Peter Pan Syndrome

すごく長い時間を暗闇で過ごした気がする。




気がつくと僕の周りは、お花がたくさんで、
いい匂いのものも、苦い香りのものもある。

虫や鳥が僕の周りを飛び、動物たちは道案内をしてくれる。


足を止めると秘密基地のような洞穴が。
どうやらここがみんなのお家みたいだ。

みんな僕にこの国のことを教えてくれた。
僕の知らない新しい世界。

美しく明るく毎日が冒険の世界。
時には危ない事もあるけれど、
それが日々の刺激になる。

ある日、妖精に出会った。
その子が言うには、空を飛ぶ魔法を僕にもかけてくれるらしい。

不思議な粉をひとふり。足元ふわり。
ぎこちない動きもだんだんと慣れてきた。
調子に乗って高くまで行くとちょっと怖い。



深い色の空に浮かぶ月を見て、ふと思う。

『私は今、どこでなにをしているのか?』

僕は気づいてしまった。

これは夢なのだと。




途端、真っ逆さまに海へ堕ちる。
空には月とあの子の軌跡が残っていた。




出来ることなら、
この夢の時間が醒めることの無いように。そう願ってしまった。

私はなんと不出来な使用人なのか。




人とは成長を重ねる度に肩書きや役職を得る。
反面、将来の像が『なりたいもの』から『なれるもの』へと
幅が狭まっていく。



私には今、素敵な場と素敵な仲間と素敵なお嬢様方がそばにございます。

でも、まだ僕は、空を飛ぶ夢を見たいと、
そう願う時があるのです。



お嬢様にも、同様の経験はございませんか?



(エクストラティー『Tink』、お楽しみいただきありがとうございました!)

羽瀬

Filed under: 羽瀬 — 22:00