春は…

ご機嫌麗しゅうございます。
お嬢様、お坊ちゃま。
名取でございます。


春はどこへ行ったのでございましょう?
日が昇れば暖かくはあったものの風は相変わらず冷たく、日が沈めばもちろん寒い。
年々このような状況になってきているのは理解しておりますが…やはり寂しいものでございます。
お昼寝するのなら窓は少し開けておくのかそれともいっそ開けないのかでないとお昼寝する事はできませんでしたね。
毎年のささやかな楽しみというものでございましたので、出来ないとなるとやはり悲しいものがございます。

様々な場面で我慢を強いられる世情ではございますが、今だからできる事もあるかと思います。
私ももちろんお昼寝をするだけではございません。
私自身になにかできることはないだろうかと考え続けております。
そしてそれは私だけでなく、使用人皆がそう考えそして、お嬢様、お坊ちゃまが楽しみにしてくださっているからこそできる事なのだろうと近頃よく考えております。

長くなってまいりましたので今回はこの辺りで。
Filed under: 名取 — 22:00