洋梨といえばラ・フランス

ご機嫌麗しゅうございます。
花染でございます。

早いものでもう9月、
気がつけば独り立ちしてから約2ヶ月が経ちました。

個人的には、T2シャーベットが最も苦戦しているように思います。

ワインの抜栓もいい勝負ではございますが、
やはりシャーベットの固さや盛り付けなど、細かく見ていくとT2シャーベットに1番苦戦しているかな、と。

そんなT2シャーベットでございますが、9月はカフェモカクッキーと洋梨でございますね。

カフェモカクッキーは言わずもがなでございますが、個人的には洋梨が気になります。

洋梨といえば、”ラ・フランス”という品種。

フランスで発見されたものの、ラ・フランスというのは日本独自の呼び方で、
フランスではこの品種を発見した方の名前をそのまま借りて、
“クロード・ブランシェ (Claude Blanchet)”と呼ぶそうでございます。

更にはこのラ・フランス、現在栽培している国は日本だけで、その約8割は山形県産とのこと。

このことを知った当時、ラ・フランスはてっきりフランスを代表する果物なのかと思っていたので、とても驚いたのを今でも記憶しております。

まあ、洋梨の話はこれくらいに致しましょう。
あまり長くなっても何ですからね。

それでは、お嬢様、お坊ちゃまに最高のT2シャーベットをお届けできるよう精進しながら、おかえりをお待ちしております。