ハロウィンは終わらない

近頃はトーストの焼き方を研究しております。
日比野でございます。

お嬢様、お坊ちゃまはどのように食パンをお焼きになっていますか?
先日とある純喫茶にてお勉強していた所、トーストの美味しさに衝撃を受けたのです。

(more...)
Filed under: 日比野 — 22:00

秋の夜長

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

もうすっかり秋らしい気候に変わりましたが、あいにく雨の日が多うございますね。

(more...)
Filed under: — 22:00

訪問

敬愛せしお嬢様へ。
季候の上の夏がようやく終わったかと思えば、天候がずいぶんと荒れておりますが、お嬢様におかれましてはご健勝であられましょうか?

(more...)
Filed under: 時任 — 22:00

スイーツマリアージュ

お嬢様。

当家の使用人、甘党揃いという事をご存知でございますか?

(more...)
Filed under: 百合野 — 22:00

休日

ご機嫌麗しゅうございます。

天音でございます。

(more...)
Filed under: 天音 — 22:00

シュガードリンクとノビタースラックス

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

フットマンになったのも今は昔。私も沢山の後輩がいる身になってしまいました。


知ってる方も少なくなって参りましたが実は私の始まりはドアマンでございます。


ドアマンは主に執事と関わる事が多くまだまだ若輩の私に色々な事を教えてくださりました。


(more...)
Filed under: 桐島 — 22:00

蹴鞠

ご機嫌麗しゅうお嬢様。

千種でございます。

近頃は夜は涼しくなり秋らしくなりましたね。

この度の日誌は私の好きなサッカー(フットボール)の起源についてお話しさせて頂きとうごさいます。

サッカーの起源は諸説ありますが主にイギリス、中国、イタリアが起源の説が有力とされております。

私と致しましては、イギリスの説を信じたくございます。イギリスの説につきましては、次の機会にご紹介させていただきとうごさいます。

ただ今の公式の説とされているのは中国起源説でございますのでご紹介させて頂きとうごさいます。

中国の伝統文化でございます「蹴鞠(しゅうきく)」という一種の芸能のような遊びがサッカーの起源であるという説でございます。ちなみにではございますが、蹴鞠は日本にも600年代に、仏教などの文化ともに伝わってきてございますので、その歴史は大変長いものでございますね。

中国では、あまりにも熱中してしまう人々が仕事を放棄してまで蹴鞠をしてしまうので蹴鞠禁止令が発令されたこともあるそうでございます。

蹴鞠が映像になっている映画作品として「レッドクリフ」がございますので宜しければ拝見してみてくださいませ。



簡単にではございましたが、ご覧に頂きありがとうございました。
Filed under: 千種 — 22:00

高垣旅行記

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。

近頃は夜は冷え込みますので本日は暖かいココアでも用意させていただきましょうかね。

おや、何やら雑誌片手にご旅行の予定ですか?ならば本日は私が訪れたことのある美しい街をご紹介いたしましょうか。

私はカナダのトロントという街へ参ったのですが、その際にモントリオールという更に東の街へ旅行しました。

着いてみると同じカナダとは思えない異国情緒溢れる石造りの建築物や、石畳に並ぶ商店、そして特筆すべきは立ち並ぶ多くの教会でしょう。



こちらはその中の1つノートルダム大聖堂でございます。まるでファンタジーの世界に足を踏み入れたかのように感じ心踊りました。

海外の観光地では食には期待できないことも珍しくございませんが、モントリオールにはございました。
スモークミートでございます。

中でも有名Schwartz’sに行ってまいりました。現在ではオーナーのひとりにセリーヌ・ディオンのご主人がいらっしゃる1982年から続く老舗でございます。
ご覧の通り店の前まで行列ができており、中も相席を求められることも少なくないようです。席につくと陽気なコックコートを纏うおじ様にオススメとコーラをお願いしました。

出てきたのはスモークミートのサンドウィッチとチェリーコーク、注文と違うものが届き困惑する私に「うちはサンドとチェリーコークが最高に合うんだ!オススメを聞かれたからつい持ってきてしまったよHAHA」と満面の笑み。おじ様のテンションに負け実食。

美味。肉厚なスモークミートの燻製の香りと塩っけ、独特な甘みのチェリーコークが後味をサッパリと変えてもう一口と箸が進み、更に塩っけとマスタードのピリッとした味わいが際立ちました。おじ様に感謝。

味わいもさることながら楽しげな接客、相席による他者との交流、また機会があれば訪れたくございます。

冬になると北に迎えばオーロラなども美しゅうございますのでモントリオール周辺地域へお出かけになられてはいかがでしょうか。

こちらの雑誌はもうよろしゅうございますか?かしこまりました。チケットを手配しておきましょう。ではまた後ほど。
Filed under: 高垣 — 22:00

月光が運ぶ闇夜

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様方。
羽瀬でございます。

すっかり秋でございますねぇ、、、
裏山の銀杏や紅葉も色付き始めております。
羽瀬は本日も、落ち葉掃きをし、焼き芋を焼いて、裏山の動物たちと共に食べました!別にサボっているわけではございません!!
よろしければお嬢様方も、裏山で焼き芋なんていかがです?共犯者になりましょう!!

ただいま日誌を認めるお供に、
なんとも秋を思わせる見た目のカクテルを飲んでおります。

折角でございますから、お嬢様方にもレシピを、、、!

使うもの
・ブラックパインリキュール 30ml
・サザンカンフォート 30ml
・ジンジャーエール 適量
・氷(細かいものだと、より美しく出来る)
・レモン(月に見立てるので、輪切りでも1/6カットでも)

①200mlほどの容量があるグラスにブラックパインリキュール30mlを入れる
②氷を入れる
③氷に当てながらゆっくりとサザンカンフォート30ml→ジンジャーエール適量を入れる
④好みでレモンを入れたり、グラスの縁に挿す
完成です!!!

ジンジャーエールの黄金色が月光のようで、サザンカンフォートがグラデーションを成し、ブラックパインリキュールが闇夜の空や影を表現している1杯でございます。
コツはサザンカンフォートと、ジンジャーエールをいかに丁寧に注げるかでございます!

ちょうどキュイジニエ達が明日の仕込みにレモンを使っておりまして、無かったので、本日はデンファレを挿しております。。笑


味もフルーティかつ甘いので飲みやすいかと!
ノンアルコールでこの見た目にするならば、
フルーツシロップはあると思うので、
黒い部分には、ブルーベリーシロップを使ってみてはいかがでございましょうか?

そろそろ、お酒のお陰か、眠くなって参りましたので、このあたりで、、、
どうぞ、月見をするのであれば
裏山でお待ちしております。
寒くなってまいりましたから、
しっかりとコートなど羽織って、
いらっしゃってくださいね。

羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

10月号

影山でございます。

今月の本をご紹介致します。



『ミストボーン』ブランドン・サンダースン
『ミストスピリット』ブランドン・サンダースン
『ミストクローク』ブランドン・サンダースン

全9冊の大作でございます。
ファンタジー作品としてとてもクオリティーが高く、非常におススメの作品でございます。
伊織、瑞沢に勧められて読んだ作品でございます。いつか映像化して欲しいと個人的には思っております。
読まれたらティーサロンにて感想を承れたら嬉しゅうございます。


『ソロモンの偽証』宮部みゆき

全6冊の大作でございます。同級生の死の真実を求め、学級裁判を行う作品でございます。
6冊を長く感じない程、すごいスピードで読み終えました。最後は個人的には物足りない部分がございましたが、作品として完成度が高い作品だと思います。


『理由』宮部みゆき

直木賞受賞。事件を多角的に描きながら事件の真相を知っていく作品でございます。
なかなか難しいお話ですが、家族のバックボーンを細かく描いた興味深い作品です。
一つだけ難をあげるとすれば、時間をかけると話を忘れてしまってよくわからなくなる点ですね。主人公目線で描かれていくものとは違いますので、一気に読んでしまう事をオススメ致します。
わたくしは1ヶ月かけて読みましたので、思い出すのが大変でした。


読書の秋でございますし、引き続き何かオススメ作品を見つけましたらご案内させて頂きますね。



Filed under: 影山 — 22:00