休館日ではございません。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
瑞沢でございます。

気づくと秋に衣替えをする時期にございますね。
気温は下がって参りましたが、湿度はやや高めでございますので体調管理にお気を付け下さいませ。
ギフトショップでは9月25日からDVD「ULTIMATE」のお取扱いが始まります。

私、瑞沢も出演しておりますが、どうやら懐かしい顔も拝見出来るようでございます。
力いっぱいのダンスと執事歌劇団ならではの楽曲を是非お楽しみ下さいませ。

9月25日は、休館日では御座いませんので、ご安心下さいませ。

それではお嬢様、ご帰宅をお待ちしております。
Filed under: 瑞沢 — 20:20

おしとやかに。夢を叶えていただく為に。

バラの花言葉をご存じですか?

バラの全く似合わない使用人的場でございます。

お嬢様・お坊ちゃま。
この度当家ではバラの石鹸、ハンンドタオルを擁したアソウトをご用意致しました。
ピンクとブルーのバラをご用意しております。


赤いバラの花言葉は「情熱」。
それに対しお色の淡いピンクは「おしとやか」とされております。
ほかにも「かわいらしさ」「感謝」といった意味もあるそうで、
まさに大和撫子のごとくでございませんか!


青いバラは古来「この世に存在しないもの」とされてきましたが、
10年ほど前に遂に完成の日の目を見たバラでございます。
日本とオーストラリアの共同開発だそうで、
日本男児としては鼻が高うございますね。
花言葉は古来からの夢が叶ったという事で「ゆめかなう」でございます。

新しいアソウトはそんな花言葉を借りて
ピンクは「おしとやか」、ブルーは「ゆめかなう」と致しました。

私ごとき使用人がお嬢様・お坊ちゃま方にできる事など微々たる事ではございますが、
少しでも楽しい人生を送っていただくお手伝いができればと存じます。

それでは、お早いお帰りをゲートにてお待ちしております。
Filed under: 的場 — 14:48

野獣生きるべし。

お嬢様お坊っちゃま。
暦の上では夏が終わってしまいましたね。

お屋敷では夏の終わりに遠方からのお客様が多く訪れ、毎日の様にパーティーが行われていましたね。

そんな中、普段はゲートの守りを任されている私ですが、仙場が中国の陶器職人の元を訪れて不在の為、先日少しだけ封印を解き洗熊として洗い場に入りました。

何年かぶりに入った洗い場の何と心踊る事か!
数多のフットマンに下げられてくる食器を獣の如く洗い倒し、綺麗に拭き上げる事によって人様のお役に立てるのです!
何と素晴らしいお役目でしょうか。

今はもうゲートを預かるお役目を仰せつかっておりますので、お嬢様お坊っちゃまの食器を洗って差し上げる機会もなかなかございません。
この先は若人に託したいと存じます。
心技体はウォッシュに宿り、ウォッシュを制する者は世界を制します。
洗い場を経て有能なフットマンが生まれ出ずるのを、私はゲートより見守る事に致します。

但し気持ちは生涯現役でいたいので、大袈裟な肖像画は外しておきました。
仙場には内緒でございますよ?

ウォッシュの虎 的場より
Filed under: 的場 — 20:24