焼き菓子や紅茶の感想は....

八幡でございます。
先日お屋敷の日誌でご報告させていただいた通りこちらでも日誌を書かせて頂きます。



そして話は変わりますが私のブレンド致しました紅茶のお話でございます。
私のブレンド致しましたフリグでございますが実はこっそり、イチゴとチョコレートのフレーバーの比率を変更させて頂きました。
イチゴの量を増やしましたので以前よりもさらにイチゴ感が強くなっております。是非試しにお召し上がり下さいませ。
お召し上がりになりましたら八幡に感想を聞かせて頂けると嬉しゅうございます。


八幡が泣いて喜びます。



ただし八幡が悲しくなってしまいますのでフリグの感想に限らず良くない感想は全て的場におっしゃっていただけますと幸いでございます。




良い感想は八幡に!!
良くない感想は的場に!!!




是非覚えておいて下さいませ。




このような形で月に2回以上こちらでも日誌を書かせて頂きますのでご覧下さいませ。

Filed under: 八幡 — 19:24

少し遅い新学期。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
瑞沢でございます。

春が過ぎて突然の夏でございますね。
湿度も上がって参りましたが肌寒い日もございますので、体調管理にお気を付け下さいませ。

ギフトショップでは5月25日からDVD執事歌劇団 第11回公演「Bitter Sweet Boys~エリート生徒会と使用人候補生~」のお取扱いが始まります。
普段の歌劇団には無いジャンルの楽曲も多く、歌劇団の舞台で初めて使用人が出てこない作品でございます。
私は高校一年生を演じております。同級生には葵や百合野、そしてなんと椎名もおり、物語の展開からも目が離せません。我々歌劇団のドタバタ学園劇をお楽しみくださいませ。

気温が上がるにつれてチョコチップが溶け出てしまうのでお取扱いが難しくなってまいりました。
苺&ホワイトチョコスコーンとWチョコスコーンのお取扱いの終了が迫っておりますのでお気を付け下さいませ。


お嬢様、ご帰宅をお待ちしております。
Filed under: 瑞沢 — 14:16

まじめ泣き虫でもがんばっちゃう。

先日お屋敷の廊下を羊がウロウロしておりましたので、捕獲してラムにしてやろうと思いましたら中旦那様だったので止めました。
お嬢様、お坊っちゃま。的場でございます。

何やら歌劇団では「ゆるキャラ選手権」なるものが催されている様子でございます。
お嬢様はご投票なさいましたか?

チームギフトショップの私と致しましては、やはり瑞沢のおとちゃとコジーを推薦致します。
む。魔唱士アオイはどこかで会った様な…?
みんな真面目に考えていて楽しゅうございますね。

獲得票がどの様になっていて、水面下でどの様なバトルか繰り広げられているのか気になるところではございますが、はやる心を抑えつつ結果を楽しみに待つ事に致しましょう。
既に投票期間は終了してしまった様でございますが、ご一緒にワクワクしながら投票結果を待つと致しましょう。

ところで、中旦那様はなぜ羊のフォルムなのでしょうか?
まさか執事だから羊、などという事ではないと存じますが…。

では、本日はこれにて。
Filed under: 的場 — 19:27

MAF

最近暑い日も増えてまいりましたね。
ご機嫌いかがでございますか。
的場でございます。

今月のフィナンシェはもうご覧になられましたか?
今回ご紹介させていただきたいのははちみつジンジャーフィナンシェでございます。
はちみつとジンジャーと言えば、何か思い当たる節がございませんか?
ございませんか。左様でございますか。

僭越ながら私がブレンド致しましたメドゥ・アダラクがハニージンジャーなフレーバーなのでございます!
季節の変わり目、不安定な天候による気圧の変化による体調不良に!
スパイシーながらもお体に優しい紅茶でございます。

初夏のアフタヌーンティーとして、はちみつジンジャーの焼き菓子にはちみつジンジャーの紅茶を併せるコーディネートは大変お洒落かと存じます。

メドゥ・アダラク・フィナンシェ。
「MAF」と略すとマレーシアの軍隊みたいで有村が元気になりそうでございますね。
それではハニーでジンジャーなお品物をもってお待ちしております。
Filed under: 的場 — 16:52

よもぎの青と空の青。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
瑞沢でございます。

春の風が暖かくございますね。天気予報を確認さしたところちらほらと雨の日がございましたが、春風が雨雲を吹き飛ばしてくれたようです。青空がとても綺麗でございます。

この季節にご用意させていただいた焼き菓子は幾つかございましたが、改めてよもぎのタルトが仲間入り致しました。
抹茶などの和のテイストの焼き菓子が無くなってしまい、待ち望んでおられたお嬢様もいらっしゃる事かと存じます。

よもぎは太古から美容や健康との結び付きが強い食材でございます。只今ご用意させていただいております、桜のコンフィチュールと合わせてもお楽しみいただけます。
是非お召し上がり下さいませ。
Filed under: 瑞沢 — 20:21

伏見の小旅行記4

お嬢様方、ご機嫌いかがでございますか?
伏見でございます。


関西を中心とした旅行も終わりに近づいた頃、エスカレーターの並ぶ位置を左に直しておりました。

最後に私が向かったのは、京都の伏見稲荷でございます。

JR稲荷から徒歩10秒の場所にあるこの神社には一度訪れてみたかったので、大変良い機会でした。

伏見稲荷と言えば千本鳥居はご存知でしょうか。

本殿の後ろから山頂にかけてたくさんの鳥居が、ところ狭しと並んでいる様は大変興味深くありました。

今回は順路通りに登ったのですが、見かけたお社に白菊さんがありました。
後で麓の茶屋の人に聞いたところ、実は白菊さんが一番偉いそうで、本来は白菊さんが最後になるように巡るそうです。

下山したあとは朝食も兼ねて、スズメをいたのですがこれが以外と美味しく、レバー・ハツ・砂肝・皮を混ぜたような味わいで、骨の食感がアクセントとなり中々の味でした。

最後に静岡にて途中下車し、解禁したばかりのシラスと桜エビを頂いて帰って参りました。


今回私は一人で各地を巡って参りました。お嬢様も馴染んだ街を離れて各地を巡ってみるのはいかがでしょうか。

では、本日はこれにて
Filed under: 伏見 — 20:14

伏見の小旅行記3

お嬢様方、ご機嫌いかがでございますか?
伏見でございます。


無事、京都御苑から脱出し帰って来ることが出来ましたので、お話をさせていただこうと思います。

旅の三日目、私は神戸行ってまいりました。
かつて多くの外国人が過ごしたと言うだけあり、町のあちこちには異国情緒溢れる建物やお洒落なカフェが多くごさいます。

海も目の前に広がっており、街と合わせて見る眺めはなんもと出航したくなる景色でございました。

ちなみにこの日は、海と街が一望できる場所から、ハーブティーを頂きながらこの文を書いておりました。

ロープウェイに揺られ山頂に行くと、華やかなハーブ園がありましたので、せっかくですから頂いた次第なのです。


使用人の身ではありますが、これもお嬢様方に良いものをお伝えするため。
今の時はお目こぼしいただいて、優雅なこの一時を楽しませていただきました。

では、今回はこれにて
Filed under: 伏見 — 20:04

伏見の小旅行記2

お嬢様方、ご機嫌いかがでございますか?
伏見でございます。


本日も私の小旅行について、少しお話をさせていただこうと思います。


本日は名古屋にて朝食をいただいたのですが、何とコーヒーを注文しただけでパンと卵がついてきたのです。噂には聞いておりましたが、実際体験するとちょっとした驚きでした。

今は京都にて金閣寺を見た後に迷い混んだ、京都御苑からの脱出を図っているところでございます。

金閣寺にて抹茶を頂きまったりとしていたら、ついつい梅と桃に誘われてしまいました。

桜はまだ咲いてはおりませんでしたが、たまには梅や桃で花見と言うのも良いものです。

なんと言うかとっても雅な雰囲気です。


さて、次回は無事御苑から脱出出来たら書かせていただこうと思います。

では、本日はこれにて
Filed under: 伏見 — 20:24

伏見の小旅行記1

お嬢様方、ご機嫌いかがでございますか?
伏見でございます。


本日から私の小旅行について、少しお話をさせていただきたいと思います。


本日はひとまず熱海と名古屋を目指しているところでごさいまして、現在は根府川に来ているのですが、山と海に囲まれた長閑ないい町でございます。

今はまだ桜には早いですが、なかなかの景観になることでしょう。

都会の喧騒を忘れ、のんびり過ごされるにはぴったりな場所かと存じますので、よろしければ一度訪れてみてはいかがでしょうか。


では、本日はこれにて
Filed under: 伏見 — 12:47

Hasta la vista

お嬢様方、ご機嫌いかがでございますか?
伏見でございます。










どことなく暖かい気もする今日この頃。私はそろそろ部屋の外へ出ようか悩んでおりますが、お嬢様がたはいかがでございますか?


さて、本日は久しぶりに、とある映画を見ましたのでそのお話でもいたしましょう。

主な内容としては、ルルがRequiem forな感じの映画だったのですが、最後の方では歌劇団の公演に負けず劣らず、大変感動的なシーンの多い映画でございました。

私のお気に入りのシーンは、某システム会社にてあれこれする場面や、最後にサムズアップで沈んでいく場面でございます。
どちらも大変印象的でございますので、お嬢様方も記憶の片隅に残っておられるかもしれません。

そこそこ古い映画ではございますが、大変良い映画でございます。もしよろしければ、お嬢様方も今一度ご覧になられるのもよろしいのではないかと存じます。



では、本日はこれにて





















































そう言えば私、この度お屋敷を旅立つことになりました。


前からずっと気になっていた、世界の何処かにあると言う、黄金のリンゴを探しに行って参ります。

風の噂では北欧やギリシャの神々が持っているそうですが、実際のところは詳しくは存じておりません。
とりあえずは、日本を隅々まで探すところから始めようかと思っております。

気づけば瑞沢も素晴らしい使用人になり、的場さんもギフトショップに居着いてくれる様で、さらには八幡君も最近では手伝ってくれています。
これなら、安心して黄金のリンゴ探しに行けると言うものです。


もし見つけましたら、お味の感想をお伝えに参りますので、それまで暫しのお別れでございますが、気になさる必要はございません。

地球が滅ぶ前には何とかなると良いと存じますので、前向きに善処いたしましょう。


さてさて、長くなりましたが、本日前半は映画のお話がメインでした。
ですので、最後は映画のセリフから引用したり足したりで、終わるとしましょう。



Hasta la vista lady…
And take care of yourself
Filed under: 伏見 — 15:28