ご機嫌麗しゅうございます。
雛森でございます。

先月頃から、高重量、高負荷での鍛錬が可能になり、天にも昇るような幸せな気持ちと、その悦びの種となっている筋肉痛に、日々酔いしれておりますが、ここで改めて、筋肉がつくられるメカニズムについて、簡単にご案内いたしましょう。

そもそも、筋力増強とは、破壊と再生によってなされております。

鍛錬によって筋繊維を断裂させ、ダメージを負った筋肉は、修復される際に以前より太く強くなる性質がございます。

この筋繊維の断裂こそが、いわゆる筋肉痛。
つまり、筋肉痛は、筋肉が強くなる予兆なのです。
だからこそ私は、筋肉痛を感じた際に、つい笑みをこぼしてしまうのでございます。

ですが、先に綴りましたように、大切なのは修復、
そして、どんなものでも、修復には適した材料と修復するための時間が充分にあることが絶対条件でございます。
材料とは、食糧、修復のための時間、これはすなわち休息でございます。

鍛錬によって筋肉を破壊し、食事によって充分な材料を補給して、睡眠や鍛錬をお休みすることによってしっかりと休息を設けて、修復させる。
このような破壊と再生の一連の流れによって、筋肉達は強く大きく育ってゆくのでございます。

スポーツや芸のように、訓練によって技術を磨く事とは違い、肉体増強は、今は無いものを作り出すということ。
根性や知識ももちろん大切ではございますが、食事と休息というのは実は鍛錬以上に重要なのでございます。

ではそんなことを長々語っている私はいったいどんな食事をしているのか。
それはまた改めて、お伝えいたしましょう。。。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、
お身体には充分にお気をつけくださいませ。

Filed under: 雛森 — 22:00