12月

八幡でございます。
最近外は大分冷え込んでまいりましたね。
こんな時は当家の紅茶メドゥ・アダラクがオススメかもしれませんね。



そして12月は1年で1番イベントも多くとても忙しいとおっしゃる方も多うございます。
ですのでお嬢様も体調管理にはお気をつけ下さいませ。




当家の使用人も風邪を引かぬように気をつけましょう。





そして良い年末年始を迎えましょう。
失礼いたしました。
Filed under: 八幡 — 21:00

大切な感覚

クリスマスを前にして街はキラキラと輝いています。
何かと慌ただしい師走ではありますが、綺麗な光たちが心を癒してくれます。

お嬢様、イルミネーションはお好きですか?
恥ずかしながら私は大好きです
イルミネーションに限らず、夜景が大好きです!

小さい頃の出来事、母親に連れられて出かけていた私は街路灯の明かりを見ながら涙を流していたそうです。心配した母はどうしたの?と私に尋ねその時私は「わからないけど明かりを見ていたら涙が出てきた」と答えたそうです。
最初母は眩しかっただけかと思ったそうですが街路灯の明かりは物悲しくけして眩しい程ではなかったらしいです。
高層ビルの赤いランプを見ながら私は涙を流していたそうです。心配した母はどうしたのか私に尋ねその時私は「ジーンとして涙が出てきた」と答えたそうです。
何分小さい頃の出来事なので私自身の記憶が曖昧なのですが、幼少の頃より夜景の灯りに何かを感じるようになっていたのでしょう。
………
大人になった今、私は立派な夜景マニアになるのでした。
……

お気に入りの場所に来ています。
ここはお洒落なお店が並ぶ通り、昼間は多くの人が行き交う華やかな場所
夕方になると電飾が灯り12月はクリスマスの雰囲気で盛り上がります。
夜も10時を過ぎるとお店も閉まり人も疎らになります、0時を過ぎると殆ど人がいません。
イルミネーションの灯りは半分以上消され、数時間前までの賑やかさから一変、静寂の夜へと変わります。
最終電車も去った後、この静けさが好きでたまにこうしてハンドルを握りやって来るのです。
路肩の駐車スペースに車を止め少しだけシートを倒します。
残された光達、誰に見られるわけでもなく健気に輝いている
深夜のFMからクリスマスソングが流れてきました
『Merry Christmas To You』♪

灯りは私の心にスーっと入り…
子供の頃感じたあの感覚は失われていないようです

お屋敷のティーサロンがお休みの日、私はこんな時間を過ごしています。

とまあ似合わずカッコつけてしまいました
日誌でご覧いただく内容でもないのですが、今日のところはお許し下さいませ。
子供の頃を思い出したりなんだか今気持ちがキューっという感覚なのです。
お嬢様にお聞き頂いて甘えてしまいました、申し訳ございません。

明日は私がティーサロンの入り口の灯りを点ける役目でした
早く帰って寝なければ

おやすみなさいませ。。
Filed under: 金澤 — 22:30

2017

影山でございます。

今年も後わずかでございますね。


先輩方の背中を追ってよりよいお給仕を目指していたあの頃から時は過ぎ、

今は後輩に背中を見せなくてはいけないわたくし自身に戸惑いを隠しつつ

一年が過ぎ去ろうとしています。



わたくしの部屋の片隅には

今年読もうと思っていた本がどんどん山積みになっております。

来年はこの書物を読みきることから始めましょう。
来年から。

綴ることにより己の退路を断つ手法でございます。

影山
Filed under: 影山 — 11:30

プライムたちの夜

朝夕は秋色が深まり寒さが厳しくなって参りました。お元気にお過ごしでしょうか?藤堂でございます。

本日は新国立劇場で上演されている「プライム達の夜」です。国立劇場の芸術監督をされている宮田慶子演出で浅岡ルリ子が初登場で85歳の役に挑戦しています。小さい劇場での出演は初めてとのことです。

ある家の居間、85歳のマージョリーが30代のハンサムな男性と会話している。2人の思い出話にすすむとその内容に少しずつ食い違いが生じてくる。その話し相手はマージョリーの亡き夫に似せたアンドロイドだった。薄れゆくマージョリーの記憶をなんとかとどめようと娘夫婦(香寿たつき・相島一之)愛する人を失いたくない4人の出演者が素晴らしい演技を繰り広げてくれます。

亡き夫に似せたアンドロイド(佐川和正)舞台は2062年という近未来に設定されていますが、舞台上のアンドロイドであるプライムが気になりました。プライムのような存在はそう遠くない思いがしました。「プライム達の夜」では亡くなった人がプライムとして登場します。亡くなった人の人間の生前をアンドロイドにインプットされて現れたらどうでしょう。恐いような、楽しいような複雑な気持ちにさせられます。兎に角考えさせられる芝居でした。機会がございましたら、DVDでも結構です。是非ご覧下さいませ。若いお嬢様方は人生観が少し変わるかもしれません。

11月はこの舞台の他に宝塚「神々の土地」、東宝ミュージカル「レディ・ベス」を観ました。本日はこれで失礼致します。
もう師走でございます。健康な日々を過ごして下さいませ。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 16:00

古谷でございます

街燈はもみや楢の枝で包まれて




街路樹にはたくさんの電飾のイルミネーションが施され




宵の刻が深くなればなる程にそれはよりいっそう、まるで煌めく宝石の都のようにみえるのです。




じつに多彩なネオンの輝きに相反して、空気はよりいっそう冷え込んで参ります。





(more...)
Filed under: 古谷 — 21:40

衣替え

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

12月に入り、本格的な冬を迎えようとしております。
何段階かに分けて行っていた衣替えも、このあたりで一段落。
夏から冬にかけての衣類の入れ替えがようやく終わりました。

秋冬物を出し、夏物をしまうという作業を何度かしているうちに、ふと振り返ってみると、秋物を着用した期間の何と短いことか。
カーディガンなどの薄衣は、期間にしてみれば一週間も着ていないのではないでしょうか。
ロングカーディガンに至っては、今期は一回も着ていないかもしれません。

そもそも、少し動くだけでポカポカしてくる暑がりの私にとって、重ね着の代表格であるカーディガンは必要ないのかもしれません。
機能性インナーと長袖・半袖の組み合わせで何とかなってしまう現状、どうやら私にも本格的な断捨離の時が訪れようとしているようです。
Filed under: 吉川 — 13:30

クリスマスティー

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

遅ればせながら、先月は私が考案しましたオルソのキャンブリックミルクティーアイスクリームをサロンにて振る舞う機会を賜りましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。

お嬢様の食後の癒しに少しでも貢献できたならば幸いです。



気がつくともう12月。
街全体がクリスマスムードに賑わい、ティーサロンで流れる音楽もこの時期はクリスマスソング。

寒がりな私は冬があまり得意ではありませんが、日本のクリスマス特有のパァッと明るい雰囲気は性分に合っているのか、無性に浮かれた気持ちになります。

給仕の後、自室に戻りシャワーを浴びたら、鼻歌交じりに少し濃いめの『ユールミステリエ』を淹れて、もこもこした格好でくつろぐのがこのところのマイブームでございます。


今年のクリスマスもお嬢様にとりまして、素敵な思い出になりますように。

そういえば、クリスマスティーとアガサクリスティーって響きが似ておりますね。

隈川
Filed under: 隈川 — 23:05

幸いなる歳月

司馬でございます。
皆様、お健やかにお過ごしでございますか?


十二月になりました。
いよいよ年の瀬でございます。
なにかとあわただしくなるこの頃かと存じますが、どうぞお体を気遣いつつ、新たな年をお元気にお迎えくださいませ。


私事で恐縮でございますが、この月で執事のお仕事を始めまして、ちょうど十年が過ぎました。

お嬢さま方や、使用人仲間のやさしい笑顔に囲まれて、とても楽しく、あっという間の年月でございました。
このような長い間、私のような者が執事を務まりましたのも、皆さま方のお陰でございます。
本当に司馬は果報者でございます。
ありがとうございました。

スワロウテイルという場所が、いつまでもお嬢さま方に安らぎをお届けできるよう、あらためて力を尽くす所存にございます。
まだまだ至らぬところもございますが、今後とも、十年、二十年と、どうぞよろしくお願いいたします。


では、師も走りまわるという年末でございます。
やるべきお仕事も山積みですので、この辺りで筆を置かせていただきます。


皆様方におかれましても、幸いなる歳月が訪れんことを・・・。
Filed under: 司馬 — 23:00

日誌

ヴィンテージは一口に語られがちです。よく話題に上るボジョレーヌーボーのキャッチコピーなどは最たる例でございましょう。

ただ当然のことながら現実にはそこまでシンプルなものではなく、なかなかに複雑でございます。
単純に良し悪しという問題ではなく個性としてとらえたほうがわかりやすいのかもしれません。

(more...)
Filed under: 大河内 — 23:00

Brilliant

冷たい木枯らしが龍の息吹のように荒れる季節が到来しました。

ジングルベルを目覚まし替わりに起床したい能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



師走という文字通り、ほんの少し慌ただしい毎日でございますね。

移ろいゆく街中も普段より浮足立つような雰囲気を肌で感じます。

吐息が白く、冬の寒空にまるでわたあめのように消えてゆきます。

オリオン座が見えます。あれはシリウスでしょうか、綺麗ですね。



今年を改めて振り返りますと、本当に様々な出来事がございました。

もう言葉では伝えられないほど、沢山の思い出が私の中にあります。

それは決して御伽の国のような素敵で華々しい物語ばかりではなく。

ただ申し上げるならば、後悔のない一年であったと感じております。



そんなことを考えながら、使用人寮の廊下を一人で歩いております。

時折、寮の一室から使用人達の談笑する声が聞こえて参りました。

カウントダウンパーティーの準備をしているのでしょうか。はたまた、

お鍋でも囲んでいるのでしょうか。楽しそうで何よりでございます。



自室の前まで辿り着き、蝶番の軋む音を聞きながら扉を開けました。

凛と静まり返る室内。暗い空間に、カボチャ型のランプを灯します。

皴にならぬよう燕尾服をハンガーに掛け、ベッドへ身を投じました。

ふと横に目をやるとリボンを掛けられた箱が視界に映り込みました。



「こんな箱、うちの部屋にありましたっけ?」

手のひらサイズの小さな箱。私に見覚えは全くございませんでした。

当家の紋章が描かれております。おそるおそるリボンを解きました。

そんな見知らぬ箱の中に入っておりましたのは――





それは本当に綺麗な宝石。

蒼く蒼く光放つ、サファイア。





お嬢様、私から今年最後のご報告です。

私、能見はファーストフットマンに昇格致しました。

このような命を授かりましたこと、光栄に思います。

ありがとうございました。そして、これからも。



能見
Filed under: 能見 — 20:00