古谷でございます

たとえ踏みにじられようとも。




たとえむしりとられそうになろうとも。




潤いの雨が降らなくとも。




暖かな陽の光が当たらなくとも。



咲き誇るはなのように。






少しずつではございますが春めいて参りました。お屋敷の庭園もまもなく桜が見頃でございますね。






春の訪れと共に美しく咲き誇る桜。ある人にとってはじまりを、またある人にとっては終わりを。





この花を見ると、時の移り変わりを感じずにはいられません。





多くのことを考え、時に悩み、時に喜ぶ時の移り変わりのなかで、




変わらず必ず花を咲かせるこの花のように。




咲き誇るはなのように在りたいものでございます。





古谷
Filed under: 古谷 — 10:00