火龍果

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
赤井でございます。

突然ですが、私が思うに三月というのは些か寂しい月でございます。
勿論、桜が咲き春の到来を告げる華々しい月でもございますが…

どうしても“新年度”や“新学期”“新社会人”などの新しい出来事の影に隠れてしまいますが、私の中で三月は“別れ”というのが印象的な月でございます。

ええ、当然それが悪いのだとかましてや三月が嫌いという訳ではございません。ただ、ここ最近の世間はあまり良い知らせを聞かないので少し辛気臭さが移ってしまったのかもしれません


いけませんね、やはり一人でいるとどうしても余計なことを深く考えてしまいます。
私にはギフトショップにてお嬢様へ美味しい焼き菓子をご案内する時が一番の幸せでございます。

お嬢様のお帰りを心よりお待ちしております。
Filed under: 赤井 — 12:20