趣味

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。

最近鑑賞した映画は「七年目の浮気」明石でございます。
ビリー・ワイルダー監督の作品は面白いものばかりでございますな。


本日は普段あほうな文章ばかり書いておりますので、偶には真面目に趣味のことを書こうかと存じます。

上記で触れた映画鑑賞もよいですが、それはまた後日語るとして、、、
今回は「釣り」について書こうかと存じます。

お嬢様は釣りというと、どのようなイメージでございますか?

「釣れるまで退屈そう」「餌が気持ち悪くて触りたくない」「おじさんの趣味でしょ」
等の意見が聞こえてきそうな気がいたしますが。

これから私がそのイメージを払拭しとうございます。

まず釣りには狙い目となる「日にち」と「時間帯」がございます。
「日にち」は月ごとに8回ほどある大潮がお勧めでございます。大潮は潮の流れが大きく海中のプランクトンが増え、それを食べにくる魚がたくさんやってきます。
そして「時間帯」は日の出前後の「朝マズメ」と日没前後の「夕マズメ」でございます。どちらも魚が最も活動する時間帯(これもプランクトンが関係している)と言われております。

この2つを意識することで魚がかからない時間帯を極力短くすることが可能なのです!

続いて「餌」でございますが、餌には大きく分けて2種類ございます。
まず本物の虫やエビなどを使用する方法と、魚を模したルアーを使用する方法でございます。
前者は魚が食いつくまでじっと待つのを基本とし、餌だけ食べられたらまた付け直さなければなりません。
後者は魚が食いつくまで待つという点は同じでございますが、遠くに投げてすぐ引いてを繰り返します。するとルアーがあたかも本物の小魚の如く水中を泳ぎ、大きな魚が食いつくのです。ルアーはちょっと齧られたくらいではびくともしないので毎回付け替える必要もございません。

なのでルアーを使用することで虫に触れることもなく、手を汚さずに釣りを楽しめるのです!

そろそろ読むのが億劫になるころかもしれませんが、もう少々お付き合いいただければ幸いでございます。
それと先日釣った可愛らしい魚のお写真を文章の最後に添付いたしますので、是非ご覧くださいませ。
(リアルな魚の顔が苦手なお嬢様は、ゆっっっっっっくりとスクロールしてくださいませ)

では最後に「おじさんばかりでは」という点でございますが、確かに男性の釣り人は多いかと存じます。しかし近年では夫婦や恋人同士、祝日では家族連れで訪れる方々も見受けられます。

つまり釣りとは老若男女、誰でも楽しめる一大レジャースポーツということでございます!!!



ここまで読んでくださりありがとうございました。読んでいる途中で欠伸を召されたお嬢様もいらっしゃるかと存じますが、私明石はこれに懲りずまた趣味のお話しをするかもしれません。
その時はまたよろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。







追伸、写真の一番下のカサゴ君が一番可愛いかと存じます。

終わり。
Filed under: 明石 — 13:06

もうやめ手

いかがお過ごしでございますか。桐島です。

犬の代表的な芸でございます『お手』

なんと富田も習得したのでございます。

発動する条件は餌を食べてるときに触っていると最初は気にならなかったけどだんだん気になってきて、もうやめてください。といった感じでしてきます。







限定的な条件でございますがしっかりと意思表示する富田、成長を感じました。

また何か変化がございましたらお知らせいたします。

それではギフトショップでお会いしましょう。

Filed under: 桐島 — 12:06

ソウス&マヨネイズ。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
的場でございます。


今月も残り僅か。
もう私のレモンチーズタルトはお召し上がりいただけましたか?
月ごとの限定でございますので、6月にはお出しできないかと存じます。
まだお召し上がりいただけていらっしゃらない様でしたら是非!
急ぎギフトショップにお越し下さいませ。


6月で思い出しましたが、能見のお好み焼きクレープボックスが登場致します。
こちらはクレープの良さとお好み焼きの良さの融合をお楽しみいただける逸品でございます。


お好み焼きで思い出しましたが、お嬢様はお好み焼きをご飯と一緒にお召し上がりになりますか?
私はお好み焼き定食肯定派でございます。
よく勘違いされるのですが、関西でもたこ焼きとご飯は一緒にはいただきません。


たこ焼きで思い出しましたが、関西にはたこ焼きとは似て非なる「明石焼き」なるものがございます。
たこ焼きをソースではなくお出汁でいただく粉ものでございます。
関西は何でも濃ゆいイメージを持たれがちですが、お出汁は上品なのです。
当家で仕える明石もそこから名前を取ったとか取らないとか。


明石焼きで思い出しましたが、関西地方の明石より更に西に行くと「広島焼き」なるものがございます。
こちらもお好み焼きとは似て非なるもの。
お好み焼き粉と具を混ぜない、キャベツと焼きそばをたっぷり使った粉ものでございます。
お好み焼きも広島焼きも甲乙つけがたく、私は気分で作り分けて食します。
そして広島焼きもご飯と一緒にいただきます。


時節柄なかなか東から西への大移動は難しゅうございますが、逆にご別宅でお作りになってみては如何でしょうか?
どれも意外と手間がかからず美味しく作っていただけるかと存じます。


あ!しかしレモンチーズタルトやお好み焼きクレープボックスはご自身で作るのにはいささか大変かと存じます。
ギフトショップにてお待ち申し上げております。


それでは本日はこれにて。
Filed under: 的場 — 12:03

箸休め

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。
赤井でございます。

最近はギフトショップの日誌も賑やかになり、色んなヴァンドゥールの文章力を目の当たりにして私はとても震えております。

私はどうやらあまり物事に関心がございませんので、他の使用人に比べて発想が乏しゅうございます。

中身のない様な内容をひたすらに手を止めず書き続けるばかりでございます。
面白い作品を見た、美味しい物を食べた、いい夢を見たなどと毎日豊かに生きているはずでございますが、どうも私が伝えるといまいちふわっとしてしまいます。

物語には大事な起承転結が必要でございますが、それを私の文章から見つけ出すのはきっと至難の業でございます。


ですが、今回はこれでも大丈夫でございます。何かを伝えられたわけでもく、お教えできた事もございませんが、私の前後の使用人の日誌は素晴らしいものでございます。

そして今回の私はそれらの箸休めでございますから。

Filed under: 赤井 — 17:19

「感動した!!!」
 それが映画「七人の侍」を見た明石太郎(あかしたろう)の率直な感想であった。
「頭でっかちの気取った評論家が見る映画かと思っていたが考えを改めなければいけないな」

 七人の侍といえば言わずと知れた映画界の巨匠「黒澤 明」氏の代表作であり、「志村 喬」や「三船 敏郎」といったそうそうたる俳優陣を擁した大作時代劇で、日本史上最高の映画との呼び声も高い一作である。そんな作品に明石太郎が影響されるのは自然の流れであり、侍になりたいと言い出すのはそう時間がかからなかった。

「男に生まれると『侍に憧れたりする感情が訪れる』という事を聞いたことがあるが、とうとう私、、、、いや拙者にもその時期が来ようとは!」
 勿論、明石太郎の言う「その時期」というのは健全な男性であれば14才頃に来るどころか、卒業しなければいけない感情であり、お酒が飲める年齢で来てはいけない代物という事を、この男は知らなかった。

「やはり侍といえば『髷を結い』『刀を携え』『恰好は着流し』であるが、結ったことも着物も刀も持っていない」
「まぁ着物の代わりは甚平を着るとして、、、髷は結ったことなどないからなぁ」
「取り合えず固めて縛ればなんとかなるだろう」と、おもむろに整髪料を取り出し髪全体をガチガチに固め、前も後ろも横もかき上げたあと、頭のてっぺんで縛った。
「へへっ、中々の出来栄え」
 髷というより玉ねぎにしか見えなかったが明石太郎は満足だったらしい。

「あとは刀だが、そういえばあれがあったな」そういうと、この玉ねぎ侍は押入れの奥から木刀を引っ張り出した。
「修学旅行の思い出がこんなところで役に立つとは、しかしこれで侍の完成だ!」

 全ての装備を整え、見た目も心も侍と化した明石太郎の瞳には一切の曇りはなく、勧善懲悪の志でこの世の悪に立ち向かうのであった。



「不逞の輩を滅ぼすために、いざ参る!!!」






 その後の物語の顛末は、書いていて恥ずかしくなってきたので割愛させていただきますが、日本には軽犯罪法とい
うものがございますので、この後の展開は想像に難くないかと存じます。
 
終わり。

※明石太郎と明石は別人でございます。
Filed under: 明石 — 09:14

大豆大好き富田くん

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

以前から富田の好物は豆腐と申し上げてましたが今回はそれがよくわかる写真が撮れましたのでぜひご覧下さいませ。










お分かり頂けたでしょうか…

お豆腐を食べる時だけ顔が違います。

ええ、噛み締めております。

この世の幸せはまるで豆腐に詰まってるかのようなそんな錯覚さえ覚える事でございます。


お嬢様にとって当家のお菓子がこのような存在であれば私も幸いでございます。
Filed under: 桐島 — 13:14

レモンとレアチーズと私。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。的場でございます。
本日はとっても美味しいケーキをご紹介致します。


日中暖かくなってまいりましたので、
さっぱりお召し上がりいただけるケーキがよろしゅうございますね!
そんなお嬢様に今回はレモンとレアチーズを使ったケーキをお召し上がりいただきましょう。
ベイクドも捨てがとうございますが、ケーキをあっさりさせるにはレアがよろしいかと存じます。


レモンにはビタミンC以外にもこんな栄養素が含まれております。


クエン酸
ポリフェノール
カリウム
リモネン


これらの栄養によって、こんな効果が期待できます。


美白
疲労回復
肝臓のデトックス
血圧やコレステロールの上昇抑制
体内時計のリセット
リフレッシュ効果


レモンとは何て素晴らしい果物なんでしょう!


最後にウェブ上では見られない角度からレモンチーズタルトをお楽しみいただきましょう。






何という照りでございましょうか!
金粉がかかっているのでございますね。
ゴウジャス感に拍車をかけてございますね。
このカラーリングは私の宝石をイメージしてお作りしております。







このぷっくりした形状が伝わりますでしょうか?
大ボリュームにも思えますが、スッとお召し上がりいただける柔らかレアチーズなのでございます。






続きまして断面でございます。
まるで生レモンを輪切りにしたかの様なフォルムでございますね!
断面図までも目でお楽しみいただける一級品なのでございます。


そんな的場シトリン・メートル・ドゥ・バンドゥール・レモン・チーズ・タルトを是非ご覧下さいませ。
ご提供は今月いっぱいかと存じますので、沢山お召し上がり下さいませ。

それでは本日はこれにて。
Filed under: 的場 — 17:43