古谷でございます

飲みほされてしまいそうな程の漆黒で満たされた、まるでBlack Velvetの如き師走の夜




(more...)
Filed under: 古谷 — 00:45

古谷でございます

その名「アイラの女王」。








(more...)
Filed under: 古谷 — 00:50

古谷でございます

満月に照らされた10月の長夜の下、それは実りの時を迎えて








(more...)
Filed under: 古谷 — 02:00

古谷でございます

フラフラと立ち眩んでしまうような連日の日盛りも僅かばかり穏やかになりつつございます。







(more...)
Filed under: 古谷 — 21:30

古谷でございます

その熱視線。
空遠くからの眼差しが燃え焦がしてしまいそうな程に熱帯びるその時刻。







(more...)
Filed under: 古谷 — 23:50

古谷でございます

夏日の到来を予感させる、強さ増す日盛りもやがて落ち着き、ようやく暗闇のヴェールが私たちを包み込む。






(more...)
Filed under: 古谷 — 01:30

premier amour~初恋~

初恋の思い出。







(more...)
Filed under: 古谷 — 01:15

古谷でございます

月のしずく如く今宵を満たさんと育まれ、銀箔の輝きが溢れおちる6月の夜空の下。






(more...)
Filed under: 古谷 — 01:00

古谷でございます

ヴィーナスに愛された貴石エメラルドの如く
芽吹く若葉が碧く薫るこの季節。



(more...)
Filed under: 古谷 — 21:30

古谷でございます

薄紅は、刹那の時を咲き誇り、そして舞い散り。息のむ程の絶景を一面に、ほんの暇であるのかもしれませんが、みせてくれるものです。



(more...)
Filed under: 古谷 — 00:15