Noise

秋も深まりを見せ、2020年の足音が聞こえる時候が参りました。

今年も様々な四季をお屋敷で感じ、偏に嬉しい能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



オリオン座が南の空に輝くころ。多くの使用人たちも寝静まった後。

喧騒から遠く、落ち着いて読書を楽しむことが出来るという理由から、

夢か現か分からぬ、この微睡みの時間が私は非常に大好きなのですが、

カチャリカチャリ、遠くの方で銀食器同士が触れ合う音が聞こえます。



雨音も左様ですが、凛と静まり返るよりも、少しのノイズがある方が、

私の中では、物事に対する集中力がより増幅するようでございます。

今宵は、誰かの営みのお陰で、読み物が捗りそうで大変助かります。

夜な夜な、勉強に勤しむ熱心な使用人たちに、感謝の意を込めまして。



お嬢様はもう既に来年へと目を向けている最中でございましょうか。

年末のお勉強やご予定に大忙し、ラストスパートかも知れませんね。

身体が幾つくつあっても足りぬ、目まぐるしい毎日かと存じますので、

本格的にご多忙になる前に、お身体やお気持ちをお整え下さいませ。



今月末には隈川と一緒に特別なエクストラティーをご用意致します。

私と隈川の専門分野を個性として存分に表現できた紅茶でございます。

是非、お楽しみにお待ち頂ければ、私共も大変嬉しゅうございます。



気が付けば夜も更け、食堂の方も片付けが済んだようでございます。

私もドライフルーツとポートを頂き、入眠することに致しましょう。

お休みなさいませ。お嬢様。



能見
Filed under: 能見 — 22:00