日誌

ご機嫌麗しゅうございます。

お嬢様、お坊ちゃま。

及川でございます。

以前、世の中が落ち着いていたころ、休日に出かけておりました時のお話でございます。

その道中、少し迷って着いた所は何とも雅な古民家でございました。

そこで抹茶が飲めると知り、抹茶とチョコレートケーキのセットを頼んで一口飲んでみると、とても美味しかったのを今でも覚えております。

また、中から見る庭園がより和を感じさせてくれるものでした。

その日は素晴らしい1日を過ごす事ができましたので、世の中が落ち着きましたらまた行ってみようと存じます。