日誌

ご機嫌麗しゅうございます。
西槙でございます。

今月よりティーサロンの場を借りて再びその門を開きましたbar 『BLUE
MOON』でございますが、お酒好きの使用人ということで私も大旦那様からバーテンダーとしてのお給仕を賜っております。

まだまだ知識も経験も浅く、至らぬ点ばかりかとは存じますが、誠心誠意を尽くして私にできる最高の一杯をお作りしようと日々努めております故、カクテルの腕前の上達なども含めてゆっくりとお楽しみいただければ幸いでございます。

さて、折角barの話をさせていただいておりますので、合わせて少しばかり私のオススメのカクテルのお話もさせていただければと存じます。

私、普段はウィスキーを飲むことが多く、カクテルに関してもウィスキーベースのものが好きでございまして、中でもマンハッタンが特にお気に入りでございます。

バーボンとスイートベルモットが絶妙にマッチした独特の風味が、ゆっくりと舌から喉へと流れていくあの感覚が大変に好みでございまして、外の世界のbarでもよく嗜んでおります。

また、お作りするにあたっても、ミキシンググラスの氷を良き状態に仕上げ、丁寧に丁寧にお酒と対話するようにステアして作り上げていくというその工程になんとも作りがいを感じられるカクテルでございます。

いやはや、こうして日誌に書いているだけで早速飲みたくなってまいりまして、少しばかり嗜んで、あ、いえ、カクテル作りの練習をしてこようかと存じます。