久々のトキメキ

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

いくつになっても新しい家電を買う時というのは、やはりドキドキするものです。
この度、久々に家電を新調する機会がやってまいりました。
パンを焼くだけではなく、グラタンやドリア、焼きカレーなどチーズに焦げ目を付けたい時に重宝していたオーブントースターが、少し臭くなってきてしまったのです。
調理に使いすぎて、食材の匂いが移ってしまったのかもしれません。
残念だと思う反面、「ラッキー!」「買い換えのチャンス!」と思ってしまった自分がおります。
オーブントースターはさほど高価なものでも無いため、修理に出すよりは買い換えたほうが安上がりですしね。

よし買うぞと決意したら、あとは売り場を眺めつつ情報収集に勤しみます。
近年、オーブントースター業界では大革命が起きており、トーストに特化した高価な単機能機が大ヒットする時代が訪れています。
しかしパンよりもご飯、しかも白米よりも玄米派の私としては、トースト専用機にそこまでお金をかけるつもりは毛頭ありません。
調理にも利用でき、トーストも上手に焼け、パンを温め直す時にも重宝する、そんな用途にピッタリなのが「コンベクションオーブントースター」。
温められた庫内の空気を循環させ、食材に効率よく熱を加える仕組みになっています。
発売された当時から気になっていたこの商品、ようやく購入することができました。

使ってみると、なるほどこれは便利です。
トースターとしても焼き加減が絶妙で非常に優秀、オーブンとしても庫内が大きめで使いやすく食材に満遍なく火が通ります。
また、秀逸なのが「パンあたため」という機能です。
スイッチひとつで、クロワッサンなどに余分な焦げ目を付けることなく、焼き立て同然に仕上げてくれます。
サクサクしっとり感が素晴らしく、ついつい街中のベーカリーに立ち寄って購入し、温め直して食べ比べてしまうようになりました。

作り自体はシンプルなので掃除や手入れも楽。
しばらく買い換えの必要が無いくらい「シンプル・イズ・ベスト」を地で行くような商品です。
満足感に包まれ、ホクホク顔でシルバーの筐体を眺める日々を送っております。
Filed under: 吉川 — 14:00