぁアンタら。苦労するのもわかるが、せっかく出会ったんだし楽しくやりなよ。
美味いかわからんが、出会いの印にこれらでカクテルを作ってやるからさ。」

バーテンダーはその辺にあったマグカップにウォッカを注ぎ、ジンジャーエールで満たし。酸味付けにとライムを大きくカットして絞り入れて、3人に渡してやりました。

怪訝な表情で三人はマグを受け取り、小さくお礼を言って同時にそれを飲み始めました。

「「「美味い!」」」

三人は同時に叫びました。

ウォッカの力強い素朴なアルコールを
優しくも刺激的なジンジャーエールの風味が包み込み
ライムが爽やかさと香りを添えて

最高のバランスが整ったカクテルに仕上がっていたのです。

「そうか…ありがとう!
一人で売れないなら、このカクテルを広めて
三人でセールスしていけば、きっと売れまくるはずじゃないか!?」

先程までの意気消沈はどこへやら。
セールスマンたちは口々に元気よく捲し立てると
バーテンダーに熱烈な握手と感謝を告げて
三人揃って店の外へと駆け出していってしまいました。

それから。

アメリカの広大なハイウェイに連なる
無数のバーやダイナーに

三人組のセールスマンが現れては
今までにない爽やかで刺激的な風味のカクテルを売り歩くようになり

いつしか、そのカクテル「モスコミュール」は
アメリカ全土のバーで流行するまでに至ったそうでございます。

そんな逸話のあるモスコミュールを
使用人が更に磨きをかけた杯。

遠き昔の、ハイウェイ沿いの古びたダイナーで
杯を傾けていた三人に想いを馳せながら
お召し上がりいただければ、幸いでございます。

紅茶のリキュール

ご機嫌麗しゅうございます。
西槙でございます。

秋が深まり、冬の足音が近づいてくるようなこの季節、お嬢様、お坊ちゃまはいかがお過ごしでいらっしゃるのでしょうか。
季節の変わり目は体調を崩しやすいものでございます故、どうぞしっかりとご自愛くださいませ。

さて、話は変わるのでございますが、実は私、毎年この時期は紅茶のリキュールを漬けておりまして、先日それが完成したのでございます。
この時期に手に入る秋積みの茶葉は力強いコクを持っており、リキュールとして抽出してもしっかりと紅茶の味を感じられるのが特徴でございまして、私の毎年の楽しみの一つでもございます。

このリキュール、ストレートやロックでおいしく頂けるのはもちろんのこと、少量のキュラソーを加えることでアールグレイ風のカクテルにアレンジしたり、お料理やお菓子にアクセントとして用いることもできる優れ物でございます。

作り方も簡単で、ウォッカ100mlに対してお好みの茶葉を7~10g、そして茶葉の2倍の量のお砂糖を入れて密封し、1日一回ほど軽く撹拌させながら10日ほど漬け込んでいただくだけで完成いたします。

もしお気に召していただけそうでしたら、ぜひお作りになってみてくださいませ。

西槙

今年のケーキも

お嬢様、おぼっちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。室井でございます。

今年もまた冬がやってまいりまして、12月に再び絢辻と一緒にフットマンケーキをお出しする事が叶いました。

私のケーキは「ショコラムース」でございます。中にオレンジポーレを閉じ込めた濃厚なチョコレートムースでちょっぴり大人っぽくビターに、さらにブランデーを加えて味に深みを持たせて仕上げております。

寒い時期には濃厚なチョコレートがぴったりでございます。今回もとても美味しく仕上がりましたので、是非一度ご賞味くださいませ。

絢辻のケーキはピスタチオとラズベリーを使ってクリスマスカラーを表現したとても見た目にも可愛らしいクリスマスにぴったりのケーキでございますので、是非是非こちらもお召し上がりくださいませ!

ミュージカル『ローマの休日』

一度は見て頂きたい映画ローマの休日がミュージカルになって戻って参りました。
この映画の製作は1953年。日本で初公開されたのは1954年で、オードリーヘップバーンが主演女優賞に輝きました。

ストーリーはヨーロッパのある国の王女が諸国歴訪の旅に出ていた。
連日の公式行事の中、初夏のローマを訪れた。ローマの子たちがお祭りに夜を徹して楽しんでいた。
王女とはいえ内実は遊びたいうら若き女の子。王女は大使館をそっと抜け出た。
王女は寝室で医師から処方された薬の効き目で夜の街頭のベンチで眠り込んでしまう。
そこへ通りかかった新聞記者のジョーブラッドレー(グレゴリーペック)。
彼はローマ訪問中のアン王女とは知らずに助け起こすが目覚めない。
放っておくことも出来ず、やむを得ず自分の下宿に連れ帰る。
翌朝出社したジョーは、支局長に見せられた新聞を見て驚く。
自分の部屋で眠る若い女性の写真が大きく紙面を飾っている。その時初めてアン王女だと知るのだった。

ジョーはアン王女おしのび見聞の特ダネを支局長に売り込む。親友のカメラマンを抱き込み王女の動向をとらえる手はずを整える。
ジョーの部屋で目覚めたアン王女は一晩泊めて貰った礼を言い、一人で街に出掛ける。
生まれて初めて街を自由にめぐり、この瞬間にしたい事をするのだった。
初夏の日差しがまぶしい永遠の都ローマ。王女にとって生涯忘れる事のない一日が始まる…。

藤堂がこの映画を初めてみた時はまだ若い頃で、非常に感激したのが昨日のことのように思います。
1998年に青山劇場で大地真央さんのアン、山口祐一郎さんのジョーで上演。同じコンビで2000年に帝国劇場で再演。
大地さんがオードリーヘップバーンそっくりに演じられ、たしか二カ月間の公演で、大地さんが賞を取られたと記憶しています。
20年ぶりの再演はWキャストで、アン王女を朝夏まなとさんと土屋太鳳さん。ジョーブラッドレーは加藤和樹さんと平方元基さんのWキャスト。ルーヴィングは太田基裕さんと藤森慎吾さんのWキャストです。
藤堂は土屋、加藤、藤森のキャストで観ました。
何度観ても心温まる名作です。お嬢様是非ご覧になられまして、大人の夢の世界に入って下さいませ。
数年前にイタリアに旅行し、ローマにも行ってきました。ジェラートを立ち食いする広場は禁止になってしまいましたが、その雰囲気に浸ることは出来ました。
今は旅行が出来ませんが、行ける時期が参りましたら是非出掛けて下さいませ。

藤堂でした。

第一回フットマンティーの魅力

ご機嫌いかがでございましょうか、お嬢様、お坊ちゃま。
紅茶係の白川で御座います。
すっかり陽が落ちるのも早くなり、肌寒く、本格的な冬の到来を感じさせる季節になりましたね。
どうぞ体調を崩されぬ様、お気をつけ下さいませ。

ところで私、白川は紅茶係を拝命しまして暫く経ちました。その中でこんなにも美味しくて素晴らしい紅茶があるのかと感じたので御座います。
ですから、よりお嬢様、御坊ちゃまに紅茶の、特にフットマンティーにフォーカスを当て、手掛けた使用人本人から直接聞いた話を交えながらその魅力をお伝えしたいと存じます。

その記念すべき第一回目は、
「アレゥキサンドゥライトゥ」原文ママ
本人にこう発音する様にと言われました…。

そう、記念すべき第一回目は桐島が手掛けます
「アレキサンドライト」の魅力に迫ります!

桐島「それは至高にして究極の紅茶です。」原文ママ
私のアレキサンドライトとはどんな紅茶ですか?の問いに対する答えでごさいます。
確かに大袈裟とも言い切れない魅力がこの紅茶にはあると思います。
私自身初めてこの紅茶を飲んだ時、いや、淹れようとした時、この紅茶の芳醇な香りに心奪われました。鮮烈な心地の良いマスカットの香りが非常に良いと感じました。

アレキサンドライトはマスカットフレーバーのセイロン茶にジャスミン茶をブレンドしたもので御座います。
桐島も口にした時に、マスカットの香りとそして後味に残る微かなジャスミンをお嬢様、御坊ちゃまに感じて頂きたく、絶妙なバランスでブレンドしましたとの事で御座います。

ネーミングの由来は宝石のアレキサンドライトから。太陽光の下では青緑、白熱灯や蝋燭の下で赤色に変化するこの宝石をそれぞれのフレーバーに例えたとの事で御座います。

桐島おすすめの飲み方としてはもちろんそのままホットで淹れてお召し上がり頂いても存分に美味しいのですが、
アイスもおすすめとの事で御座います。
アイスでもその香りや美味しさを損なう事なくお召し上が頂けるとの事です。

また聞き及びました処、アレキフレスカなる裏レシピがあるとの事で御座います!
こちらのレシピは本人から直接丁寧なご説明をしたいと所望しておりますので、
ご帰宅の際は是非、桐島本人にお尋ねくださいませ。
私も試しましたがとても爽やかで美味な紅茶で御座います。
少し甘くしてお召し上がりになるのがおすすめで御座います。

※申し訳ございませんが、お屋敷でのアイスティーのご用命は一部を除き7月~9月
でございます。
また特別なブレンドのオーダーもお受けしておりません。
ギフトショップにてお買い求めの上、お試し頂ければと存じます。

これから更に寒くなりますのでアイスでお召し上がりになるのでしたら、運動後や部屋を暖かくしてお召し上がりになるのがオツかと存じます。
運動後?と言えば、只今ギフトショップ、パティスリースワロウテイルのオンラインストアで運動後にピッタリな桐島提案のクレープボックスをご用意して御座います。
こちらはお嬢様、御坊ちゃまに満足して頂ける様にとお味と健康に拘ったお品で御座います。
プロテインを含有しましたダックワーズの上にデュプロマットクリーム(生クリームとカスタードを混ぜたもの)を乗せてその上にキャラメルソース、ナッツを散りばめ、
更にその上にプロテイン含有の生クリームを搾り、お包みしたクレープで御座います。
こちらのクレープは15g以上のたんぱく質が摂取出来るだけでなく、キャラメルソースとナッツの香ばしいハーモニーが相性良く大変美味しく
お召し上がり頂けるお品で御座います。
こちらは11月いっぱい限定でのご用意となりますので是非お早目にお試し頂ければと存じます。

以上では御座いますがアレキサンドライトの魅力をお伝え出来ましたでしょうか?
アレキサンドライトに対するご意見、ご感想は是非、桐島にお伝え下さいませ。

はてさて、次回はどの使用人の紅茶に致しましょう?
リクエストやご感想がありましたら使用人までお申し付けくださいませ。
それではお嬢様、御坊ちゃま、またお会い致しましょう。

11月

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、 山岡でございます。

ハッピーハロウィンな月も過ぎましてあっという間に冬目前、年末が近づいてまいりました。 外はもうすっかり寒うございます。

私はこの時期に入りますと一気に朝の目覚めが悪くなり、お布団から離れたくありません。。 ですがティーサロンにてお仕えさせて頂くようになってからは比較的規則正しい生活が出来るようになったのかもしれません。

何よりお嬢様をお迎えする為の毎日です、決して憂鬱な朝なんて訳はございませんから。そう考えると使用人山岡の日々は大旦那様とお嬢様のおかげで本当に華やかなものになっていると思います。
本日は改めての感謝の気持ちとお慕いの気持ちを綴らせて頂いて、日誌とさせて頂きました。

お外の世界も少しずつ平和を取り戻して来ているようでございますね。
催しごとなども沢山復活することかと存じます。私も心置き無くライブを見に行ける事が楽しみです。

またお外の世界での楽しかったお話なども是非ティーサロンにてお聞かせ下さいませ。 では。