ドーナツがいた夏は遠いギフトの中

いかがお過ごしでございますか、桐島でございます。

夏本番でございますね。

夏といえばなんでございますか?

そう!桐島のお菓子の季節でございます!

今回も素敵なドーナッツをご用意しております。

名付けて、「ホワイトベリー」

去年のチョコベースのドーナッツと違い、バターを効かせた白い生地にストロベリーとクランベリーをあしらったドーナッツでございます。

元々便利な商店にある4個入りケーキドーナッツが大好きな私としてはどうしても白いドーナッツも作りたくご用意いたしました。いつかは黒いベリートゥベリーと共に4個入りでご用意したく存じます。

夏の甘酸っぱい思い出と共に、私の甘酸っぱいドーナッツは如何でございますか。

是非とも感想など私にお教え下さいませ。

それではお屋敷でお待ちしております。

また来年

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。

お嬢様、夏を楽しまれていますか?
暑くて嫌だ嫌だでしょうか?
近年の猛暑は確かに尋常ではございません、ですがこれはもう上手く対策し乗り切るしかございません。

そんな夏も後半、まだまだ暑い日が続きますが、8月31日で夏服の使用人が居なくなります…

ひとつの区切りとして今年の夏が終わるのかなと少し寂しさを感じます…

今年は私も何度か夏服を着る機会がございました。
長く使用人として勤めております私ですが、実は夏服を着たのは去年の夏の終わり頃に一度だけ着たのが初めてでございました。
頑なに夏服を着る事を拒んできた私でしだが、ある使用人が、「金澤さんが夏服着てくんなきゃ泣きますよ」と脅してきたので、仕方なく着たのが初めてでした。
物事のきっかけとはそんなものでございます。

夏服姿のフットマン達
これもささやかな夏の思い出

『夏服最後の日』♪

八月十九日は“819”の日

司馬でございます。皆様、お健やかにお過ごしでございますか?

毎年、同じようなことを申し上げておりますが、今年は梅雨が長かったせいもあり、不意にやってきた真夏の暑さが、殊に厳しく感じられるようでございます。やせ我慢などはどなたも得をいたしません。水分補給はしっかりとなさって、毎日のお食事は充分に。夜遊びもほどほどになさいまして、規則正しい就寝時間を守るよう、重々ご自愛くださいませ。

とは申し上げましたが、真夏の夜に庭園などをそぞろ歩くのは、なかなかに魅力的でございます。冬の星のような冴え冴えとした輝きはございませんが、白昼の暑さから解放され、木立の間を通る夜風にあたりながら、煌々とした月明かりを見上げておりますと、私のような不粋者でも、なにか詩情のようなものが湧いて出ることもございます。

たまには、一句でもしたためてみましょうか。う~ん。なかなかすぐには浮かばないものでございますね。あらためて思い浮かびましたら、近々にご披露の機会もあるかと存じます。その時は、司馬の下手の横好きな一句、笑ってご鑑賞いただければ幸いでございます。

では、今回はこの辺りで失礼いたします。

青い鳥に馳せた思い

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
羽瀬でございます。

暑さも盛りを迎え、汗ばむ額、崩れる前髪季節でございますね、、、
私も裏山での執務が大変で大変で。。

そんな夏は、私が考案致しました、『青い鳥のアイス』をティーサロンまで召し上がりにいらしてください!

青い鳥のお話、お嬢様方はご存知でございますか?

クリスマス前夜、
魔法使いの言いつけで幸せの青い鳥を探しに行く兄妹。
妖精の導きでいろいろな世界へ探しに行くものの、
すぐに消えたり、死んでしまったり。

母の声でクリスマスの朝を迎えたと知る兄妹。
とうとう捕まえられなかったのだと思ったその時、
鳥籠の中に青い羽根が。

色々な見解はございますが、
幸せとは気づかないような身近にあると言うことを示唆する、なんとも深いお話なのでございます。

お嬢様方にとって身近な
『御屋敷』が、
『幸せの在処』になれば、
私は嬉しゅうございますね、、、

暑い日に食べるアイスは
間違いなく至極のひとときだとは
存じますけども!笑

深い話ではあるものの、
見た目は大変可愛らしいアイスに
仕上がっているかと存じますので、
ぜひ、お召し上がりくださいませ!!

さて、私は裏山へと、少々青い鳥を探しに参りましょうかね。
お嬢様も興味があれば、
双眼鏡と籠を用意して、
お待ちしております。

古谷でございます

日に日に激しさを増す真夏の灼熱の如く燃え盛る炎。

それは奇跡とも運命の悪戯ともどちらともとれる。あまりにも魅惑的すぎた大自然の恩恵を、わたし達は授かったのです。

古の文明を襲った一夜の災厄とも云える出来事から。

「Agave Azul」
北米の地にアステカの時代より自生するこの植物が一夜の山火事によって燃え、焦げた樹液の蜜がら生まれたその甘美。

今日に至るまで、わたし達を時に心地良く、時に酩酊させ狂わせる。

今宵、そのグラスに注がれる美酒は
「Tequila」

古谷

燕楽会

お嬢様、9月6日に燕楽会という催し事を致します。
燕楽会とは何?というお嬢様の為に簡単に説明致しますと三人のフットマンがそれぞれのアイデアで自由に構築したパーティーでございます。今回は私百合野主導のもと、瑞沢、桐島と共にお送りさせていただく運びとなりました。

少しだけこの三人になった経緯をお話ししますと…

それは瑞沢と歌の練習をしている時、私が感じた事がございました。彼の歌への想いはとても実直で、今より素敵な歌声の可能性を秘めている…と。

しかしながら歌劇団ではダンサーとしての任務を仰せつかっている瑞沢。歌を歌う機会は限られてございます。

そんな中この燕楽会のお誘いを大旦那様から頂戴致しました。

これはなんというタイミング!これで自由なステージを作り彼のポテンシャルをたくさん引き出せないだろうか。そしてそれによりいつもとは違った楽しみをきっと作る事ができる、と閃きました。

ですが、もう一人のメンバーに関してしばらく悩みました。瑞沢とのマッチング、会の雰囲気を更に広げられるフットマン。
なかなか見つかりませんでした。
誰か居ないかな…と考えていた時。いつしか交わした桐島との会話を思い出しました。
「いつか一緒に面白い催し事をしてみたいですね」
それは私がカウントダウンパーティーでの桐島の出し物を見たがっていた時に交わした何気ない言葉。
桐島なら会を穏やかな雰囲気にしてくれ、瑞沢とも色々な可能性を広げられるかもしれない。そんな風に思いこの三人での会が決まりました。

まだ詳しい事はお伝え出来ませんが、とても穏やかな雰囲気かつ楽しい会になる事は間違いございません。是非パーティーでお会い出来ることを楽しみにしております。

8月

今月の初めに隈川、浅葱、佐々木、才木、星川、御茶ノ水と一緒にバーベキューをさせていただきました。

藤堂執事もいらっしゃいましたのでその日の感想はきっと藤堂執事が嬉しそうにお話しして下さると存じますので是非バーベキューの話を藤堂執事に聞いてみてくださいませ。

私は他の使用人達にお肉でお腹が満たされていたのにもかかわらず特大なマシュマロを何個も沢山食べさせられたので今になってもとても恨んでおります。

まあたまにはこのような1日もいいでしょう。
では私は昔からとてもとても大好きなメロンをいただきますので失礼いたします。