貴重な旅

先日使用人の皆でお出かけに行ってまいりました。

バスに乗り少しばかり遠くの地へ。


普段給仕や勉強で一日を終える我々。
この様な余暇は大旦那様からいただいた貴重なお時間でございました。


普段ゆっくりお話できない仲間との交流も楽しみました。


金澤とは欧州車の話で盛り上がりました。
とても博識で、普段大人しい金澤が車のことになると様々な知識を伝えてくれる事が新鮮でございます。


彼は本当に色々な事に気が付き使用人に対しても気を回してくださいまして、心優しい尊敬する使用人の一人でございます。



尊敬する使用人といえば
大河内もその一人。

彼が給仕の時に私は歌劇団の稽古などで顔を合わせる機会は少のうございますが、いつも顔を合わせる度に笑顔で
「いつも稽古お疲れ様…」と言葉をかけてくださいます。

使用人としても階級としても先輩にも関わらず、後輩にも優しく様々な事に博識で、お屋敷に入った時から憧れている方の一人でございます。



そして…

旅の最中ではこんな方とも交流を交わしました。








何やら、使用人が集まっておりまして…









その中央にある何かを囲んでおります…








四角くて…










色とりどりな…














カードゲームでございました!


司馬執事でございます。


カードの使い手と行っても過言ではないほどたくさんのカードゲームを所持しておりました。


いつもとても変わったカードゲームで皆を楽しませてくださいます。


ゲームの内容はカードの手札の絵柄を使いながら物語を作るという素敵な内容でございました。



司馬執事はまるでラスベガスのディーラーの様にカード操って、皆を楽しませてくださいました。




旅の話は尽きませんね…。



この続きはまた日誌でお伝えいたします。
Filed under: 百合野 — 21:00

4月

月に1度、八幡の書き綴った日誌をお嬢様にご覧になっていただけるのがとてもとても楽しみでございますので今月も気合いを入れて書き綴ろうかと存じます。



お嬢様!!
季節の変わり目のこの時期
体調などは如何でございますか?
八幡はいつも通りとても快調でございます。





さて日誌をご覧になっていただく楽しみがこれで終わってしまうのはとてもとても寂しゅうございますが本日は以上でございます。
Filed under: 八幡 — 08:20

遠い日の思い出

花便りも伝わる今日この頃、お嬢様いかがお過ごしでしょうか。

乾でございます。

さて、今回は私の小学生の頃の思い出話にお付き合いくださいませ。

ゴールデンウイークが終わり桜が散り始めた頃(私の故郷ではお屋敷より一ヶ月ほど遅れて桜のシーズンとなります)春の遠足で桜の名所でもある、某城址公園に行った時のお話でございます。

お昼のお弁当も食べ終わり、ラムネでも買おうとお小遣いを握りしめ売店に行きますと売店のおばちゃんが(注:本来なら売店にいらっしゃる店員の御婦人が正しいのでございますが当時の雰囲気を再現致したく思いますのであえて「おばちゃん」とさせていただきます)

おばちゃん(以下、お)
「いらっしゃい。あら、あんた今日も来たの?」

私「?」

お「昨日もラムネ買ったよね?」

私「昨日は学校だよ?」

お「あんたに良く似た子がいたんだけどね?」

私「僕じゃないよ・・・」

お「ホントかい?」

友人達が私が嘘をついてない事を証明してくれたのですが、おばちゃん達は不思議そうな顔をしていました。

バスに戻り担任の先生に話をすると何か思いついた様子で

「そういえば昨日は〇〇小学校がここに遠足来てたけど、たしか君のいとこの〇〇君いたわよね?」

私「いる」

先生「じゃあ、きっと〇〇君と勘違いしたのよ。君達良く似てるからね」

この一言で謎がとけて、皆で笑ったのを覚えております。

実は先生の旦那さんが〇〇小学校の先生でしかもいとこの担任でもあったので集合写真を見た時など良く似てる子がいると話題になり、それぞれ確認したら私達がいとこ同士だと分かったと教えて下さいました。

事実それまでも顔や背格好が良く似た一つ違いのいとことは、双子の兄弟と間違えられる事が度々ございました。

幼い頃のちょっとだけ不思議な思い出でございます。

お嬢様も何か不思議なお話し等ございましたら教えて下さいませ。

では、ティーサロンでお待ちしております。
Filed under: — 16:30

春の訪れ

司馬でございます。
皆様、お健やかでいらっしゃいますか?

今年は、なかなか暖かくならずに、冬が長く感じられたようでございます。
ようやく四月となりまして、春が訪れてまいりました。
草花の芽吹きの季節でございます。
私も、心新たにお仕事に精励したいと存じておりますので、どうぞよろしくお願いたします。


さて、新人フットマンの浅葱でございますが、ふとした会話の折に落語好きということがわかり、うれしくなってしまいました。

私も幼い頃より落語に親しんでおりまして、冗談のセンスや話術などの基礎は、すべて落語から教わったと申し上げても過言ではございません。

なかでも、春にお勧めの演目は、「長屋の花見」でございますね。
貧しいながらも、なんとか花見を楽しもうとする大家さんと、それにつきあわされる長屋の連中の姿が悲喜こもごもに描かれていて、とても楽しい一編でございます。

古典芸能も、たまには良いものでございます。
機会がございましたら、御鑑賞くださいませ。
本来ならば、寄席を一つ貸し切りにいたしたいのですが、それも野暮な行いでございますので、上席を確保しておきましょう。
お嬢さま方、お出かけには良い季節となりましたので、どうぞお忍びで足をお運びくださいませ。


では、本日はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 10:45

お初にお目にかかります

お嬢様、お坊ちゃま。
お初にお目にかかります。
私、才木と申します。

大旦那様から
お許しを頂きまして、
フットマンとしてお仕えしております。

まだまだ至らぬ点、
未熟な点ございますが、
ご多忙なお嬢様お坊ちゃまに、
ゆったりとお寛ぎ頂けますよう、
誠心誠意、努力を致しますので、
よろしくお願い致します。

桜も咲き、暖かくなっては参りましたが、
遅い時間はまだまだ寒うございますので、
風邪など引きませぬよう、
お過ごし下さいませ。

それでは、失礼致します。

才木
Filed under: 才木 — 10:00

一人焼肉も行ってみたい

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様方、緑川でございます


先日友人とバーというものに足を運んで参りました


カウンター席は7人ほどの席、後は4人掛けの丸テーブルが一つ…


巷の居酒屋や飲み屋なる所には時折顔を出すことがあったのでございますが


静かな大人な雰囲気のブルームーンの様な場は思いつく限り初めてだったかもしれませんね…


中にはダンディなマスターが一人


お客さんも私と友人、そして我々のすぐ後に旦那様が一人いらっしゃっただけで店内はとても静かで素敵な雰囲気でございました


お嬢様方の気持ちで頼んでみようと一杯目は季節のフルーツを使ったカクテルを二杯目は白ワインを使ったものを


三杯目はもちろんミルクを使った甘いお酒をお願い致しました!!


お酒を嗜むということが少しわかった様な気が致します


良うございますね~バー…


ということで、今年度の目標は一人バーに挑戦することに致します!バーが似合う大人な使用人になれるよう頑張ってゆきます


さてさてカクテルの練習を……何をそんなに焦っているのですかマスター?バニラセーキの卵とミルクが足りない?かしこまりました、では私が…


ということで急いで卵とミルクの調達に行って参ります


またお帰りお待ちしておりますね


緑川
Filed under: 緑川 — 15:00

開脚のススメ

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

冬から始めた糠漬けは安定して仕込めるようになり、梅雨を迎えるまでは一段落。
そこで、また新たな試みを始めてみようと世間に目を向けてみると、昨年あたりからあるブームが起こっておりました。
気にはなっていたものの、自分には無理だと気にも留めていなかったのですが、このままでは何も変わらないと一念発起。
ついに始めることにいたしました。

そう、開脚ストレッチです。

「四週間でベターっと開脚できる」との売り文句に惹かれ、加齢と共に訪れるという腰痛対策も兼ねて、半信半疑ながらも始めてみました。
何を隠そうこの私、生まれてこの方、前屈で指先が地面に着いたことがないほどの身体硬度の持ち主なのです。
子供の頃も、スポーツテストでの立位体前屈が文字通り苦痛で苦痛で…。
未だにストレッチをすると「いたたたたたたたた…」と声が漏れてしまうほどの硬さ。
そんな私が、開脚など出来るのでしょうか…?
「雲をつかむような」、いえ、私からしたら「地面を触るような」話ですが、諦めずに何とか続けていきたいと思っております。
Filed under: 吉川 — 13:30

日誌

テキサスホールデムというゲームをご存じでございましょうか?

以前私も日誌に認めたことがございますが、ポーカーのルールの一つでございます。

カードゲームの要素において最も大切なものは運と実力のバランスが絶妙であることだと思っておりますが、テキサスホールデムはまさにそれをもっております。


100回のゲームなら運がいいほうが勝つかもしれませんが、1万回プレイしたあとには実力があるほうが勝っているそのような理想的なバランスゆえに愛好者が多いのでございましょう。


勝ちがほぼ確実になり「どうすれば負けないか」という思考から「どうすれば1枚でも多くのチップを奪えるか」という思考に変わった瞬間の全能感がたまりません。



カードも貴族の嗜みでございましょう。

もし練習相手が必要でしたらぜひお声掛けくださいませ。


大河内
Filed under: 大河内 — 09:00

浅葱の大好きなこと

4月になってようやく温かい日が続くようになり、春らしいと形容できる日々がやって参りましたね。

春が待ち遠しかった、浅葱でございます。

私の好きなことの一つに、散歩がございます。春の日長はお花見を兼ねて、夏の短夜には足を伸ばして海岸線に沿って、秋の夜長には月を見ながら、冬の日短は積もった新雪を踏みしめて。

同じ道であっても、まったく違う発見があります。

そして季節の楽しみにはスイーツが付き物でございますね。春の桜餅、夏のアイス、秋の月見団子、冬のおしるこ。ぜーんぶ大好きでございます。

「花より団子」という言葉がございますが、私の場合「花も団子も」といった感じでございましょうか。とても忙しゅうございます。

季節の楽しみといえばお酒とおっしゃる方も多ございますね。花見に一杯、花火に一杯、月見に一杯、温泉に浸かりながら雪見に一杯なんて最高ではございませんか。

けれども楽しんでばかりいると、舞い上がってついつい失敗してしまうのは気をつけねばなりません。

先日、私が桜の名所に花見へ行った際のこと。

お屋敷のティーカップ、スプリングブロッサムと良い勝負をしそうなほど美しく咲き誇る桜を見上げながら団子を頬張っていた私の前に、なにやら人集りがございました。花見客は三々五々に自分のスペースを作って宴会をしていたり、歩き回って楽しんでおりますので、人集りが出来ているのは珍しゅうございます。そこで私は興味惹かれて近づいたのでございます。

人集りの中心には若い男二人がおりまして、花見客に売ろうと大きな酒樽を持ってきて商売をしているようでございました。お酒に釣られたお客さんが集まっていたのでございますね。せっかくなので私も一杯……と思って更に近づきますと、なんと酒樽は空っぽでございまして、花見客は皆お酒が買えなくて残念そうでございました。

けれども当の若い男二人組は顔を真っ赤にして、足元がおぼつかない様子。酔っぱらっております。

諦めてお客さん達が散って行っても私はこの不思議な状況を解き明かす為、その場に居続けました。(自称)お屋敷探偵・浅葱の出番でございます。

すると男二人組は懐から勘定袋を取り出し、中から小銭を取り出しました。「そりゃあ500円しかないはずだ」と落胆しております。

そうして私は得心いたしました。

酒呑みはお酒がなくなれば必ず次のお酒を呑みたくなる。男二人は花見に便乗して儲けようと企み、お酒を一杯500円で売ろうとしました。全部が売れれば相当な儲けだったのでしょう。儲けが出れば改めて一杯やろうという、何のことはない飲み代稼ぎでございます。

さあ商売だ、という矢先、いざ満開の桜を目の前にして男の一人はお酒が飲みたくてしょうがなくなったのです。
そこで、お互いの商売物なのでタダでもらったら悪いからと、
「一杯売ってくれ」
と言いだして、500円払ってグビリグビリ。
それを見ていたもう一人も飲みたくなり、
やっぱり500円出してグイーッ。
俺ももう一杯、じゃあまた俺も、それ一杯、もう一杯とやっているうちに、三升の樽酒はきれいさっぱりなくなってしまいました。
二人はもうグデングデン。

そうこうしている内にお客が寄ってきて「感心だねえ。このごった返している中を酒を売りにくるとは。けれども、二人とも酔っぱらってるのはどうしたわけだろう」
「なーに、このくらいいい酒だというのを見せているのさ」

なにしろおもしろい趣向だから買ってみようということで、客が寄ってきます。ところが、肝心のお酒が樽を斜めにしようが、どうしようが、まるっきり空。

「いけねえ、酒は全部売り切れちまった」
「えー、お気の毒さま。またどうぞ」

またどうぞも何もないでしょう。客があきれて帰ってしまうと、まだ酔っぱらっている二人、売り上げの勘定をしようと、財布を樽の中にあけてみると、チャリーンと音がして500円玉が一枚。品物が三升売り切れて、売り上げが500円しかないというのは? 

「このあんぽんたん、考えてみれば当たり前だ。あすこでオレが一杯、ちょっと行っててめえが一杯。またあすこでオレが一杯買って、またあすこでてめえが一杯買った。500円の銭が行ったり来たりしているうちに、三升の酒をみんな二人でのんじまったんだ」

「あ、そうか。そりゃムダがねえや」


私の大好きなこと。

散歩、スイーツ、ミステリー、落語などなど。

一度に全ては大変忙しゅうございますね。
一つひとつゆっくりと楽しむことにいたしましょう。
日誌を書いていてそう思う浅葱でございました。
Filed under: 浅葱 — 20:20

黒崎の日常 Day1

お嬢様、ご機嫌麗しゅう。

黒崎でございます。


先日ティーアドバイザーの資格試験がございまして、若輩ながらも挑んで参りました。


お屋敷で学んだ紅茶の知識を、

さらに掘り下げて学ぶ日々は、

刺激的で新鮮で楽しゅうございました。



しかし.....1つ疑問が。



「ティーアドバイザーの資格を取るだけでお嬢様が喜んでくださるような美味しい紅茶が淹れられるのだろうか...」



自身で紅茶を淹れて飲むことは日課のように行ってはおりますが、


果たしてそれだけで美味しい紅茶を淹れることができるのでしょうか.....



1人で問答していても埒があきませんね。



ならば、当家の紅茶係を務める使用人達に聞いてみましょう!



〜黒崎、紅茶係を探して三千里〜


黒崎「さてさて、紅茶係はどこにいるんでしょうねぇ...」


黒崎「おやおやっ、怒髪天を衝く様なたてがみ、鋭い眼光、身の丈がティーカップ50客ほどありそうなあの方は....」


水瀬「どうしたの?黒崎くん」


黒崎「あの、美味しい紅茶の入れ方を教えていただきたくて...よかったら、水瀬さんの紅茶、飲ませてくれませんか?」


水瀬「そうかそうか。なら、今淹れたばかりのがあるから、飲んでみる?」


黒崎「ありがとうございます♪ゴクッ.......!?!?」


もう一人の黒崎「(これは人間が飲める物じゃないよっ....!!無理だよ無理!体内に摂取したらまずいよ!!!)」


刹那、気が遠くなるほどの【甘い汁】を口に含んだ私は、精神が崩壊するのを食い止めるので精一杯でございました...



水瀬「やっぱり日頃の疲れを取るには甘い物に限るからね。ティーポットの半分をお砂糖にして、そこに紅茶を注いだんだよ。どう?美味しい?....あ、豪徳寺執事もよろしければ、どうぞ。」


水瀬の甘党ヒストリーは私も度々耳にしておりましたがここまでとは。

彼は人間をやめたのでしょうか。

ティーポットの半分がお砂糖...

黒「それはもはや...紅茶風味の...ガム..シロッ..プ......バタッ」




豪徳寺「(ズズッ)........うん。(ゴクゴクゴクッ)」



ー終ー
Filed under: 黒崎 — 20:40