古谷でございます

夜空に煌く星の数ほど揃えられた美しいフルートグラス。


銀製のソーサーの上にはフルーツが盛り沢山。


止まることなく次々とグラスを満たしてゆくシャンパーニュと、そのペアリングに用意された大粒の果実はどれも実に彩り鮮やか。


伝統ある由緒正しき淑女が集うレディ達の社交場。そこに相応しいパーティの様子が描かれております。


(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

古谷でございます

籠る日々が続きます



目の前に映る空間は閉ざされていて



変わりばえもしませんが



グラスに注がれるその世界は無限です



(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

古谷でございます

はるいちばん



近頃の吹きすさぶ風が季節の訪れを感じます


(more...)
Filed under: 古谷 — 23:30

古谷でございます

グラスのなかで舞うサクラ
ミントの香りと共にすべて飲み干せば、
その爽やかな余韻は、すこしずつ穏やかに消えゆくのです。


(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

古谷でございます

グラスに注がれる其れは限りある故、その味が触れることを許されるのは瞬きの如く束の間。



だとしても


(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

古谷でございます

訪れた2020年

共に過ごすのは、
如何なるひとときに致しまょう?



(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

古谷でございます

巡る季節は時に刹那のよう
2019年も残すところ僅かです。



(more...)
Filed under: 古谷 — 22:30

古谷でございます

今日も素敵な良き一日を過ごされる事を約束します。
その結びをいつ如何なる時も決して切らさぬが如く


(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00

「古谷でございます」

たったひとりのちからでは輝く事さえままならない、ちっぽけな存在。

そうだとだとしても。

貴女がいるその眩しいせかいが、いつも目の前を照らしてくださる。ただそれだけの理由だけで、如何なる時も、如何なる事があろうとも、何度でも私は立っていられるのです。




(more...)
Filed under: 古谷 — 19:30

古谷でございます

豊穣の候を一面に満たす
月灯りに照らされた艶めく一房。





(more...)
Filed under: 古谷 — 22:00