妄想

今年は低温多雨らしいとの予報を耳にいたしました。
夏が涼しいのは嬉しいのですが、雨は出来るだけ避けたいものです。
環でございます。


ここ数ヶ月お風呂の話をしておりましたが、
今回もお風呂でございます。





最近のブームはお風呂の扉を少し開けておくことでございます。
これをすることによって擬似的に露天風呂に入っているような、
なんともお得な気持ちになります。


しかし、この前葵に「気持ち悪いから止めろ」と言われてしまったので
早々にこのブームは終わってしまいましたが・・・。







しかしめげたりはいたしません。

お風呂は無限大の可能性を秘めております。



そう、私が作った曲たちもお風呂で出来たものが多うございます。
あの空間はもの作りにとって素敵なアイデアボックスでもあるのです。





幾度となく曲作りで迷ったときも、
ふと湯船から天井を見上げれば、
いつもとは違う気持ちで曲を考えられたりいたします。





そんな時にアイデアは降ってきたりするもの。
そこにもっとスパイスが欲しいときには
思い切って扉を開けるのも良いでしょう。







あぁ、風立ちぬ。













そして葵は言うのです。







「いや、気持ち悪いから。」
Filed under: — 10:23

梅酒の仕込み

皆様、ご機嫌麗しゅうございます。
吉川でございます。

毎年恒例にしている梅酒の仕込みを、今年も恙なく終えることが出来ました。
皆様にご報告しとうございます。

仕込み日は6月下旬の某日。
2種類のお酒を用意し、2ビン仕込むことにいたしました。
今年は梅雨の雨量が少なかった為か、梅の実が熟れるのが少々早かったように思います。
すっかり黄色くなった南高梅を購入。
材料はこちらです。

南高梅…1kg×2
氷砂糖…500g×2
ジン…1.8リットル
泡盛…1.8リットル

梅酒用のお酒は、通常はホワイトリカー(アルコール度数35℃程度)を使いますが、せっかくの手作りですので、好みのお酒を選んでおります。
アルコール度数は、ジンが47.5℃、泡盛が43℃。
度数の高いお酒の方が消毒作用が高く、ほぼ失敗しませんし、何よりお酒としての飲み応えがございます。
また、通常のレシピですと梅の実と氷砂糖は同量の1kgずつなのですが、それでは甘くなりすぎてしまうので、氷砂糖は半分の500gに減らしております。

さて、それでは作業に取りかかりましょう。

梅酒の仕込みは、まず一番最初に、一番面倒な作業を行なわなければなりません。
ビンの煮沸消毒。
これが大変な手間なのです。
お湯を沸かし、熱湯をビンに注ぎ込み、ビンを持って、お湯で内部を拭うように行き渡らせる。
この作業が熱いこと熱いこと!
しかもビンは4リットルサイズ…ちょっとした修行です。
しかし、アルコール度数の高いお酒を使用するならば、この限りではありません。
お湯をザッと流し込み、ザッと回し、捨て、ビンを伏せて乾かした上で、使用するお酒を利用してビンの内側を拭って消毒する。
いわゆるアルコール除菌です。
これで何とかなります。

ビンの消毒が終われば、あとは簡単。
完熟に近い梅ならば、水に漬けてアク抜きしなくても大丈夫でしょう。
梅を軽く水洗いし、へたを取り、よく拭いて、ビンの中に置いていきます。
梅の表面に水が残らないよう、拭き作業は丁寧に行ないます。
一段置いたら、氷砂糖を少し入れ、また一段梅を置き、氷砂糖を少し入れる。
梅と氷砂糖をサンドイッチ状態にしていきます。
梅1kg、氷砂糖500gを入れ終えたら、お酒を静かに注ぎ込みます。
なぜ静かに注ぎ込むのかは良くわかりませんが、恐らくはサンドされている氷砂糖を動かさないためではないかと思われます。

この後、冷暗所にて保管するのですが、数々のレシピを見てみると「折を見てビンを揺すって氷砂糖を溶かす」と「放置する」とで意見が分かれているようです。
例年は揺すっておりましたが、今年は放置してみることにしました。
押し入れの奥にしまい込み、たまに様子を見て微笑むだけにしておきます。
ゆっくりと溶けていく氷砂糖の浸透圧により梅の実からエキスが抽出され、成長するかのように徐々に薄茶に色づいていく梅酒を見守るのが、梅酒作りの醍醐味です。
今年に仕込んだ梅酒を飲むのは一年後、それまでゆっくりと成長を見守っていきます。

執事として、新しいフットマンたちの成長を見守るかのように。
Filed under: 吉川 — 20:23

宝塚歌劇 ベルサイユのばら フェルゼン編

さあお嬢様方、ご覧になりましたか、壮一帆の東京宝塚劇場でのトップお披露目公演で同じく新トップ娘役の愛加あゆです。

1974年に「ベルサイユのばら」初演:今回のフェルゼン編は1990年に大浦みずきが演じられ、いれ以後、各組の方々が演じられてきました。18世紀末、栄華で誇った、ブルボン王朝にかげりが見え始めたマリー・アントワネットの浪費が重大な事態を引き起こしていた。マリー・アントワネット(愛加あゆ)と仮面舞踏会で会い、たちまち恋に陥るスエーデンの貴族フェルゼン(壮一帆)が凛々しい貴公子を繊細、キメ細かく演じ新トップとしての自信に満ちていた。

フェルゼン編はフランス革命の激動の中でいろいろの愛の形が見られ、オスカルとアンドレの愛がこのフェンゼン編でも見られました。兎に角トップになるのが、遅すぎた気もしますが、雪組トップとして新生雪組を統率して愛とロマンの世界を展開し、楽しませてくれています。娘役のトップは愛加あゆは前半より断頭台に向う最後が王妃の気高さを表現して雪組のトップ娘役としての期待がもてる。オスカルの早霧せいな、アンドレの未涼亜希も役をしっかり演じ、愛し合う愛の美しさを表現してくれました。

 お嬢様、壮一帆の新男役トップを是非、是非、ご覧下さい、きっとファンになられると思います。
 では次回作を期待しまして本日は失礼致します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 10:21

Baleia e Tijolo vermelho

東京では連日猛暑日が続いてございます。国内のあちこちで39℃を記録する毎日でございます。外出先にて貧血になられたり、冷たいものを召し上がりすぎて夏バテになられたりしているのではと心配でございます。お嬢様はご自身が思う以上にお身体が丈夫でらっしゃらないのですからご無理はなさいません様に…。
(more...)
Filed under: 藤原 — 22:46

老い仕度

酷暑お見舞い申し上げます。ホントに毎日暑いですネ。お嬢様方にはいかがお過ごしでしょうか。訳あって嘉島は、ここのところお屋敷から戻ると自宅で持ち物の整理に明け暮れております。嘉島流の老い仕度です。

そこそこ収納スペースがあるのをいいことに本や書類、CDやDVDビデオ着る物等、物で溢れ、あらためて眺めてみると、長く生きてきたんだなあと変な実感があり、これはいかんと物を減らす決心をした次第です。

まず着る物から始めました。太る前のもので、痩せてまた着ようとした洋服が結構あったのには呆きれてしまいましたが、もらってもらったり、処分したりとスムーズに整理できました。しかし、着物はそうはいきません。

十八の時はじめて母に仕立ててもらった着物が帯や長襦袢、羽織の紐まで一式、いい保存状態で出てきました。ウールですが、若々しい紺色で風合いもなかなかイイ感じです。が、さすがに着られません。

大人になってからつくった着物は、太ってしまった今でも着られるのですが、どうしようか迷いました。亡くなってから大分経ちますが、母の想いにふれた気がして、これは取っておくことにしました。

また羽裏がお洒落な祖父の丈の長い羽織も出てきました。寒い季節、部屋着の上からガウン代わりにはおろうと思います。このように現役で着られないものも、想いや思い出が残り、着物は捨てられませんでした。

そして、着る物の整理が終り、現在は本や書類に埋もれています。読み出してしまったり、今となっては貴重なものが出てきたり、こちらはもっと時間が掛かりそうです。嘉島の老い仕度は当分続きそうです。
Filed under: 嘉島 — 16:00

メロディにのせて

最近は非常に暑い日続いておりますが、お嬢様、お坊ちゃま、いかがお過ごしでしょうか?
乾でございます。

ある日の休日、乾の自室にて

 要 「・・・暑い・・・」

って、液体窒素を私の部屋に撒くな~!
自分の部屋で大人しくゲームでもしてなさい!

各務「・・・体調悪い・・・」

人のベッドに倒れるな~!

 乾 「有村さん、各務さんを部屋まで連れて行きますよ」
有村「分かりました、お手伝いいたします」

少ししてトントンとドアをノックする音
おや、誰でしょう?

 乾 「葵さん、どうしました?」
 葵 「腰が少し・・・いつものお願いします」
 乾 「分かりました。押しましょう」
 葵 「お~$%&#”!)’%${‘*¥~~~!」
 
 葵 「体が軽くなったようです。さすが北斗○拳は違いますね!」
乾 「秘孔なんて知りません。ただのツボです」
 葵 「有難うございました」

ふぅ~やっと一息・・・
ワインでもいただきながらギターを弾く事にしましょう・・・

まったく個性的で憎めない奴らでございます。
色々な曲を弾くたびにイメージに合う使用人の曲に勝手にしている事は前回の日誌でもお話ししましたね。

実は数少ないながら普段から作曲もしており、最近は綺麗なメロディを思いつく事があり、少しずつ形にして一曲完成させる事が出来ました。

ギターとピアノのメロディで構成され、美しさと物悲しさを備えております。
曲名はまだ有りません。

近いうちお聞かせ出来れば嬉しゅうございます。

それでは、ティーサロンにてお嬢様、お坊ちゃまのお帰りをお待ちしております。
              -乾-
Filed under: — 22:23

あついのはにがてです

梅雨が明け、本格的に夏がやってまいりましたね。熱中症に気を付けていただくことはもちろん、強い日差しで肌を傷めませんよう併せてご注意くださいませ。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 10:30

眠れない夜には…

暑くなって参りまして寝苦しい夜も出て参りました。



お嬢様は眠れない夜、どうされますか?
私はおそらく、寝付きの良さではお屋敷で5本の指に入る自信がございます。


先日少しの休憩時間に仮眠をとったのでございますが
私の寝付きの良さに椎名執事にびっくりされたくらいでございます。


ただ…眠れない夜は反対に全く眠れないのでございます。



私はそんな時に行う事がございます。



それは
熱くないお風呂に長めに入る事。
血行も良くなり体温も適温になりまして眠りやすくなります。

これに関しては美容にも良うございますし眠れない時でなくとも
お勧めでございます。


え…?

それでも眠れない場合はどうするか…?
で、ございますか?


その場合はホットミルクがお勧めでございます。
暖かいミルクは心を休ませ、人が眠る時に適した体温に整えてくれます。


そ、それでも眠れない場合は…
で…ございますか!?


そんな時は眠る事を諦めましょう。

「眠らなければならない」
という意識が睡眠導入を妨げる場合があるそうでございます
忘れた頃に眠れる事でございましょう。


いかがでございますか?
眠れない夜への対策。
少しは参考になりましたで御座いましょうか。


お嬢様が上手くお休みになれます様に…。



P.S.
この日誌は百合野が眠れなくて眠る事を諦めた夜に書いたものでございましたとさ。
Filed under: 百合野 — 05:55

夏の支度

司馬でございます。
皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
七夕の時節がやってまいりました。お屋敷の玄関にも笹の葉が飾られ、願い事の書かれた短冊がさらに彩りを添えております。
皆さま方の願いがかないますよう、心よりお祈りいたします。


(more...)
Filed under: 司馬 — 14:00

カクテルサロンについて … 及び、挑戦状。

敬愛せしお嬢様へ

いよいよ当家カクテルサロンのお申し込み開始当日となりました。
初のイベントとなりますゆえ、多々お見苦しい点もあるやもしれませぬが、どうかお楽しみ頂ければ幸いでございます。

つきましては先んじて、いくつかカクテルサロンについてのご案内を差し上げておきたく存じます。
ご参加お申込みに、お迷いの方がおられましたら、ご参考として頂ければ幸いでございます。

・当日は立食形式のパーティーでございます。お時間も長めでございますので、足がお疲れになるような履物などは避けて頂いたほうがよろしいかと存じます。
・サロンにてご用意させて頂きますカクテルのラインナップは、追ってお知らせもさせて頂きますが、プログラムに沿ってオリジナルカクテルをお配りする形式でございます。
・手の空きましたバーテンダーが、グラスの空いてしまったお嬢様の為にフリードリンクをご用意するスペースもございますが、イベント中などそれがかなわぬ状況もございます。また、フリーオーダーにてカクテルをご用意することは、イベント初回でございます今回は、まだ難しいかと思われますので、どうか予めご了承くださいませ。
・ノンアルコールのドリンクも、フリードリンクにてご用意いたします。
・サロンのプログラム進行に伴い、簡単な軽食もご用意しております。お手元の小皿にお取り頂けるようなスナック・フィンガーフードを中心にご用意しておりますので、お食事に合わせてお楽しみくださいませ。

他、ご質問などございましたら、何なりとお寄せ頂ければと存じます。
執事・フットマン一同、お嬢様方にお楽しみ頂けるよう努力を重ねてイベントのご用意を務めますゆえ、どうか是非ともご参加ご検討くださいませ。



さて、以下は時任の私信でございますが、どうぞご寛恕くださいませ。


(more...)
Filed under: 時任 — 11:30