Awesome City Crab

いかがお過ごしでございますか、桐島でございます。

秋がやってまいりました。

私の1番好きな季節でございます。

特に秋を感じるのはランニング中でございます。

そよそよと湿気がなく、心地いい風が吹く中、走るのはとても気持ちが良いものでございます。

よく並走するのはシオカラトンボ。しばらく一緒に、走ると「まだまだだな」っと言わんばかりに去って行きます。私に劣等感を与えて去っていくにくいやつでございます。

次によく会うのがアゲハチョウ。まだまだ夏気分なのか、ヒラヒラと優雅に舞っており、ちょこっと見とれて追いかけたりしてコースから外れるのが最近の悩みです…。

ランニングの後、クールダウンにしばらく歩くのですが、リーンリーンと鈴虫の声が聞こえてまいりました。あー秋が来た~と一人でテンションを上げております。

そして自室の扉の前には大きなカニが出迎えてくれます。恥ずかしがり屋なのか直ぐに横の隙間に隠れてしまいます。お前は冬の生き物だろ~っと思いを馳せながら自室へ。


シャワー浴びて、頭を乾かし、ストレッチをして、プロテインを飲みながらふと考えます。





あのカニなんなんだ…。






秋は不思議がいっぱい。



お嬢様、お坊っちゃま。季節外れのカニ鍋をご用命の際はいつでも桐島にお声掛けくださいませ。
Filed under: 桐島 — 16:46

ほしいも

9月という響きは秋らしさを内包するものの、いまだしばらくは夏の気配が去りそうにありません。
収穫をよろこぶのも、もうひと月ふた月先のことかと思うと、いっそ9月は夏であると断言してくれた方が心がやすまりそうです。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 12:00

夕風

金澤でございます。

今とっても夕焼けが綺麗です
お嬢様にも見せて差し上げたい
そのくらい綺麗です
夏の終わりってこんな夕陽があるんですよね
雲の色が朱色のグラデーション
このジーンとくる感覚は言葉では表現しきれません
きっとどこかでお嬢様も同じ夕焼けを見ているのかなと思ってみたり…

太陽が丘に隠れると夏の風がいつの間にか秋を感じさせる風に変わりました
街の灯りが瞬きはじめました

明日はどんな日になるのかな

『 明日への手紙 』♪
Filed under: 金澤 — 16:00

花鳥風月

ご機嫌いかがでございますか。
環でございます。


夏の暑さはまだ残っておりますが、少しずつ秋の気配も感じるようになりました。



秋にも楽しみがたくさんございますね。



味覚の秋や芸術の秋などがございますが、紅葉も楽しみの一つでございます。



力強く茂っていた葉が紅くなり、また違う表情を見せる。


そんな景色が待ち遠しゅうございます。




そしてふと思ったのですが、題名の花鳥風月。



美しい風景を表した四文字熟語でございますが、個人的に連想される風景は紅葉の紅や夜空の黒などです。



何故なのかは分かりません。



お嬢様はどんか風景を連想されるのでしょうか。



まずは使用人にでも聞いてみようかと存じます。



では、また。
Filed under: — 16:00

新しい称号

この度、大旦那様よりファーストフットマンの称号を授かりました。
使用人として、より高みを目指して尽力してまいりたいと存じております。


振り返ってみれば、お屋敷の門を叩いた時は、今の自分自身が想像できなかったと思います。
そしてこれからも同様に、予想できない未来が待っている事でしょう。

しかしながら、これだけは変わらないと自信をもてる事がございます。

それは、「お嬢様がどうしたら喜んでくださるかを考え続ける事」でございます。

これはどんな状況に見舞われても変わらない自信がございます。

環境や心境が変われば必要なものも変わってまいります。
我々はその都度、最適なモノをお届けできる様、努めてまいりたいと存じております。


階級が変われど、私がいくつになろうともお嬢様の記憶は私の中に重なり
その時に一番大切な使用人としての贈り物を探し続けることでしょう。


どうかこれからもお嬢様の元でお仕えさせてくださいませ。


~感謝を込めて~


百合野
Filed under: 百合野 — 13:00

ご報告とご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます、隈川でございます。

お嬢様。
私、隈川は本日より正式にファーストフットマンの任を仰せつかりましたことご報告申し上げます。

私は他者にも自分自身にも甘い人間であることを自覚しております。
教育係の役割を持つファーストフットマンという役職を全うする為には、後輩たちに見られて恥じることのないよう、これまで以上に責任を持った考え方が必要でございます。


しかしながら、根幹にある『お仕えする主人の役に立ちたい』という気持ちはこれまでと変わることございません。むしろ、より一層深まっているようにも存じます。

お嬢様の傍で、先輩方の伝統を踏襲しつつ自分がファーストフットマンである意味を見つけていけたらばと存じます。

精進致します故、これからもどうぞ宜しくお願い致します、お嬢様。


隈川
Filed under: 隈川 — 13:00

古谷でございます

フラフラと立ち眩んでしまうような連日の日盛りも僅かばかり穏やかになりつつございます。







(more...)
Filed under: 古谷 — 21:30

秋の入り口

司馬でございます。
皆様、お健やかにお過ごしでございますか?


九月になりまして、ツクツクボウシの声が聞こえるようになりました。
わずかながら涼しい風も吹きまして、朝夕に秋の気配を感じることも多くなりました。

さて、

―天高く、馬肥ゆ。

という言葉がございます。
実り多い秋を表す意味として使われますが、語源を探ると、この言葉には不穏な歴史がございます。
実はこの言葉、『漢書』にございまして、秋になれば、準備を整えた騎馬を駆って、異民族が襲来してくるから、防戦の支度をしなければならない、という意をもっております。
いささか物騒でございますね。

幸いにも、いまは平和な時代でございます。
当家の駿馬たちも戦に出るようなことはございません。
お嬢さま方におかれましては、秋の陽光の元、のんびりとご乗馬をお楽しみいただければ幸いでございます。

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・。
いろいろな楽しみも増えてまいります。
どうぞ大いにご堪能くださいませ。

ただ、秋の初めは、夏の疲れがたいへん出やすい時季でもございます。
決してご無理はなさらず、お嬢さま方のマイペースをお守りくださいますよう。


では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 16:00

夏の日の2018

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

日頃から恋い焦がれ、手を伸ばせば届くのに、なかなか勇気が出ず、あと一歩が踏み出せない…。
そんな経験、皆様にもございませんか?
かくいう私もその一人。
しかし先日、ついに勇気を出して歩を進め、手を伸ばして一線を越えてしまいました。

そうです、書店に数多ある、付録つき女性向け雑誌を購入してしまったのです。

以前から、女性誌に同梱されている付録を羨ましく思っておりました。
機能的で、シンプルで、普段使いにちょうど良い、トートバッグやリュックサックやポーチ等々。
書店に綺羅星のごとく平積みされている女性誌を、垂涎の眼差しで眺めておりました。

そんな夏のある日、目に留まった一冊の女性誌。

特別付録『マルチに使える3層ポシェット』。

こ…これは…欲しい!

ちょっとした外出用にポシェットのような物が欲しいと思っており、昨今は男性向けにサコッシュなるものも出回っていたのですが、なかなか食指が伸びずにおりました。
そこに一筋の光明が…!

しかし、その場で即決、衝動買いするのは愚の骨頂。
大人の男の余裕でここは一旦その場を離れ、スマートフォンで付録の出来不出来を検索してみます。
ふむふむ…なかなかの高評価…。
よし! 買おう!
照れも恥じらいも感じず、周りの視線など意に介さず、女性誌を手に取りレジに向かいました。

購入するや否や、カフェにて即開封。
ほほう、こういう仕組みか。
ゴワゴワとした生地感や色合いはユニセックスな印象、外側にミニポケットあり、メインジップを開けると三層に分かれており、センター部に更にジップあり、その中が二層に分かれ、おまけに6つのカードポケットあり。
これならスマートフォン・モバイルルーター・ハンカチ・ポケットティッシュ、そしてインナージップ内に各種カード・紙幣・硬貨、全て入れられます。
いやはや、その機能性、その大容量には脱帽&感服。
フルオープンではなくジップ付きのため、防犯性にも優れており、ちょっとした外出どころか小旅行程度なら余裕でしょう。
こんな逸品を付録にしてしまう女性誌に畏敬の念を禁じ得ません。
思わぬ掘り出し物を入手してしまった、そんな2018年の夏でした。
Filed under: 吉川 — 18:30

○○焼き

八幡でございます。
つい先日でございますが大旦那にお休みを頂きまして私と桐島、杉村、黒崎、浅葱の5人のメンバーで皆それぞれタコ以外の食材を用意いたしましてたこ焼きパーティーなるものを致しました。




休日でございましたので使用人というのを忘れ和気藹々と楽しくたこ焼きを作らせて頂きました。正確に申しますとタコ以外を使用致しましたので○○焼きでございますね。





そしてまさかのその様子をおさめた物が9月7日の金曜日!!!!!
ギフトショップでDVDとしてご用意されるそうです。





休日の私たちの様子をおさめた物なのでティーサロンとはまた違った雰囲気の和気藹々と致しました私たちがご覧いただけます。







数に限りがあるそうなのでお早めのお立ち寄りをお待ちしております。






因みに私はばっちり美味しい食材をご用意できました。






ではティーサロン、そしてギフトショップでお待ちしております。
Filed under: 八幡 — 19:35