的材適場

いかがお過ごしてございますか、桐島でございます。

月日はあっという間に立ち、私がギフトショップのお手伝いをするようになってもう1年が経とうとしております。


様々なお菓子たちとの出会いと別れ…本当に沢山の新しいお菓子たちがございましたね。


去年あったお菓子で1番印象深かったのは「スティックパイ」でございました。

甘くないお菓子はチーズスコーンやペンギンクッキーなどございましたが、それらとの大きな違いは味に余裕があるのです。

サクサクのパイ生地にシンプルに塩と胡椒を効かせたこのお菓子。そのままでもお酒のおつまみとして美味しゅうございますし、コンフィチュールやソースなどの「何か」に付けても大変美味でございます。

そしてそれ自体をチョコフォンデュやバーニャカウダ、カレーなどお料理に組み込めてしまう…プレーンスコーンより万能お菓子なのです。


そう言ったことを可能にしてるのはシンプルながらにも絶妙に設定した味付けと味の余裕からくるものでございます。

考案者の的場も味付けにはかなりこだわったと申しておりまして、その成果が出てるかと存じます。


どんな場所でも、どんな人ともあっという間に打ち解けてしまう。まさに的場のようなお菓子でございますね。


残念ながら今はご用意がありませぬがいつかはまた復活して欲しいものでございます。


また今年も様々な新しいお菓子との出会いが待っております。美味しい出会いが今年もあれば幸いでございます。
Filed under: 桐島 — 12:06

めげない諦めない。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
瑞沢でございます。

日差しに春の香りが色濃くなってまいりました。
風はまだ冷たく、夜は冷えますのでお召し物に気をつけなくてはいけませんね。

私は日に焼け易く、今からしっかり日焼け止めを塗っております。

先日、伊織が「傷付くかもしれないけど瑞沢くん。もう日焼けしてませんか?」

と言いながら伊織はニコニコしておりました。

手遅れだったのでしょうか。めげずにこれからも小まめにお手入れをしようかと存じます。

ああお嬢様、私先が思いやられます。

夏が怖いです。
Filed under: 瑞沢 — 15:02

花見日和。

花散らしの雨が降りました。
まだまだ寒い日がある中如何お過ごしでしょうか。

お嬢様は今年はお花見をされましたか?
先日お休みをいただいた私は花見に赴きました。
とは言え腰を下ろしてしまうとすぐに団子を食べ始めてしまうので、歩きながらふくろうの町の桜街道をゆきます。

ぽつりぽつりと葉桜になってはおりますが、まだまだ見頃でございます。

おや、あちらに写真を撮っている方がいらっしゃいますね。
こちらではスーツ姿の男性が足を止め、桜を見上げながらベンチに腰を下ろしました。

桜が咲いていなければ、ここに留まる事はなかったかもしれません。
今しかないという儚さがそうさせるのかもしれませんね。
日本人らしい事かと存じます。

社会勉強や学業でお忙しい、というお話をよくお伺い致します。
たまにはお時間を作っていただいて、ゆっくりお花見は如何ですか?
今しかない桜ぼうろを片手に。

では、本日はこれにて。


                                    的場
Filed under: 的場 — 12:08